AVERAGEA 関数

ここでは、Microsoft Excel の AVERAGEA 関数の書式および使用法について説明します。

説明

引数リストに含まれる値の平均 (算術平均) を計算します。

書式

AVERAGEA(値 1、[値 2], ...)

AVERAGEA 関数の書式には、次の引数があります。

  • 値 1, 値 2, ...    値 1 は必ず指定します。値 2 以降は省略可能です。 平均を求めるセル、セル範囲、または数値データを 1 ~ 255 個まで指定します。

解説

  • 引数には、数値、数値配列、数値を含む範囲を参照する名前かセル参照、数値を表す文字列、TRUE や FALSE などの論理値を指定できます。

  • 引数として指定した論理値と、数値を表す文字列が計算の対象となります。

  • 引数に TRUE が含まれている場合は 1 と見なされ、FALSE が含まれている場合は 0 (ゼロ) と見なされます。

  • 引数として指定した配列またはセル参照に文字列が含まれる場合、これらは 0 (ゼロ) と見なされます。 空白文字列 ("") も 0 (ゼロ) として評価されます。

  • 引数に配列またはセル範囲の参照を指定した場合、そこに含まれる値だけが計算の対象となります。 配列またはセル範囲の参照に含まれる空白セルと文字列は無視されます。

  • エラー値または数値に変換できない文字列を指定すると、エラーになります。

  • セル参照に計算の一部として論理値や数値を表す文字列を含めない場合は、AVERAGE 関数を使用します。

注: AVERAGEA 関数では、データの中心傾向 (統計的分布における数値グループの中心位置) が評価されます。 中心傾向を表す最も一般的な指標として、次の 3 つが挙げられます。

  • 平均    演算によって求める平均値です。グループの各数値を加算してそれらの数値の個数で割ることにより計算します。たとえば、2、3、3、5、7、および 10 の平均は、30 を 6 で割った商、つまり 5 です。

  • メジアン    数値のグループの中で中央に当たる数値です。メジアンより大きい数値と小さい数値の個数が半々になります。たとえば、2、3、3、5、7、および 10 のメジアンは 4 です。

  • モード    数値のグループの中で、最も頻繁に出現する数値です。たとえば、2、3、3、5、7、および 10 のモードは 3 です。

数値のグループが対称分布の場合には、これら 3 つの中心傾向の測度の値は同じになります。数値のグループが非対称分布の場合には、値が異なることがあります。

ヒント: セルの平均を求めるときは、空白セルと値 0 を含むセルの違いに注意してください。Excel デスクトップ アプリケーションで [Excel のオプション] ダイアログ ボックスの [ゼロ値のセルにゼロを表示する] チェック ボックスをオフにしている場合は、特に注意が必要です。 このオプションをオンにすると、空白セルはカウントされませんが、ゼロ値はカウントされます。

[ゼロ値のセルにゼロを表示する] チェック ボックスは、次の場所にあります。

  • [ファイル] タブの [オプション] をクリックし、[詳細設定] カテゴリで [次のシートで作業するときの表示設定] を探します。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

10

7

9

2

無効

数式

説明

結果

=AVERAGEA(A2:A6)

前の数値と "無効" の文字列を含むセルの平均値を求めます。 計算では、"無効" の文字列を含むセルが使われています。

5.6

=AVERAGEA(A2:A5,A7)

前の数値と空白セルの平均値を求めます。

5.6

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×