スキップしてメイン コンテンツへ

3D Maps でバブルチャートに変更する

3D Maps では、地図を作成するときに既定で縦棒グラフが表示されますが、バブルのサイズによって特定のデータ値が強調されているバブルチャートに変更することもできます。

バブル チャートの例

  1. [ホーム]、[レイヤー ウィンドウ] の順にクリックします。

    Power Map の [ホーム] タブの [レイヤー ウィンドウ] ボタン

  2. [フィールド リスト] タブで、[バブル] をクリックします。

    [フィールド リスト] タブの [バブル] アイコン

同じデータポイントに異なるカテゴリが追加されると、データ系列が追加されたときに、円グラフの要素のサイズが変更されるのと同じように、バブルのサイズが自動的に変更されます。 グラフの凡例も自動的に更新されます。

バブル チャートに多くのカテゴリが含まれる場合、最初の外観は円グラフに似たもので、円バブル全体のセクションの各カテゴリを表示します。 円バブルを作成するには、バブル チャートに 1 つ以上のカテゴリ フィールドを追加します。 以下の例では、New York City には 5 つの高層ビルがありますが、Chicago には 1 つしかありません。 そのため、Chicago にはバブルがあり、New York City には円があります。 Chicago に円バブルを作成する必要がある場合は、別のビルを追加します。

ニューヨークには円グラフに見えるバブル チャート、シカゴにはバブル チャートが表示されている

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×