ASP.NET マスタ ページの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

マスタ ページは、ファイル名拡張子 .master を持つ ASP.NET ページです。マスタ ページを使用すると、サイトまたはアプリケーションのページに対して一貫した外観とレイアウトを作成することができます。

ここでは、マスタ ページ ギャラリー、コンテンツ ページ、コンテンツ プレースホルダ コントロール、コンテンツ コントロール、およびコンテンツ領域を含め、マスタ ページの概要について説明します。また、Windows SharePoint Services 3.0 と Microsoft Office SharePoint Server 2007 の両方でマスタ ページを使用する場合の考慮事項についても解説します。

重要: マスタ ページを使用するには、Windows SharePoint Services 3.0 または Office SharePoint Server 2007 を実行するサーバー上にサイトを設定する必要があります。

このトピックの内容

マスター ページとは

マスター ページはどこですか。

マスター ページを使用する利点とは

入れ子になったマスター ページとは

ページのコンテンツとは

コンテンツ プレース ホルダー コントロール、コンテンツ コントロール、およびコンテンツ領域とは

Office SharePoint Server 2007 でマスター ページの相違点

サイトの管理ページを制御するマスター ページをカスタマイズすることができますか。

カスタマイズされたマスター ページを作成します。

マスタ ページとは

マスタ ページは ASP.NET 2.0 の機能であり、ASP.NET 2.0 と同じように Windows SharePoint Services 3.0 および Office SharePoint Server 2007 でも動作します。マスタ ページを使用すると、新しいページをそれぞれ新規に作成するのではなく、単一のページ テンプレートを作成しておき、それに基づいてアプリケーションの複数のページを作成することができます。

マスタ ページをブラウザで表示するには、実際には 2 つのもの、つまりマスタ ページ自体とコンテンツ ページが必要です。マスタ ページは、それが適用されているすべてのコンテンツ ページに対して、共通のレイアウトとナビゲーション、および共通の既定のコンテンツを定義します。コンテンツ ページは個々に異なるページです。ページがブラウザで表示されるとき、マスタ ページから共通のコンテンツが提供され、コンテンツ ページからはページ固有のコンテンツが提供されます。

まず、サイト内のすべてのページ、またはページのグループに対して、外観と標準動作の両方を定義する単一のマスタ ページを作成します。次に、個々のページに表示される一意のコンテンツを含む、個々のコンテンツ ページを作成します。マスタ ページとコンテンツ ページが結合されて、マスタ ページのレイアウトとコンテンツ ページのコンテンツを組み合わせた、最終的な表示ページが作成されます。

Microsoft Office SharePoint Designer 2007 はマスタ ページの作成を完全にサポートしているため、作成途中でページがどのように最終的に表示されるかを正確に確認できます。

たとえば、サイト内のすべてのページで、同じ 3 列のレイアウトと標準のヘッダーおよびナビゲーション メニューを使用するとします。その場合、必要なレイアウトを持つ 1 つのマスタ ページを作成し、サイト内のすべてのページをそのマスタ ページに適用します。マスタ ページを作成することによって、同じコンテンツをページごとに繰り返し作成する必要がなくなります。また、すべてのページのレイアウトを変更したい場合、マスタ ページを変更するだけで済みます。

Windows SharePoint Services 3.0とOffice SharePoint Server 2007サイト定義から作成されるすべてのサイトには、サイトの既定の外観を定義する Default.master が含まれています。また、 Office SharePoint Server 2007には、いくつかのユーザー設定のマスター ページも含まれます。Default.master ページのようなこれらカスタム マスター ページには、リストやライブラリなどの SharePoint コンテンツの表示を有効にして、サイト全体の外観を定義するOffice SharePoint Server 2007で使用できるコンテンツ プレース ホルダーが含まれます。Office SharePoint Server 2007でマスター ページの使用の詳細については、後のセクションを参照してくださいOffice SharePoint Server 2007 のマスター ページの違いは何ですか?

