Access デスクトップ データベースに Access Web アプリケーション テーブルをエクスポートする

Access デスクトップ データベースに Access Web アプリケーション テーブルをエクスポートする

この記事では、Access Web アプリケーション テーブルをローカル テーブルとして Access デスクトップ データベースにエクスポートする方法について説明します。このタスクを実行するには、まず Access Web アプリケーション テーブルへの接続情報を開きます。次に ODBC データ ソース名 (DSN) を作成して Access Web アプリケーション テーブルに接続します。さらに Web アプリケーション テーブルのデータを Access デスクトップ データベースのローカル テーブルにインポートします。このタスクを完了するために必要な手順を以下に示します。

Access Web アプリケーションに対する接続を有効にする

  1. Access クライアントで Access Web アプリケーションを開きます。Access クライアントで Access Web アプリケーションを開く方法がわからない場合は、「Access Web アプリケーションを変更する」を参照してください。

  2. 接続グループ内で [ファイル]、[情報]、[管理] の順にクリックします。

  3. Access Web アプリケーションが Office 365 または SharePoint Online にある場合は、[任意の場所] または [この場所] を選択して接続を許可します。

    注: IPv6 ネットワーク上にいる場合、使用できるオプションは [任意の場所] への接続のみとなります。Access Web アプリケーションがオンプレミスのインストールに含まれている場合、これらのオプションは使用できません。

  4. [読み取り/書き込み接続を有効にする] をクリックして、Access Web アプリケーション テーブルへの接続を開きます。

  5. [読み取り/書き込み接続情報を表示する] をクリックして、必要な接続情報をすべて表示します。

  6. サーバー、データベース、ユーザー名、パスワードの値をコピーしてメモ帳または Word に貼り付けるか、情報を後でコピーして貼り付けることができるように [接続情報] ウィンドウを開いたままにしておきます。

ODBC データ ソース名 (DSN) を作成して SQL 上の Access Web アプリケーションに接続する

  1. コンピューターまたはデバイスで ODBC データ ソース管理ツールを開きます。このツールにアクセスする方法は多数あります。混乱を避けるために、作成する DSN のビット数に適した実行可能な場所を以下に示します。

    • Windows 32 ビット (x86) / Office 32 ビット (x86): %windir%\System32\odbcad32.exe

    • Windows 64 ビット (x64) / Office 64 ビット (x64): %windir%\System32\odbcac32.exe

    • Windows 64 ビット (x64) / Office 32 ビット (x86): %windir%\SysWow64\odbcad32.exe

    注: DSN ビット数は Office インストールのビット数に一致する必要があります。%windir% は通常、Windows の既定の場所、または c:\windows を指します。

  2. [ODBC データ ソースの管理者] ダイアログ ボックスの [ユーザー DSN] または [システム DSN] タブで [追加] をクリックします。

  3. [SQL Server Native Client 11.0] ドライバーを選択し、[完了] をクリックします。

  4. [名前] テキスト ボックスで、この新しい DSN に使用する名前を入力します。

  5. [サーバー] テキスト ボックスでは、Access Web アプリケーションの接続情報から収集しておいたサーバー名を入力します。

  6. [次へ] をクリックして続行します。

  7. [ユーザーが入力する SQL Server 用のログイン ID とパスワードを使う] オプションを選択します。

  8. 前に保存した Access Web アプリケーションの接続情報にあるユーザー名とパスワードを、[ログイン ID] と [パスワード] テキスト ボックスに貼り付けます。

  9. [次へ] をクリックして続行します。

  10. [既定のデータベースを以下のものに変更する] チェック ボックスをオンにします。

  11. 前に保存した Access Web アプリケーションの接続情報にあるデータベース名を、[データベース名] テキスト ボックスに貼り付けます。既定ではここには該当するデータベース名がリストされています。[次へ] をクリックして続行します。

    重要: SQL Azure (Office 365 または SharePoint Online) 上のデータベースに接続している場合は、データベース名の下方向矢印をクリックしないでください。利用可能なデータベースの一覧は表示されず、エラーが発生するからです。このフィールドには、特定のデータベース名をコピーして貼り付けることをお勧めします。

  12. ウィザードの最後のページの [完了] をクリックします。

  13. この時点で接続情報をテストする場合は、[ODBC Microsoft SQL Server] ダイアログ ボックスで [データ ソースのテスト] をクリックします。完了したら [OK] をクリックします。

Access デスクトップ データベース内の DSN を使用して Access Web アプリケーション テーブルをインポートする

これで ODBC DSN が作成されましたので、多くのアプリケーションからその接続情報を使用することができます。ここでは、この ODBC DSN を使用して、Access Web アプリケーションから Access デスクトップ データベースにテーブルをインポートする手順を紹介します。その他のアプリケーションについては、ODBC 接続の使用に関するヘルプ ドキュメントを検索する必要があります。

  1. 新しい Access デスクトップ データベースを作成するか、または既存の Access デスクトップ データベースを開きます。

  2. リボンにある [外部データ] をクリックし、[インポート​​とリンク] グループ内の [ODBC データベース] をクリックします。

  3. [外部データの取り込み - ODBC データベース] ダイアログ ボックスで、[現在のデータベースの新しいテーブルにソース データをインポートする] を選択し、[OK] をクリックします。

    ヒント: Access デスクトップ データベースから Access Web アプリケーション テーブルへのリンクを設定するだけの場合は、[外部データの取り込み - ODBC データベース] ダイアログ ボックスで [リンク テーブルを作成してソース データにリンクする] を選択します。

  4. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、[コンピューター データ ソース] タブをクリックします。

  5. 前に作成した ODBC DSN を選択し、[OK] をクリックします。

  6. [SQL Server ログイン] ダイアログ ボックスの [パスワード] テキスト ボックスで、Access Web アプリケーション接続情報からのパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

  7. Access デスクトップ データベースにインポートするすべての Web アプリケーション テーブルを選択します。

    注: Access.<テーブル名> という名前のテーブルには、Access Web アプリケーションからのデータが含まれます。Access.<テーブル名>?Images という名前のテーブルには、Access Web アプリケーションからの画像データが含まれます。

  8. [OK] をクリックして、インポート プロセスを開始します。

  9. Access によるインポート処理が完了したら、[閉じる] をクリックして、インポート用のダイアログ ボックスを閉じます。

  10. これで、Access Web アプリケーション内の各テーブルに対応するローカル テーブルが Access デスクトップ データベース内に用意できました。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×