Access でバーコードを使用する

Access ではレポートやフォームでバーコードを利用できます。Access には Microsoft バーコード コントロール という ActiveX コントロールが付属しています。バーコード コントロールでは、一般に普及している 11 種類のバーコード シンボルを作成できます。

レポートまたはフォームにバーコード コントロールを挿入する

バーコード コントロールを使うには次の操作を行います。

  1. バーコード コントロールを配置する領域をクリックします。

  2. デザイン ビューで [デザイン] タブの [コントロール] で [ActiveX コントロールの挿入] をクリックします。

  3. 一覧から [Microsoft バーコード コントロール 14.0] を選択して [OK] をクリックします。

バーコード コントロールがサポートするスタイル

スタイル

説明

UPC-A

商品のマーキングに広く使用されている POS シンボルです (米国とカナダ)。

UPC-A

UPC-E

UPC の短縮バージョンです。標準バージョンのシンボルが印刷できないような小さい商品に使用します。

upc-e

JAN-13

国際的な規格の POS シンボルです。書籍や雑誌などを含め、すべての商品に使用します。

13-01-2010

JAN-8

JAN の短縮バージョンです。標準バージョンのシンボルが印刷できないような小さい商品に使用します。

08-01-2010

Casecode

製造会社や卸し売り会社が小売り店に商品を出荷するとき、梱包箱の外側に表示するシンボルです。

casecode

NW-7

英数字を表すことができるバーコード シンボルです。コンピュータ機器など、特殊な商品のパッケージに表示し

ます。

nw-7

Code-39

英数字を表すことができるバーコード シンボルです。FA (Factory Automation) をはじめ、工業用として広く使用されています。

code-39

Code-128

フル ASCII の 128 文字をコード化したバーコード シンボルです。圧縮バージョンもあります。

code-128

US Postnet

処理を自動化するため、郵便物に表示するバーコード シンボルです (米国)。

us postnet

US Postal FIM

処理を自動化するため、郵便物に表示する特殊なバーコード シンボルです (米国)。

us postal fim

カスタマバーコ

ード

処理を自動化するため、郵便物に表示するバーコード シンボルです (日本)。

カスタマバーコード

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×