Access クエリで抽出条件として日付を使用する例

Access クエリで抽出条件として日付を使用する例

クエリの作成方法の詳細については、「クエリの概要」を参照してください。

ここでは、単純な日付フィルターから、より複雑な日付範囲計算に至るまで、いくつかの一般的な日付抽出条件の例を示します。複雑な例の中には、Access の日付関数を使用して、日付のさまざまな部分を抽出することにより、必要な結果のみを得る例も含まれています。

抽出条件で現在の日付を使用する例

現在の日付以外の日付または日付範囲で動作する例

Null (空) または Null 以外の日付をフィルター処理するクエリ

抽出条件で現在の日付を使用する例

対象とするアイテムの内容

使用する抽出条件

クエリ結果

今日の日付を含む

Date()

今日の日付のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、日付フィールドが 2012 年 2 月 2 日に設定されているアイテムが表示されます。

昨日の日付を含む

Date()-1

昨日の日付のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2012 年 2 月 1 日のアイテムが表示されます。

明日の日付を含む

Date() + 1

明日の日付のアイテムを返します。今日の日付が 2012 年 2 月 2 日である場合は、2012 年 2 月 3 日のアイテムが表示されます。

今週の日付を含む

DatePart("ww", [SalesDate]) = DatePart("ww", Date()) and Year( [SalesDate]) = Year(Date())

今週の日付のアイテムを返します。Access では、週は日曜日に始まり土曜日に終わります。

先週の日付を含む

Year([SalesDate])* 53 + DatePart("ww", [SalesDate]) = Year(Date())* 53 + DatePart("ww", Date()) - 1

先週の日付のアイテムを返します。Access では、週は日曜日に始まり土曜日に終わります。

来週の日付を含む

Year([SalesDate])* 53+DatePart("ww", [SalesDate]) = Year(Date())* 53+DatePart("ww", Date()) + 1

来週の日付のアイテムを返します。Access では、週は日曜日に始まり土曜日に終わります。

過去 7 日間の日付を含む

Between Date() and Date()-6

直前の 7 日間の日付のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2012 年 1 月 24 日~ 2012 年 2 月 2 日の期間のアイテムが表示されます。

今月の日付を含む

Year([SalesDate]) = Year(Now()) And Month([SalesDate]) = Month(Now())

今月の日付のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2012 年 2 月のアイテムが表示されます。

先月の日付を含む

Year([SalesDate])* 12 + DatePart("m", [SalesDate]) = Year(Date())* 12 + DatePart("m", Date()) - 1

先月の日付のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2012 年 1 月のアイテムが表示されます。

来月の日付を含む

Year([SalesDate])* 12 + DatePart("m", [SalesDate]) = Year(Date())* 12 + DatePart("m", Date()) + 1

来月の日付のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2012 年 3 月のアイテムが表示されます。

直前の 30 日間または 31 日間の日付を含む

Between Date( ) And DateAdd("M", -1, Date( ))

1 か月間のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2012 年 1 月 2 日~ 2012 年 2 月 2 日の期間のアイテムが表示されます。

現在の四半期内の日付を含む

Year([SalesDate]) = Year(Now()) And DatePart("q", [SalesDate]) = DatePart("q", Now())

現在の四半期のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2012 年の第 1 四半期のアイテムが表示されます。

前の四半期内の日付を含む

Year([SalesDate])*4+DatePart("q",[SalesDate]) = Year(Date())*4+DatePart("q",Date())- 1

前の四半期のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2011 年の第 4 四半期のアイテムが表示されます。

次の四半期内の日付を含む

Year([SalesDate])*4+DatePart("q",[SalesDate]) = Year(Date())*4+DatePart("q",Date())+1

次の四半期のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2012 年の第 2 四半期のアイテムが表示されます。

今年の日付を含む

Year([SalesDate]) = Year(Date())

