Access プロジェクトを作成する

Access プロジェクトは、OLE DB コンポーネント アーキテクチャを通じて Microsoft SQL Server データベースに直接的に効率よく接続できる Access ファイル (.adp) です。Access プロジェクトは、リモートの SQL Server データベース、ローカルの SQL Server データベース、または SQL Server Desktop Engine のローカル インストールに接続できます。

Microsoft Office Access 2007 を使用すると、新しい Access プロジェクト (.adp) ファイルを作成できるほか、以前のバージョンの Access で作成した既存の Access プロジェクトを操作することもできます。ここでは、Access プロジェクトの概要、Office Access 2007 で Access プロジェクトを操作する方法、および Access 2007 で新しい Access プロジェクトを作成する方法や既存の SQL Server データベースに Access プロジェクトを接続する方法について説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

Access プロジェクトについて

Office Access 2007 で Access プロジェクトを操作する方法について

Access プロジェクトを作成する

既存の Access プロジェクトを別の SQL Server データベースに接続する

Access プロジェクトについて

Access プロジェクトを作成すると、SQL Server のテーブルやビューにリンクする場合に比べていくつかの利点が得られます。たとえば、Access プロジェクトでは、テーブルやビュー (オブジェクト)などの SQL Server オブジェクトのデザインを変更したり、データベース ダイアグラム、ストアド プロシージャ、ユーザー定義の関数など、SQL Server のその他の機能を作成、編集、および使用したりできます。これに対し、SQL Server データベースにリンクする場合は、SQL Server オブジェクトのデザインを変更することはできず、単に SQL Server のテーブルおよびビューにリンクを設定できるだけです。

SQL Server データをインポートする方法や SQL Server データにリンクする方法の詳細については、[参照] セクションのリンクをクリックしてください。

Access データベースと異なり、Access プロジェクトにはデータやデータ定義ベースのオブジェクトは格納されません。これらのデータベース オブジェクトは SQL Server データベースに格納されます。

Access プロジェクトの操作方法は、Access データベースの操作方法とよく似ています。フォーム、レポート、データ アクセス ページ、マクロ、およびモジュールを作成する処理は、Access データベースを作成するときの処理とほぼ同じです。

SQL Server データベースに接続してからは、Access のツールであるテーブル デザイナやクエリ ビルダ、SQL テキスト エディタを使用して、テーブル、ビュー、ストアド プロシージャ、ユーザー定義関数、およびデータベース ダイアグラムの表示、作成、変更、削除を行うことができます。Access プロジェクトでこれらのデータベース オブジェクトを操作するときに使用するユーザー インターフェイスは、Access データベースで対応するデータベース オブジェクトを操作するときに使用するユーザー インターフェイスとは異なりますが、Access プロジェクトでも Access データベースと同じように使いやすいユーザー インターフェイスが採用されています。また、Access プロジェクトには、フォーム ウィザード、レポート ウィザード、定型入力ウィザードなど、Access データベースと同じウィザードが多数用意されています。これらのウィザードを使用すると、プロトタイプや簡単なアプリケーションをすばやく作成できるだけでなく、高度なアプリケーションも簡単に作成できます。

ページの先頭へ

Office Access 2007 で Access プロジェクトを操作する方法について

Access 2007 で Access プロジェクトを作成する手順は、以前のバージョンの Access のように明確に区別されているわけではありません。しかし、以前と同じように新しい Access プロジェクトを作成でき、既存の Access プロジェクトも Access 2007 で引き続き使用できます。Access 2007 のプロジェクトと以前のバージョンの Access で作成したプロジェクトの間に、ファイル形式上の違いはありません。

Access プロジェクトを操作するときは、ナビゲーション ウィンドウのカスタマイズ ツール、機能強化されたフォームおよびレポートのデザイン ツール、埋め込みマクロなど、Access 2007 の多くの新機能を利用できます。ただし、添付ファイル、複数値を持つフィールド、Microsoft Office Outlook 2007 や Windows SharePoint Services 3.0 などの他のアプリケーションとの統合といった、Access 2007 の一部の新機能は Access プロジェクトでは利用できません。

ページの先頭へ

Access プロジェクトを作成する

  1. Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[新規作成] をクリックします。

    または、[Microsoft Office Access - 作業の開始] ページで、[空のデータベースを新規作成] の [空のデータベース] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    既定のファイルの場所に Access プロジェクトを作成する    

    • [空のデータベース] の [ファイル名] ボックスに、ファイル名拡張子 .adp を使用してプロジェクトの名前を入力します。

      または

      別のファイルの場所に Access プロジェクトを作成する    

    • [空のデータベース] の ボタンの画像 (参照) をクリックして、データベースの保存場所を指定します。

    • [新しいデータベース] ダイアログ ボックスで、プロジェクトを保存する場所に移動するか、既定の場所をそのまま使用します。

    • [ファイル名] ボックスにプロジェクトのファイル名を入力します。

    • [ファイルの種類] ボックスの一覧の [Microsoft Office Access プロジェクト (*.adp)] をクリックし、[OK] をクリックします。

  3. [新しいプロジェクト] の [作成] をクリックします。

    次のメッセージが表示されます。

    既存の SQL Server データベースに接続しますか?

