Access データベースを分割する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

複数のユーザーがネットワークで共有できるよう、データベースの分割を考えます。共有データベースを分割すると、データベースのパフォーマンスが向上し、データベース ファイルが破損する可能性を減らすことができます。

データベースを分割すると、バックエンド データベースを移動したり、異なるバックエンド データベースを使用したりできます。リンク テーブル マネージャーを使用して、使用するバックエンド データベースを変更できます。

注記: 

  • データベースを分割するは、データベースをアーカイブと同じではできません。このトピックでは、データをアーカイブする方法は説明しません。別のデータベースにデータベース ファイルは、ファイル サイズの制限にすぐに拡張するか、データベース ファイルを小さくため、古いレコードを定期的に移動してデータと完全に別の期間に、データをアーカイブします。場合によっては、データベースを分割してデータをアーカイブできます。詳細については、データをアーカイブへのアクセスonline」を参照してください。

  • Web データベースを分割する場合、そのデータベースの Web テーブルはバックエンド データベースには移動されず、結果生じるフロントエンド データベースからアクセスできません。

この記事の内容

概要

始める前に

データベースを分割します。

フロント エンド データベースを配布します。

使用するバックエンド データベースを変更します。

概要

分割されたデータベースは 2 つのファイルに再編成されます。1 つのファイルはバックエンド データベースであり、ここにはデータ テーブルが格納されます。もう 1 つのファイルはフロントエンド データベースであり、ここには他のすべてのデータベース オブジェクト (クエリ、フォーム、レポートなど) が格納されます。データを操作するときには、フロントエンド データベースのローカル コピーを使用します。

データベースを分割するには、データベース分割ツール ウィザードを使用します。データベースを分割したら、フロントエンド データベースをユーザーに配布する必要があります。

注意:  データベースに複数のエンド ユーザーがいる場合にデータを保護するには、発行された Web データベース内のリストへのリンクなど、SharePoint リストへのリンクを含むデータベースのコピーを共有しないことをお勧めします。SharePoint リストの一種であるテーブルにリンクすると、悪意のあるユーザーがリンク先を変更し、リンク テーブルの接続情報が暗号化されていないため、SharePoint サイトのアクセス許可が変更されるおそれがあります。

分割データベースの利点

データベース分割には、次の利点があります。

  • パフォーマンスの向上    データのみがネットワーク経由で送信されるため、データベースのパフォーマンスは通常は大幅に向上します。分割されていない共有データベースで、データだけでなく、データベース オブジェクト自体  (テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、およびモジュール ) がネットワデータ経由で送信されます。

  • 可用性の向上    データのみがネットワークに送信されるため、レコードの編集などのデータベース トランザクションの完了が早くなります。その結果、データ編集の可用性が高まります。

  • 強化されたセキュリティ    NTFS ファイル システムを使用するコンピューターにバックエンド データベースを格納している場合は、NTFS セキュリティ機能を使用してデータを保護できます。ユーザーはリンク テーブルを使用して、バックエンド データベースにアクセスするため、侵入者がフロントエンド データベースに侵入したり、許可を受けたユーザーになりすましたりしてデータに許可なくアクセスできる可能性は低くなっています。既定では、Windows XP、Windows Vista、および Windows Server 2003 では、NTFS ファイル システムを使用します。ファイル システムが不明な場合は、ファイル サーバーを使用して、システム管理者に問い合わせてください。ファイル サーバーの管理者権限を持っている場合は、msinfo32 コマンドを実行して、自分でファイル システムを決定します。

    ファイル システムをチェックするのに msinfo32 を使用する方法

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    2. [実行] ダイアログ ボックスでmsinfo32を入力し、[ OK] をクリックします。

    3. [システムの概要] で [コンポーネント] の横にあるプラス記号 (+) をクリックします。

    4. [コンポーネント] で、[記憶域] の横にあるプラス記号 (+) をクリックして [ドライブ] をクリックします。右側のパネルに、使用できるドライブの情報を示すダイアログ ボックスが表示されます。

  • 信頼性の向上    問題が起きてデータベースが予期せず終了した場合は、通常、データベース ファイルの破損はそのユーザーが開いていたフロントエンド データベースのコピーに限定されます。ユーザーはリンク テーブルを使用してバックエンド データベースのデータにのみアクセスできるため、バックエンド データベース ファイルが破損する可能性は大幅に低くなります。

  • 柔軟な開発環境    ユーザーはフロントエンド データベースのローカル コピーを操作するため、他のユーザーに影響を与えずにクエリ、フォーム、レポート、またはその他のデータベース オブジェクトを個別に開発できます。同様に、バックエンド データベースに保存されているデータの利用を妨げずにフロントエンド データベースの新しいバージョンを開発し、配布できます。

ページの先頭へ

始める前に

データベースを分割する前に、次の点を考慮することをお勧めします。

  • 分割する前に、データベースを必ずバックアップします。データベースを分割し、分割しないほうがよかったと判断した場合は、データベースのバックアップ コピーから元に戻すことができます。

  • データベースの分割は時間がかかる可能性があります。分割中は、データベースを使用しないようユーザーに通知する必要があります。データベース分割中にデータを変更した場合、この変更はバックエンド データベースには反映されません。

    ヒント: ユーザーがデータの分割中にデータを変更する場合、終了後、新しいデータをバックエンド データベースにインポートできます。

  • データベースの分割はデータを共有するための 1 つの方法ですが、データベースを使用しているすべてのユーザーには、バックエンド データベースのファイル形式と互換性のある Microsoft Office Access が必要です。たとえば、バックエンド データベース ファイルが .accdb ファイル形式を使用している場合、Access 2003 を使用して、データにアクセスできません。

