Access デスクトップ データベースのデータ型

Access デスクトップ データベースのデータ型

Access でテーブルを作成するときは、データの列ごとにデータ型を選択する必要があります。短いテキスト データ型は、ほとんどの文字 (文字、記号、数字) を入力できるため、頻繁に利用されます。ただし、データ型は慎重に選択してください。そうすれば、Access の他の機能も活用し (データ検証や関数など)、精度の高い情報を格納できます。下の表は、Access デスクトップ データベース (.accdb と .mdb) で利用できるデータ型をまとめたものです。Access Web アプリのデータ型については、「Data types for Access web apps」 (Access Web アプリのデータ型) を参照してください。

さまざまなデータ型で利用できるさまざまなフィールド プロパティの包括的リストが必要な場合、「データ型とフィールド プロパティの概要」を参照してください。

次の表は、Access 2016 と Access 2013 のデスクトップ データベースで利用できるデータ型をまとめたものです。

データの種類

用途

サイズ

短いテキスト (旧テキスト型)

文字と数字のデータに使います (名前、肩書きなど)。

最大 255 文字

長いテキスト (旧メモ型)

長い文字と数字のデータに使います (文章や段落)。長いテキストの詳細については、「現在 "長いテキスト" に名前が変更されたメモ データ型」を参照してください。

最大 1 GB (ただし、長いテキストを表示するコントロールは最初の 64,000 文字までに制限される)

数値

数値データ

1、2、4、8、または 16 バイト

大きい数値

数値データ

8 バイト

詳細については、「大きい数値データ型を使用する」を参照してください。

日付/時刻

日付と時刻

8 バイト

通貨

4 桁の小数部の精度で保存される通貨のデータに使います。

8 バイト

オートナンバー

新しいレコードごとに Access で自動的に生成される固有の値に使います。

4 バイト (ReplicationID の場合は 16 バイト)

はい/いいえ

False の場合は 0、True の場合は -1 の数値として保存される二者択一 (True/False) のデータに使います。

1 バイト

OLE オブジェクト型

別の Windows ベースのアプリケーションからの画像やグラフなどの ActiveX オブジェクトに使います。

最大 2 GB

ハイパーリンク

インターネット、イントラネット、ローカル エリア ネットワーク (LAN)、ローカル コンピューター上のドキュメントまたはファイルへのリンク アドレスに使います。

最大 8,192 文字 (ハイパーリンク データ型の各部分に 2048 文字までを含められる)

添付ファイル

画像、文書、スプレッドシート、グラフなどのファイルを添付できます。添付ファイル フィールドに含めることができるレコードあたりの添付ファイルは無制限ですが、データベースのサイズのストレージ上限までとなります。添付ファイル データ型は MDB ファイル形式では利用できません。

最大 2 GB

集計

1 つまたは複数のフィールドのデータを利用して式を作成できます。式からさまざまな結果データ型を指定できます。集計データ型は .mdb ファイル形式では利用できません。

[結果の型] プロパティのデータ型に応じて異なり、短いテキスト データ型の場合は最大 243 文字、長いテキスト型、数値型、Yes/No 型、日付/時刻型の場合はそれぞれのデータ型のサイズと一致

ルックアップ ウィザード

デザイン ビューの [データ型] 列のルックアップ ウィザード エントリは、実際にはデータ型ではありません。 このエントリを選ぶと、ウィザードが起動し、これを使って簡単または複雑なルックアップ フィールドを定義できます。 簡単なルックアップ フィールドでは、各行につき単一の値の内容を検証するための、別のテーブルまは値リストの内容を使います。 複雑なルックアップ フィールドには、各行に同じデータ型の複数の値を格納できます。

ルックアップ フィールドのデータ型に応じる

次の表は、Access 2010 のデスクトップ データベースで利用できるデータ型をまとめたものです。

データの種類

用途

サイズ

テキスト

文字と数字のデータに使います (名前、肩書きなど)。

最大 255 文字

メモ

長い文字と数字のデータに使います (文章や段落)。

最大 1 GB (ただし、長いテキストを表示するコントロールは最初の 64,000 文字までに制限される)

