Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーの使用を開始する

Access 2016 では、Windows に組み込まれているスクリーン リーダーのナレーターや、JAWS (Job Access with Speech) などのサード パーティ製のスクリーン リーダーを使用して、デスクトップ データベースを作成できます。

注: スクリーン リーダーの詳細については、「American Foundation for the Blind:Screen readers」を参照してください。人気の JAWS を含む、スクリーン リーダーの一覧があります。

この記事の内容

Access を起動する

  1. Access 2016 を起動するには、Windows ロゴキーを押します。"検索ボックス、編集" と読み上げられます。

  2. Access 2016」と入力します。“Access 2016、デスクトップ アプリ” と読み上げられます。

  3. Enter キーを押します。アプリが開くとき、

    • ナレーターでは、"デスクトップ ウィンドウ" と読み上げられます。

    • JAWS では、"Backstage ビュー" と読み上げられます。

スクリーン リーダーを使用する

スクリーン リーダーは、視覚に障碍のある方のために UI 要素の音声フィードバックを読み上げるアプリです。他の Microsoft 製品の UI と同様に、Access の UI 要素には、スクリーン リーダーが理解できる名前 (アクセシビリティ対応の名前) が含まれています。

Access でスクリーン リーダーを使う場合、スクリーン リーダーはアクセシビリティ対応の名前を (他の関連情報と共に) 読み上げます。このとき、スクリーン リーダーのフォーカスは Access アプリで使っている UI の各要素に移動します。

たとえば、Access のリボンで [フィールド] タブを選択すると、スクリーン リーダーの焦点がそのタブに移動し、“フィールド タブ” と読み上げられます。[フィールド] タブの [表示] ボタンを選択すると、“表示ボタン” と読み上げられます。

ナレーター

ナレーターをオンまたはオフにするには、Windows ロゴ キーを押しながら Enter キーを押します。ナレーターの詳細については、「ナレーターでテキストを読み上げる」を参照してください。

JAWS

JAWS の詳細については、JAWS スクリーン リーダーに関するドキュメントを参照してください。

一般的な作業

Access でスクリーン リーダーを使ってタスクを実行する方法の詳細については、以下を参照してください。

コンピューターの表示、聞き取り、使用を簡単にする機能の詳細については、「マイクロソフト製品のアクセシビリティ機能」を参照してください。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×