  • サポートされない機能を使用している場合は、バックエンド データベースの以前のバージョンの Access ファイル形式を使用することがあります。たとえば、データ アクセス ページ (Dap); を使用している場合バックエンド データベースが Dap をサポートしている、以前のファイル形式である場合は、それらを使用する続行することができます。ユーザーが新しい形式の利点にアクセスできるように、フロント エンド データベースに新しいファイル形式を使用することができます。Access 2010 を使用してデータ アクセス ページ内のデータを変更できないことに注意してください。詳細については、「参照」セクションを参照してください。

ページの先頭へ

データベースを分割する

  1. お使いのコンピューターに、分割するデータベースのコピーを作成します。ネットワーク共有ではなくローカルのハード ディスク ドライブ上のデータベース ファイルを使用します。データベース ファイルが現在ローカルのハード ディスク ドライブから共有されている場合は、ファイルはそのままにしておくことができます。

  2. ローカルのハード ディスク ドライブ上のデータベースのコピーを開きます。

  3. [データベース ツール] タブの [データの移動] で、 Access データベース] をクリックします。データベース分割ツールのウィザードを開始します。

  4. [データベースの分割] をクリックします。

  5. [バック エンド データベースの作成] ダイアログ ックスで、名前、ファイルの種類、バックエンド データベース ファイルの場所を指定します。

    注記: 

    • 提示された名前を使用するようにしてください。元のファイル名が保持され、_be をファイル名拡張子の直前に挿入することで、データベースがバックエンド データベースであることを示します。

    • 一部のユーザーが以前のバージョンの Access を使用してデータにアクセスしない限り、ファイルの種類は変更しないでください。

    • ファイル名の前に、ネットワーク上の場所へのパスを [ファイル名] ボックスに入力します。たとえば、バックエンド データベースのネットワークの場所が \\server1\share1\ でバックエンド データベースが MyDB_be.accdb の場合、[ファイル名] ボックスに \\server1\share1\MyDB_be.accdb と入力できます。

    • 選択した場所は、データベースを使用するすべてのユーザーが使用できなければなりません。ドライブのマッピングは変わる場合があるため、マップされたドライブ文字を使用するのではなく、場所の UNC パスを指定する必要があります。

  6. ウィザードが終了すると、確認メッセージが表示されます。

これでデータベースは分割されました。フロントエンド データベースは、開始時に使用するファイル (元の共有データベースのコピー) で、バックエンド データベースはこの手順の手順 5 指定したネットワークの場所に格納されています。

フロントエンド データベースのデザインの変更を制限する

フロント エンド データベースを配布する変更を制限する、コンパイル済みバイナリ ファイル (.accde ファイル) として保存することを検討してください。Access 2010 では、コンパイル済みバイナリ ファイルは、コンパイル済みすべての Visual Basic のアクセス (VBA) コードに保存されているデータベース アプリケーション ファイルです。Access のコンパイル済みバイナリ ファイルでは VBA ソース コードが残っていません。ユーザーは、.accde ファイル内のオブジェクトのデザインを変更できません。

  1. コンパイル済みバイナリ ファイル (.accde) として保存するフロントエンド データベース ファイル (.accdb) を開きます。

  2. [データベース ツール] タブの [データベース ツール] グループで、 [ACCDE の作成] をクリックします。 ボタンの画像

  3. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスには、ファイルを保存、ファイル名] ボックスに、ファイルの名前を入力し、[保存] をクリックするフォルダーを参照します。

ページの先頭へ

フロントエンド データベースを配布する

データベースを分割した後、データベースの使用を開始することができるよう、フロントエンド データベースをユーザーに配布します。

注意: データベースに複数のエンド ユーザーがいる場合にデータを保護するには、発行された Web データベース内のリストへのリンクなど、SharePoint リストへのリンクを含むデータベースのコピーを共有しないことをお勧めします。SharePoint リストの一種であるテーブルにリンクすると、悪意のあるユーザーがリンク先を変更し、リンク テーブルの接続情報が暗号化されていないため、SharePoint サイトのアクセス許可が変更されるおそれがあります。

次のいずれかを実行します。

  • データベースのユーザーに電子メール メッセージを送信し、フロントエンド データベース ファイルをメッセージに添付します。ユーザーがフロントエンド データベースを簡単かつ迅速に使用できるようにする指示を記載します。

  • フロントエン ドデータベースをすべてのデータベース ユーザーがアクセスできるネットワーク上の場所に保存し、ユーザーにネットワークの場所およびデータベースにアクセスするために必要なその他の指示を記載した電子メール メッセージ送信します。

  • CD-ROM または USB サム ドライブなどのリムーバブル メディアを使用して、フロントエンド データベース ファイル配布します。ファイルを手動でインストールする場合、ファイルが動作するか確認のテストをすることができます。ユーザーがファイルをインストールする必要がある場合、ファイルのインストールに必要な手順と問題が発生した場合の連絡先を説明するドキュメントを含める必要があります。

ページの先頭へ

使用しているバックエンド データベースを変更する

リンク テーブル マネージャーを使用して、バックエンド データベースを移動したり、さまざまなバックエンド データベースを使用したりできます。

バックエンド データベースを移動するには、まずそのコピーを新しい場所に作成し、次の手順に従います。

  1. [データベース ツール] タブの [データベース ツール] グループで、[リンク テーブル マネージャー] をクリックします。

  2. リンク テーブル マネージャーで、現在のバックエンド データベース内のテーブルを選択します。

    ヒント: 他のデータベースにリンクしていない場合は、[すべて選択] をクリックします。

  3. [リンク先を更新するためのプロンプトを毎回表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  4. 新しいバックエンド データベースを参照して、選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×