3D Maps ツアーでデータをフィルター処理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

3D Maps ツアーでデータのサブセットを表示するために、ブック内のデータ ソースをフィルター処理しようとしましたが、ツアーでの表示に効果はありませんでした。

2 つのフィルターがセットされたツアー

ツアーでデータをフィルター処理するには、[ツアー エディター] ウィンドウでフィルターを追加して変更できます。上の画像では、総出力が 1000 ~ 5000 メガワットの発電所があるカリフォルニア州 (CA) の郡だけを示すように、フィルターが適用されています。

  1. [ツアー エディター] ウィンドウで、[フィルター] [フィルター] ボタン をクリックします。

  2. [フィルターの追加] をクリックします。

    フィルターの追加

  3. フィルターするフィールドを選んで、[追加] をクリックします。

    フィルターを適用するフィールドを選ぶ

  4. 範囲フィルター (スライダー バー)、リスト フィルター (チェック ボックス)、高度なフィルター (条件文) を使って、フィルターを設定します。

    数字、テキスト、日付のフィルター

次のいずれかの方法で、フィールドにフィルターを設定します。

  • スライダー バーを使って、範囲フィルターを設定する。

    上の画像では、範囲フィルターを [総出力 (メガワット)] を 1000 ~ 5000 の範囲に設定しています。

  • 1 つまたは複数のチェック ボックスを選んで、リスト フィルターを設定する。

    上の画像では、CA の発電所データだけを表示するように、リスト フィルターを設定しています。

  • 複数の条件文を指定できる高度なフィルターを設定する。

    上の画像では、[運転開始日] を 1968 年 1 月 1 日以降に限定しています。

ヒント: 

  • 以下のボタンを使って、範囲フィルター、リスト フィルター、高度なフィルターを切り替えます。

  • 一覧またはテキスト フィルターとフィルター オプションの設定を切り替える

関連項目

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×