Access アプリで、ユーザー インターフェイス マクロを作成してビューをカスタマイズする

Access Web アプリでユーザー インターフェイス (UI) マクロを使用すると、別のビューを開いたり、フィルターを適用したり、新しいレコードを作成したりするなどのアクションを実行できます。マクロには 2 種類あります。コマンド ボタン、コンボ ボックス、アクション バーのボタン オブジェクトのように、ユーザー インターフェイス オブジェクトに直接埋め込まれる "埋め込み" の UI マクロと、マクロ オブジェクトに含まれる "スタンドアロン" の UI マクロです。

コードの重複を防ぐため、スタンドアロンの UI マクロは他のマクロから呼び出して再利用します。スタンドアロンの UI マクロは、ナビゲーション ウィンドウの [マクロ] にありますが、そこからは直接実行できません。埋め込みの UI マクロからスタンドアロンの UI マクロを実行するには、"マクロの実行" アクションを使用します。

注: この記事は、Access デスクトップ データベースには適用されません。

Access Web アプリで埋め込みの UI マクロを作成する

Access Web アプリの埋め込みの UI マクロはボタンのクリック、コンボ ボックスでのアイテムの選択、ビューの読み込みなどの特定のイベントがビューで発生したときに実行されます。マクロは埋め込まれているビューやコントロールの一部になります。

Access Web アプリのコントロールやビューで UI マクロを埋め込むことができるイベントは、次のとおりです。

イベント タイプ

発生するタイミング

更新後処理

データをコントロールに入力するか、アイテムをリスト コントロールから選んだ後に発生します。

クリック時

コントロールを選んだときに発生します。

レコード移動時

ユーザーがビューの別のレコードに移るときに発生します。

読み込み時

ビューを開いたときに発生します。

また、リスト ビューと空のビューで各コントロールがサポートしているイベントは次のとおりです。

コントロールまたはオブジェクト タイプ

サポートされるイベント

アクション バーのボタン

クリック時

オートコンプリート

更新後処理、クリック時

ボタン

クリック時

チェック ボックス

更新後処理

コンボ ボックス

更新後処理

ハイパーリンク

更新後処理、クリック時

画像

クリック時

ラベル

クリック時

複数行のテキスト ボックス

更新後処理、クリック時

テキスト ボックス

更新後処理、クリック時

ビュー

レコード移動時、読み込み時

注: 

  • Access Web アプリの概要ビューでは、カスタム コントロールを追加する機能をサポートしていません。このため、この種類のビューではユーザー インターフェイス マクロをコントロールに追加することはできません。

  • データシート ビューでは、更新後処理のコントロール イベントをサポートしていません。 リスト ビューと空のビューにあるコントロールの更新後処理のコントロール イベントで、マクロ ロジックを定義できるだけです。

  • Web ブラウザー コントロール、サブビュー コントロール、関連アイテム コントロールでは、どのビューのイベントもサポートしていません。

Access Web アプリで埋め込みの UI マクロを作成する方法は、次のとおりです。

  1. マクロを埋め込むコントロールを選びます。

  2. [アクション] ボタンをクリックします。カスタム アクションの [アクション] ダイアログ ボックスが開きます。

    ビューのコマンド ボタンの [アクション]。

  3. マクロを埋め込むイベントをクリックします。マクロのデザイン ビューに空のマクロが表示され、ここにアクションを追加できます。

Access Web アプリでスタンドアロンの UI マクロを作成する

  1. [ホーム]、[詳細設定]、[マクロ] の順にクリックします。

    マクロのデザイン ビューに空のマクロが表示され、ここにアクションを追加できます。

  2. [保存] をクリックします。[マクロ名] ボックスにマクロ名を入力し、[OK] をクリックします。

Access Web アプリで UI マクロを作成するときのヒント

このヘルプは円滑な処理に役立ちます。

  • マクロのフィールドを参照するには、[TableName].[FieldName] の形式を使います。 たとえば、[Tasks].[Due Date] は "期限" フィールドを参照し、[Tasks].[Status] は "状態" フィールドを参照します。 ビューがクエリに基づいている場合は、保存したクエリ オブジェクトの名前を入力します。 たとえば、ビューのレコード ソースが MyQuery というクエリである場合、クエリの "Due Date" フィールドを参照するには [MyQuery].[Due Date] を使用します。

  • 埋め込みの UI マクロを作成する前に、使おうとしているテーブル、フィールド、コントロールの名前を書き留めてください。作業中は別のタブに切り替えることができなくなるためです。

  • 一部のマクロ アクションの引数では、式をサポートしています。 マクロ アクションの引数で式を使用したい場合は、引数ボックスの先頭に = 記号を入力します。 引数で式をサポートしている場合は、引数ボックスの右側に [式ビルダー] ボタンが表示されます。

  • 保存はこまめに行いましょう。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×