Access データベースを開いたときに表示される既定のフォームを設定する

多くの Access データベースでは、データベースを開いたときにいつも同じフォームが自動的に開くようにしておくと便利です。既定のスタートアップ フォームを設定するには、Access のオプションでフォームを指定します。

Access データベースの起動時にアクションを実行する AutoExec マクロを作成することもできます。詳細については、「データベースを開いたときに実行されるマクロを作成する」をご覧ください。

注: この記事で説明する機能は、Access Web アプリには適用されません。

Access のオプションで既定のフォームを指定する

この手順では、データベースが開いていて、表示するフォームが作成済みであることを前提としています。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[ヘルプ] の [オプション] をクリックします。Access 2007 を使っている場合は、Microsoft Office ボタン、[Access のオプション] の順にクリックします。

  2. [カレント データベース] をクリックします。

  3. [アプリケーション オプション] の [フォームの表示] ボックスの一覧で、データベースの起動時に表示するフォームを選択します。

  4. [OK] をクリックし、データベースを閉じてから再度開いて、スタートアップ フォームを表示します。

注:

  • このオプションおよび他の起動オプションを省略するには、Shift キーを押しながらデータベースを起動します。詳細については、「データベースを開いたときに起動オプションを省略する」の記事を参照してください。

  • スタートアップ フォームの OnOpen イベントまたは OnLoad イベントにマクロまたは VBA コードを関連付けることで、データベースが起動するたびに実行される他のアクションを指定することができます。マクロの作成方法の詳細については、「マクロを作成する」をご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×