Access データベース内でレコードを検索する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Access デスクトップ データベースの規模が大きくなったら、レコードを検索するは、複数のデータシートを簡単に把握できます。この記事では、レコードを検索するいくつかの方法について説明します。

注: この記事は Access Web アプリ (Access で設計してオンラインで公開するデータベースの一種) には適用されません。詳細については、「Access アプリを作成する」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

すべてのレコードを参照します。

特定のレコードに移動します。

レコードの検索

特定のレコードを表示するフィルター

すべてのレコードを参照します。

テーブルまたはフォームの下部にあるレコード移動ボタンを使用してデータシート ビューからレコードを参照できます。

移動ボタン

1. 最初のレコードに移動します。

2. 前のレコードに移動します。

3. [現在のレコード] ボックス

4. 次のレコードに移動します。

5。 最後のレコードを移動します。

6. 新しい (空の) レコードを開く

7 フィルター インジケーター

8。 検索ボックス

TAB キーを使ってを一度に 1 つのレコードを移動することもできます。

ページの先頭へ

特定のレコードに移動します。

検索するレコードがわかっている場合は、ドロップダウン リストから特定のレコードを選択するへ移動] ボックスを使用します。移動先] ボックスは、通常、フォームで使用します。

[移動先] ボックス

  • レコードに移動するへ移動] ボックスの右側にある矢印をクリックし、ドロップダウン リストからレコードを選択します。

    注: 移動するレコードの最初の文字がわかっている場合は、移動先] ボックスでそれらの文字を入力できます。

移動先] ボックスには、各レコードを一意に識別するための十分なデータのみが表示されます。リストからレコードを選択するときに、フォームのメイン領域に残りのレコードのデータが表示されます。

ページの先頭へ

レコードの検索

[検索] ボックスに文字列を入力すると、それぞれの文字を入力するたびに、最初に一致する値がリアルタイムで強調表示されます。 この機能を使用して、一致する値を持つレコードをすばやく検索できます。

検索する] オプションを使用してテーブルまたはフォームの特定のレコードを検索することもできます。

Access のリボンの画像

これが「と」または「が含まれている」など、比較演算子の検索語句など、特定の条件を満たすレコードを検索するときに、特定のレコードを検索するための効果的なです。

注: テーブルまたはフォーム データを表示されている場合のみ、[検索し、置換] ダイアログ ボックスを使用できます。フィルターが適用されているために、表示されるレコードがない場合でもです。

  1. テーブルまたはフォームを開き、フィールドを検索する] をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [ 検索] で [検索] をクリックします。

    [検索し、置換] ダイアログ ボックスの [検索] タブが表示されます。

    [検索と置換] ダイアログ ボックス

  3. 検索文字列] ボックスに検索する値を入力します。

  4. 検索を基になるテーブル全体を検索するフィールドを変更するには、検索ボックスの一覧で適切なオプションをクリックします。

    ヒント: 検索条件] ボックスでは、(「と」または「が含まれている」) などの比較演算子を表します。一致の一覧で、検索範囲を広げるには、フィールドの一部分をクリックします。

  5. 検索] リストでは、すべて] を選択し、[次を検索] をクリックします。

  6. 検索対象のアイテムが強調表示されていると、ダイアログ ボックスを閉じるには、[検索し、置換] ダイアログ ボックスでキャンセルを] をクリックします。条件に一致するレコードが強調表示されています。

ページの先頭へ

特定のレコードを表示するフィルター

特定の条件と比較演算子を満たすレコードだけを表示するときにレコード数が制限されていますが表示フィルター処理することができます。たとえばに表示されるレコードをすばやく絞り込むには、フィールドの値が一致しと値が等しい等しくない含む、またはが含まれていない、ショートカット メニューの下部にあるを選択するを右クリックします。オフするため、容易に同じデータのフィルターとフィルター処理なし] のビューを切り替えるには、フィルターを切り替えることができます。検索とは異なりが表示されますが、レコードのうちのどれをフィルターはのみ制限されます。

  1. 選択範囲を基にしたフィルターを適用するには、テーブルまたはフォームを開きます。

  2. 確認するテーブルまたはフォームいないフィルターが適用されて、[ホーム] タブの [並べ替えとフィルター ] で、[詳細設定] をクリックして、そのコマンドが使用可能な場合はすべてのフィルターのクリア] をクリックします。

  3. フィルターの一部として使用して、[データシート ビューで列の内側をクリックしてまたはコントロール (フォーム、レポート、またはレイアウト ビュー) をする値が含まれているレコードに移動します。フィルターを適用する文字だけを選択部分に基づいています。

  4. [ホーム] タブの [並べ替えとフィルター] で [選択] をクリックし、適用するフィルターをクリックします。

  5. 選択範囲に基づいた他のフィールドをフィルター処理するには、手順 3 と 4 を繰り返します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×