ページの先頭へ

マスタ ページの保存場所

既定のマスタ ページは、マスタ ページ ギャラリー内に保存されています。Office SharePoint Designer 2007 では、マスタ ページ ギャラリーは masterpage フォルダであり、[フォルダ一覧] の _catalogs フォルダ内にあります。

[フォルダ一覧] の Default.master

カスタマイズされたマスタ ページを作成する場合、同じ masterpage フォルダに格納しておくことをお勧めします。同じフォルダに保存することで、サイトのすべてのマスタ ページを 1 か所で簡単に検索および管理できます。

コンテンツ ページの右上隅の表示を確認して、そのページが適用されているマスタ ページの場所を識別することもできます。

現在のページに適用されているマスタ ページを含むパス

ページの先頭へ

マスタ ページを使用する利点

マスタ ページを使用すると、サイト全体にわたって、すべてのページの外観を簡単に変更することができます。マスタ ページには以下の利点もあります。

  • SharePoint ページの編集経験の向上    作成者やデザイナは、単一のマスタ ページでデザインの変更を行い、その変更をそのマスタ ページに適用されているすべてのコンテンツ ページに自動的に伝えることにより、時間と資源を節約できます。

  • サイトレベルの編集    ユーザーはサイトのマスタ ページ要素を 1 か所で編集できます。追加の変更を行う際も、その同じ場所に戻ればよく、共通の要素を使用するすべてのコンテンツ ページをカスタマイズする必要はありません。

  • 本格的な外観のサイト    ユーザーは SharePoint の外観を持つ新しいページを簡単に作成できます。既定のマスタ ページを参照すると、それを基に作成される新しいページは同じ外観を持ち、マスタ ページに対する更新も反映されます。

  • ページの一貫性とエンドユーザーの操作性の向上    マスタ ページに適用されたすべてのページが同じ一貫した外観を持つため、サイトを訪問したユーザーは、コアの SharePoint ページから、サードパーティ製ソリューションによって追加されたページ、または Web デザイナによってカスタマイズされたページを参照することができます。しかも、サイトの外観やコントロール機能の相違は気になりません。

  • 効率的なサイト管理    マスタ ページをカスタマイズするだけでサイト全体の外観を変更できるため、マスタ ページの使用はサイト管理の向上につながります。サイト内の個々のページを変更する必要はありません。

ページの先頭へ

入れ子にされたマスタ ページとは

マスタ ページは、入れ子にする、つまり 1 つのマスタ ページが別のマスタ ページを参照するように配置することができます。たとえば、1 つのマスタ ページがサイトのロゴとプライマリ ナビゲーションを含み、別のマスタ ページが 2 列レイアウトを、さらに別のマスタ ページが 3 列レイアウトを含んでいるとします。列レイアウトを含んでいるマスタ ページそれぞれをメイン マスタ ページに適用して、メイン マスタに含まれている共通のロゴとナビゲーションを表示することができます。

ページの先頭へ

コンテンツ ページとは

コンテンツ ページは、ファイル名拡張子が通常の .aspx ASP.NET ページです。さらに、各コンテンツ ページには、そのコンテンツ ページが関連付けられているマスター ページを識別する、@page ディレクティブが含まれています。@Page ディレクティブの例を次に示します。

< % ページ MasterPageFile="~masterurl/default.master @"% >

既定では、SharePoint サイトには、ページの本文に表示されるコンテンツを含む複数のコンテンツ ページ - リスト ビュー ページ、リスト フォーム ページ、Web パーツ ページなど - があります。サイトを訪問したユーザーがブラウザでページを要求すると、コンテンツ ページがマスタ ページと結合され、ブラウザでユーザーに表示されるページが作成されます。 すべてのコンテンツ ページは、それが適用されるマスタ ページとページ構造および共通機能を共有します。

Windows SharePoint Services 3.0 では、Default.master は、以下の既定のコンテンツ ページすべてに適用されます。

  • Default.aspx

  • リスト ビューやリスト フォームを含む既定のコンテンツ ページ - AllItems.aspx、DispForm.aspx、NewForm.aspx、EditForm.aspx など