数値

数値データ

1、2、4、8、または 16 バイト

日付/時刻

日付と時刻

8 バイト

通貨

4 桁の小数部の精度で保存される通貨のデータに使います。

8 バイト

オートナンバー

新しいレコードごとに Access で自動的に生成される固有の値に使います。

4 バイト (ReplicationID の場合は 16 バイト)

はい/いいえ

False の場合は 0、True の場合は -1 の数値として保存される二者択一 (True/False) のデータに使います。

1 バイト

OLE オブジェクト型

別の Windows ベースのアプリケーションからの画像やグラフなどの ActiveX オブジェクトに使います。

最大 2 GB

ハイパーリンク

インターネット、イントラネット、ローカル エリア ネットワーク (LAN)、ローカル コンピューター上のドキュメントまたはファイルへのリンク アドレスに使います。

最大 8,192 文字 (ハイパーリンク データ型の各部分に 2048 文字までを含められる)

添付ファイル

画像、文書、スプレッドシート、グラフなどのファイルを添付できます。添付ファイル フィールドに含めることができるレコードあたりの添付ファイルは無制限ですが、データベースのサイズのストレージ上限までとなります。添付ファイル データ型は MDB ファイル形式では利用できません。

最大 2 GB

集計

1 つまたは複数のフィールドのデータを利用して式を作成できます。式からさまざまな結果データ型を指定できます。集計データ型は .mdb ファイル形式では利用できません。

[結果の型] プロパティのデータ型に応じて異なり、短いテキスト データ型の場合は最大 243 文字、長いテキスト型、数値型、Yes/No 型、日付/時刻型の場合はそれぞれのデータ型のサイズと一致

ルックアップ ウィザード

デザイン ビューの [データ型] 列のルックアップ ウィザード エントリは、実際にはデータ型ではありません。 このエントリを選ぶと、ウィザードが起動し、これを使って簡単または複雑なルックアップ フィールドを定義できます。 簡単なルックアップ フィールドでは、各行につき単一の値の内容を検証するための、別のテーブルまは値リストの内容を使います。 複雑なルックアップ フィールドには、各行に同じデータ型の複数の値を格納できます。

ルックアップ フィールドのデータ型に応じる

次の表は、Access 2007 のデスクトップ データベースで利用できるデータ型をまとめたものです。

データの種類

用途

サイズ

テキスト

文字と数字のデータに使います (名前、肩書きなど)。

最大 255 文字

メモ

長い文字と数字のデータに使います (文章や段落)。

最大 1 GB (ただし、長いテキストを表示するコントロールは最初の 64,000 文字までに制限される)

数値

数値データ

1、2、4、8、または 16 バイト

日付/時刻

日付と時刻

8 バイト

通貨

4 桁の小数部の精度で保存される通貨のデータに使います。

8 バイト

オートナンバー

新しいレコードごとに Access で自動的に生成される固有の値に使います。

4 バイト (ReplicationID の場合は 16 バイト)

はい/いいえ

False の場合は 0、True の場合は -1 の数値として保存される二者択一 (True/False) のデータに使います。

1 バイト

OLE オブジェクト型

別の Windows ベースのアプリケーションからの画像やグラフなどの ActiveX オブジェクトに使います。

最大 2 GB

ハイパーリンク

インターネット、イントラネット、ローカル エリア ネットワーク (LAN)、ローカル コンピューター上のドキュメントまたはファイルへのリンク アドレスに使います。

最大 8,192 文字 (ハイパーリンク データ型の各部分に 2048 文字までを含められる)

添付ファイル

画像、文書、スプレッドシート、グラフなどのファイルを添付できます。添付ファイル フィールドに含めることができるレコードあたりの添付ファイルは無制限ですが、データベースのサイズのストレージ上限までとなります。添付ファイル データ型は MDB ファイル形式では利用できません。

最大 2 GB

ルックアップ ウィザード

デザイン ビューの [データ型] 列のルックアップ ウィザード エントリは、実際にはデータ型ではありません。 このエントリを選ぶと、ウィザードが起動し、これを使って簡単または複雑なルックアップ フィールドを定義できます。 簡単なルックアップ フィールドでは、各行につき単一の値の内容を検証するための、別のテーブルまは値リストの内容を使います。 複雑なルックアップ フィールドには、各行に同じデータ型の複数の値を格納できます。

ルックアップ フィールドのデータ型に応じる

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×