ARABIC 関数

ここでは、Microsoft Excel の ARABIC 関数の書式および使用法について説明します。

説明

ローマ数字をアラビア数字に変換します。

書式

ARABIC(文字列)

ARABIC 関数の書式には、次の引数があります。

  • 文字列    必ず指定します。 半角の二重引用符で囲んだ文字列、空の文字列 ("")、または文字列を含むセルへの参照を指定します。

解説

  • 文字列に無効な値が指定されるている場合、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • エラー値 #VALUE! を返す値は、数値、日付、無効なローマ数字の文字列などです。

  • 入力値として空の文字列 ("") が使用されている場合は、0 が返されます。

  • 引数の最大長は、255 文字です。 したがって、返される最大数値は 255,000 です。

  • 文字列の大文字と小文字は区別されません。 たとえば、"mxmvii" は "MXMVII" と同じ結果 (1997) に評価されます。

  • 負のローマ数字は非標準ですが、負のローマ数字の評価はサポートされています。 "-MMXI" などのように、ローマ数字の前に負符号を挿入します。

  • 先頭と末尾のスペースも無視されます。

  • ARABIC 関数は、ROMAN 関数とは逆の操作を実行します。 詳細については、「ROMAN 関数」を参照してください。

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

数式

説明

結果

=ARABIC("LVII")

ローマ数字 LVII に基づいてアラビア数字を返します (57)。

57

=ARABIC(A6)

セル A6 のローマ数字に基づいてアラビア数字を返します (1912)。

1912

mcmxii

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×