    既存の SQL Server データベースに接続する場合は、[はい] をクリックして手順 4. を続行します。接続しない場合は、[いいえ] をクリックし、手順 5. に進んで新しい SQL Server データベースを作成します。

  4. 既存の SQL Server データベースに接続する    

    1. [データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスに、次の必須情報を入力します。

      • サーバー名

      • サーバーへのログオンに必要な情報

      • データベース名

        [データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックス

    2. [接続のテスト] をクリックし、設定が正しいこと、および正常に接続できることを確認します。

      正常に接続できない場合は、問題を説明するメッセージが [Microsoft データ リンク エラー] ダイアログ ボックスに表示されます。[OK] をクリックしてメッセージを閉じ、[データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスの設定を確認して、もう一度 [接続のテスト] をクリックします。場合によっては、SQL Server データベースの管理者に連絡して接続先のデータベースを調べ、設定が正しいことやコンピュータが使用可能であることを確認する作業が必要になります。

    3. [Microsoft データ リンク] ダイアログ ボックスに "接続のテストに成功しました" というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。もう一度 [OK] をクリックして、[データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

      Access プロジェクトが SQL Server データベースに接続されます。

  5. 新しい SQL Server データベースを作成する    

      1. Microsoft SQL Server データベース ウィザードの最初のページで、次の情報を入力します。

        • このデータベースで使用する SQL Server コンピュータ

        • ログオン情報

        • SQL Server データベースの名前

          Microsoft SQL Server データベース ウィザード

          注: ここで接続の手順を省略するには、[キャンセル] をクリックします。この場合、Access プロジェクトは作成されますが、SQL Server データベースには接続されません。Access プロジェクトでなんらかの操作を行う前には、次のセクションの手順に従って、Access プロジェクトを SQL Server データベースに接続する必要があります。

      2. [次へ] をクリックして続行します。

        Access は、指定された SQL Server コンピュータへの接続を試みます。SQL Server コンピュータに接続できない場合は、問題を説明するエラー メッセージが表示されます。原因として、SQL Server コンピュータの名前またはログオン情報が正しくないか、指定した SQL Server コンピュータにデータベースを作成するためのアクセス許可を持っていない可能性があります。場合によっては、SQL Server データベースの管理者に連絡し、作成しようとしているデータベースについて、設定が正しいことやコンピュータが使用可能であることを確認する作業が必要になります。

      3. SQL Server コンピュータに正常に接続されると、"これで、SQL Server データベースを作成するための設定は完了しました。" というメッセージが表示されます。[完了] をクリックして続行します。

        SQL Server データベースが作成され、Access プロジェクトに接続されます。

ページの先頭へ

既存の Access プロジェクトを別の SQL Server データベースに接続する

SQL Server データベースに接続されていない既存の Access プロジェクトがある場合や、プロジェクトの接続先の SQL Server コンピュータまたはデータベースを変更する場合は、次の手順を実行します。

  1. Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、Access プロジェクトを選択して開きます。

    [Microsoft Office Access のセキュリティに関する通知] ダイアログ ボックスが表示されることがあります。データベースのソースを信頼する場合は、[開く] をクリックして続行します。

  3. Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[サーバー] をポイントして、[接続] をクリックします。

    [データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックス

  4. ダイアログ ボックスに、次の必須情報を入力します。

    • サーバー名

    • サーバーへのログオンに必要な情報

    • データベース名

  5. [接続のテスト] をクリックし、設定が正しいこと、および正常に接続できることを確認します。正常に接続できない場合は、問題を説明するエラー メッセージが表示されます。[OK] をクリックしてメッセージを閉じ、[データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスの設定を確認して、もう一度 [接続のテスト] をクリックします。場合によっては、SQL Server データベースの管理者に連絡して接続先のデータベースを調べ、設定が正しいことやコンピュータが使用可能であることを確認する作業が必要になります。

  6. [Microsoft データ リンク] ダイアログ ボックスに "接続のテストに成功しました" というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。もう一度 [OK] をクリックして、[データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

指定した SQL Server データベースに Access プロジェクトが接続されます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×