  • ドキュメント ライブラリのビューやフォームを含む既定のコンテンツ ページ - Upload.aspx、WebFldr.aspx など -

ページの先頭へ

コンテンツ プレースホルダ コントロール、コンテンツ コントロール、およびコンテンツ領域とは

コンテンツ プレース ホルダー コントロールは、マスター ページで置き換え可能なコンテンツの領域を指定します。コード ビューでは次のようなコンテンツ プレース ホルダー コントロールが表示されます。

< asp: プレース ホルダー >

コンテンツ プレース ホルダー コントロールは、 contentplaceholderid属性によって、それぞれのコンテンツ プレース ホルダー コントロールに割り当てられます。コンテンツ プレース ホルダーは、コンテンツ プレース ホルダー コントロールによって定義された地域の既定のコンテンツを定義します。マスター ページが関連付けられているすべてのページで、変更内容が表示されるよう、マスター ページ内のコンテンツ プレース ホルダーによって定義された既定のコンテンツを変更できます。

さらに、マスター ページによって提供されるコンテンツ プレース ホルダーの既定のコンテンツを無効にするには、個々 のコンテンツ] ページでコンテンツ コントロールを使用します。コード ビューでは、コンテンツ コントロールは、次のようになります。

< asp: コンテンツ >

コンテンツ領域は、次に示すような、単一のコンテンツ プレースホルダで定義されるマスタ ページの領域です。

デザイン ビューのコンテンツ領域

コード ビューでは、コンテンツ領域は、コンテンツ プレースホルダ コントロール タグ (コンテンツがマスタ ページによって提供される場合) またはコンテンツ コントロール タグ (コンテンツが個々のコンテンツ ページ内のユーザー設定のコンテンツの場合) のいずれかで囲まれています。

注: マスタ ページによって提供されるコンテンツ プレースホルダ内のコンテンツは、コンテンツ ページ上のそのプレースホルダには表示されません。

コンテンツ ページは、マスター ページによって入力および編集することはできませんが、上のコンテンツ領域にカーソルを移動すると、 編集不可の領域でカーソルが表示される様子 には、ポインターが置き換えられます。

Windows SharePoint Services 3.0 default.master ページには、多くの既定のコンテンツ プレース ホルダー コントロールが含まれています。コンテンツ プレース ホルダーの詳細については、「コンテンツ プレース ホルダーの既定の SharePoint の変更」を参照してください。

ページの先頭へ

Office SharePoint Server 2007 のマスタ ページの相違点

Windows SharePoint Services 3.0 と Office SharePoint Server 2007 のマスタ ページは両方とも ASP.NET 2.0 に基づいています。ただし、Office SharePoint Server 2007 では、マスタ ページが Windows SharePoint Services 3.0 とは多少異なる方法で実装されています。

たとえば、Windows SharePoint Services 3.0 と Office SharePoint Server 2007 のサイトの両方に、Default.master という既定のマスタ ページが含まれています。ただし、Office SharePoint Server 2007 には、カスタム マスタと呼ばれる代替マスタ ページも含まれています。すべてのカスタム マスタは変更可能です。

また、Office SharePoint Server 2007 サイトの設定をブラウザで変更して、すべてのサブサイトが同じマスタ ページを継承するようにできます。一方、Windows SharePoint Services 3.0 では、サイトのマスタ ページをそれが適用されるサイトの中から指定する必要があります。つまり、Windows SharePoint Services 3.0 サイトのすべてのサブサイトにマスタ ページを自動的に適用することはできません。

ページの先頭へ

サイト管理ページを制御するマスタ ページはカスタマイズ可能か

一般的には、できません。サイト管理ページは _layouts ディレクトリにあり、サーバー上に存在するマスタ ページによって制御されます。Office SharePoint Designer 2007 がサーバー自体で実行されている場合は、マスタ ページを開いて編集することができます。ただし、これはお勧めできません。

ページの先頭へ

カスタマイズされたマスタ ページを作成する

Office SharePoint Designer 2007 で、カスタマイズされたマスタ ページを作成し、そのカスタム マスタ ページを SharePoint サイトに適用することができます。カスタマイズされたマスタ ページを作成するには、SharePoint サイトの既存のマスタ ページを変更するか、または新しいマスタ ページを作成します。

既存のマスター ページを変更する方法の詳細については、「既定のマスター ページの変更」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×