今年のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2012 年のアイテムが表示されます。

昨年の日付を含む

Year([SalesDate]) = Year(Date()) - 1

昨年のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2011 年のアイテムが表示されます。

来年の日付を含む

Year([SalesDate]) = Year(Date()) + 1

来年の日付のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2013 年のアイテムが表示されます。

1 月 1 日~今日までの日付 (今年のアイテム) を含む

Year([SalesDate]) = Year(Date()) and Month([SalesDate]) <= Month(Date()) and Day([SalesDate]) <= Day (Date())

今年の 1 月 1 日から今日までの日付のアイテムを返します。今日の日付が 2012/2/2 である場合は、2012 年 1 月 1 日~ 2012 年 2 月 2 日の期間のアイテムが表示されます。

過去の日付を含む

< Date()

今日より前の日付のアイテムを返します。

未来の日付を含む

> Date()

今日より後の日付のアイテムを返します。

現在の日付以外の日付または日付範囲で動作する例

対象とするアイテムの内容

使用する抽出条件

クエリ結果

日付 (2/2/2012 など) に完全一致する

#2/2/2012#

2012 年 2 月 2 日のアイテムのみを返します。

日付 (2/2/2012 など) に一致しない

Not #2/2/2012#

2012 年 2 月 2 日以外の日のアイテムを返します。

指定日付 (2/2/2012 など) より前の値を含む

< #2/2/2012#

2012 年 2 月 2 日より前の日付のアイテムを返します。

2012 年 2 月 2 日以前の日付のアイテムを表示するには、< 演算子ではなく <= 演算子を使用します。

指定日付 (2/2/2012 など) より後の値を含む

> #2/2/2012#

2012 年 2 月 2 日より後の日付のアイテムを返します。

2012 年 2 月 2 日以降の日付のアイテムを表示するには、> 演算子ではなく >= 演算子を使用します。

日付範囲内 (2 つの日付の間) の値を含む

>#2/2/2012# and <#2/4/2012#

2012 年 2 月 2 日と 2012 年 2 月 4 日の間の日付のアイテムを返します。

注: Between 演算子を使用して、終了点を含む値の範囲を抽出することもできます。たとえば、Between #2/2/2012# and #2/4/2012# は、>=#2/2/2012# and <=#2/4/2012# と同じです。

範囲外の日付を含む

<#2/2/2012# or >#2/4/2012#

2012 年 2 月 2 日より前または 2012 年 2 月 4 日より後のアイテムを返します。

2 つの日付のうちのどちらか一方 (2/2/2012 または 2/3/2012 など) を含む

#2/2/2012# or #2/3/2012#

2012 年 2 月 2 日または 2012 年 2 月 3 日のアイテムを返します。

多数の日付のうち 1 つまたは複数を含む

In (#2/1/2012#, #3/1/2012#, #4/1/2012#)

2012 年 2 月 1 日、2012 年 3 月 1 日、または 2012 年 4 月 1 日のアイテムを返します。

指定月内 (年に関係なく、12 月など) の日付を含む

DatePart("m", [SalesDate]) = 12

任意の年の 12 月の日付のアイテムを返します。

指定四半期内 (年に関係なく、第 1 四半期など) の日付を含む

DatePart("q", [SalesDate]) = 1

任意の年の第 1 四半期の日付のアイテムを返します。

null (または空) 値をフィルターで抽出する

Is Null

日付が入力されていないアイテムを返します。

非 null 値をフィルターで抽出する

Is Not Null

日付が入力されているアイテムを返します。

Null (空) または Null 以外の日付をフィルター処理するクエリ

対象とするアイテムの内容

使用する抽出条件

クエリ結果

null (または空) 値をフィルターで抽出する

Is Null

日付が入力されていないアイテムを返します。

非 null 値をフィルターで抽出する

Is Not Null

日付が入力されているアイテムを返します。

日付の抽出条件について、予期した結果が得られないなどの問題がある場合は、「クエリで日付の抽出条件が機能しない」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×