Access によりパラメーター値の入力が求められるのはなぜですか?

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Access オブジェクト (テーブル、クエリ、フォーム、レポートなど) を開いたとき、[パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスが表示されることがあります。Access で解釈できない識別子または 式 が含まれるオブジェクトを開くと、このダイアログ ボックスが表示されます。

場合によっては、これはユーザーが望む動作となります。たとえば、データベースの作成者は、実行されるたびに、開始日付や社員 ID 番号など、情報を入力できるクエリを作成することがあります。このようなプロンプトは次のような外観になります。

予想される [パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスの例を示しています。"Enter Employee ID" というラベルの識別子、値を入力するためのフィールド、[OK] ボタン、[キャンセル] ボタンがあります。

しかしながら、このようなダイアログ ボックスの表示が望まれない場合もあります。たとえば、自分のデータベースのデザインをいくつか変更した場合です。オブジェクトを開くと、ダイアログ ボックスが突然表示され、ユーザーにとってわからないメッセージが表示されます。

予想される [パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスの例を示しています。"SomeIdentifier" という識別子、値を入力するためのフィールド、[OK] ボタン、[キャンセル] ボタンがあります。

この記事では、Access でパラメーター値を要求する理由を調査する手順とその要求を停止する方法について説明します。

注: この記事は、Access web アプリ: アクセス権を持つ設計し、オンラインで Office 365 または SharePoint に発行するデータベースの種類に適用されません。

パラメーター値の要求を停止する

[パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスの表示を停止するには、作業中のオブジェクトに関連付けられている式がないか調べ、ダイアログ ボックスの表示を強制している識別子を見つけます。それから、その識別子を含む式の識別子または構文を修正する必要があります。

式の構文の詳細については、「関連項目」セクションのリンク先を参照してください。

不要な [パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスが表示されたら、そのダイアログ ボックスに一覧表示されている識別子または式を書き留めます。たとえば、次のスクリーンショットでは、"SomeIdentifier" を確認できます。

予想される [パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスの例を示しています。"SomeIdentifier" という識別子ラベルの周りにピンクの線があります。値を入力するためのフィールド、[OK] ボタン、[キャンセル] ボタンがあります。

次に、[キャンセル] を選択し、次の手順のいずれかを実行します。手順は、ダイアログ ボックスが表示されたときに開いたオブジェクトの種類によって決まります。以下の手順では、さまざまな種類のオブジェクトの式を調べるための一般的なガイドラインを提供します。具体的な変更は、データベースの構造に基づきます。

不要なパラメーター プロンプトの原因として頻繁に見られるのがクエリの誤字です。前述のように、実行時にパラメーター値を求めるようにクエリが設計されているとき、設計により [パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスが表示されます。ただし、そのクエリでパラメーター値の要求が必要ないことがわかっている場合、次の手順でクエリを調べ、正しくない式を探します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでクエリを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. [フィールド] 行と [抽出条件] 行で識別子と式を調べて、[パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスに表示されたテキストと一致するテキストがあるかどうかを特定します。具体的には、[フィールド] 行のセルの 1 つに Expr1: [識別子] などの値が含まれている場合は、これがパラメーター プロンプトの原因である可能性があります。

    [パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスが表示される原因となる式を含むクエリ

パラメーター値を作成する方法の詳細については、「関連項目」のリンクを参照してください。

ページの先頭へ

レポートを開いた際に [パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスが表示された場合は、次の手順に従ってレポートのプロパティを検査します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでレポートを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

    注: 続行前に、レポートのいずれかのコントロールで、左上隅に緑の三角形が表示されていないか確認します。表示されている場合、そのコントロールの [コントロール ソース] プロパティの識別子または式を Access は評価できません。コントロールに緑の三角形が表示されてたら、以下の手順を続行する際、そのコントロールに特別の注意を払ってください。

