ALTER TABLE ステートメント

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

CREATE TABLE ステートメントで作成されたテーブルのデザインを変更します。

注: Microsoft Access データベース エンジンは、Microsoft Access データベース以外のデータベースの ALTER TABLE 句またはデータ定義言語ステートメントをサポートしません。代わりに、DAO の Create 系メソッドを使用してください。

構文

ALTER TABLEテーブル{追加 {列のデータ型を [以下 (サイズ)] [NOT NULL] [制約インデックス] |
変更の列のデータ型を [以下 (サイズ)] |
制約multifieldindex} |
ドロップ {列field制約はindexname}}

ALTER TABLE ステートメントには、次の指定項目があります。

引数

説明

table

変更するテーブルの名前。

field

追加またはテーブルから削除するには、[フィールドの名前。または、テーブルに変更するには、[フィールドの名前。

type

フィールドのデータ型します。

size

バイト数で表したフィールド サイズ。テキスト型 (Text) およびバイナリ型 (Binary) フィールドのみ指定します。

index

引数 field のインデックス。

multifieldindex

テーブルに追加する複数フィールド インデックスを定義します。

indexname

削除する複数フィールド インデックスの名前。


解説

ALTER TABLE ステートメントを使用すると、次の方法で既存のテーブルを変更できます。

  • テーブルに新しいフィールドを追加するには、ADD COLUMN 句を使用します。フィールド名およびデータ型を指定し、テキスト型フィールドとバイナリ フィールドの場合はサイズ (省略可) も指定します。たとえば、次のステートメントにより、"メモ" という名前の 25 バイトのテキスト型フィールドが [社員] テーブルに追加されます。

ALTER TABLE Employees ADD COLUMN Notes TEXT(25)

また、追加したフィールドにインデックスを定義することもできます。

フィールドに対して NOT NULL を指定した場合、フィールドには新しいレコードが有効なデータとして必要になります。

  • 既存のフィールドのデータ型を変更するには、ALTER COLUMN 句を使用します。フィールド名および新しいデータ型を指定し、テキスト型フィールドとバイナリ型フィールドの場合はサイズ (省略可) も指定します。たとえば、次のステートメントでは、[社員] テーブルにある "郵便番号" という名前のフィールドのデータ型を整数型から 10 バイトのテキスト型に変更します。

ALTER TABLE Employees ALTER COLUMN ZipCode TEXT(10)

  • 複数フィールド インデックスを追加するには、ADD CONSTRAINT 句を使用します。

  • フィールドを削除するには、DROP COLUMN 句を使用します。フィールド名のみを指定します。

  • 複数フィールド インデックスを削除するには、DROP CONSTRAINT 句を使用します。予約語 CONSTRAINT の後にインデックス名のみを指定します。

注: 

  • 一度に複数のフィールドおよびインデックスを追加または削除することはできません。

  • CREATE INDEX ステートメントを使用すると、単一フィールド インデックスまたは複数フィールド インデックスをテーブルに追加できます。また、ALTER TABLE ステートメントや CREATE INDEX ステートメントで作成したインデックスは、ALTER TABLE ステートメントまたは DROP ステートメントを使用して削除できます。

  • NOT NULL は、単一フィールド、または名前付き CONSTRAINT 句の内部で使用できます。名前付き CONSTRAINT 句は、単一フィールドまたは複数フィールドのどちらかの名前付き CONSTRAINT 句に適用されます。ただし、NOT NULL の制約を適用できるのはフィールドに対して一度のみです。再度適用しようとした場合は実行時エラーになります。



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×