    スペルが誤っている識別子が存在するテキスト ボックスを含むレポート

  2. [プロパティ シート] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。

  3. [プロパティ シート] 作業ウィンドウで、[すべて] タブを選択します。

  4. レポートにデータを表示するコントロール (テキスト ボックス、チェック ボックス、コンボ ボックスなど) を選択します。手順 1 で言及した緑の三角形がコントロールに表示されている場合、最初にそのコントロールの 1 つをクリックします。

  5. [プロパティ シート] 作業ウィンドウで、[パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスに表示された識別子の [コントロールソース] プロパティを検査し、必要に応じて式を修正します。

  6. 問題の原因である式が見つかるまで、レポートの他のコントロールに対して手順 4 と 5 を繰り返します。

  7. 問題が見つからない場合、[グループ化、並べ替え、集計] ウィンドウで正しくない式を探します。

    • [グループ化、並べ替え、集計] ウィンドウが表示される場合、[デザイン] タブの [グループ化と集計] グループで [グループ化と並べ替え] を選択します。

    • [グループ化、並べ替え、集計] ウィンドウの行に [式でグループ化] または [式で並べ替え] が表示されている場合、"式" という言葉を選択し、式ビルダーを開きます。式ビルダーでは、式を調べ、必要に応じて変更できます。

ページの先頭へ

フォームを開くたびに [パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスが表示される場合、正しくない式が基礎クエリに存在することがあります。基礎クエリを調べ、正しくない式を探します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームを右クリックし、[デザイン ビュー] を選択します。

  2. [プロパティ シート] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。

  3. [プロパティ シート] 作業ウィンドウの一番上のリストで [フォーム] が選択されていることを確認し、[すべて] タブを選択します。

  4. [レコード ソース] プロパティを調べます。クエリの名前か SQL ステートメントが含まれている場合、ステートメントの識別子の 1 つが正しくなく、[パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスの表示を強制している可能性があります。[レコード ソース] プロパティ ボックスを選択し、[ビルド] ボタン [ビルダー] ボタン をクリックします。

  5. クエリの式を検査する」セクションの手順を使用して、不正確な式を探します。

    重要: 完了後、クエリの変更を保存するには、クエリを閉じ、フォームを保存してからフォーム ビューに切り替えます。この手順を実行しないと、クエリの変更が失われます。

ページの先頭へ

コンボ ボックスまたはリスト ボックス コントロールの [値集合ソース] プロパティの式が正しくないと、[パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスが開く原因となります。コントロールを使用しようとしない限り、このダイアログ ボックスが表示されない場合もあります。次の手順でコントロールの [値集合ソース] プロパティを調べます。

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームを右クリックし、[デザイン ビュー] を選択します。

  2. 検査するコンボ ボックスまたはリスト ボックスをクリックします。

  3. [プロパティ シート] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。

  4. [データ] タブを選択し、[値集合ソース] プロパティを調べ、[パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスのテキストに一致するテキストがないか確認します。

ページの先頭へ

テーブルを開くたびに [パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスが表示される場合、そのテーブルのルックアップ フィールドの [値集合ソース] プロパティの中に不正確な式が含まれている可能性があります。

  1. ナビゲーション ウィンドウでテーブルを右クリックし、[デザイン ビュー] を選択します。

  2. フィールドがルックアップ フィールドかどうか判断するには、フィールド名を選択し、[フィールド プロパティ] で [ルックアップ] タブを選択します。このタブに [値集合ソース] プロパティ ボックスが含まれている場合、フィールドはルックアップ フィールドです。[値集合ソース] プロパティを調べます。このプロパティに SQL ステートメントが含まれている場合、そのステートメントの識別子の 1 つが正しくなく、[パラメーター値の入力] ダイアログ ボックスを表示させている可能性があります。

注: テーブルには複数のルックアップ フィールドが含まれている可能性があるので、各フィールドの [ルックアップ] タブを必ず確認してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

式の構文をガイド

Access の式に関数を追加します。

クエリの実行時に入力を求めるにパラメーターを使用します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×