3D Maps の時間オプションを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データの行に日付または時刻の要素がある場合は、3D Maps の時間と共に変化する値を見ることができます。こともできますシーンの再生時間を確認するコントロールをフォーカスにユーザー設定の開始日と終了日を設定する正確な期間を目的にします。

[時間] ボックスの日付または時間フィールド

3D Maps では、地理的なデータをプロットが最初に、値を選択できます (統計、販売、風速など) を強調表示し、[時刻] ボックスにドラッグする場合は、時間ベースのフィールドがある場合は、します。

重要: 日付と時刻の列は、元のデータの日付/時刻型として書式設定する必要があります。Excel 内の値が日付または時刻のようになりますが、テキストとして書式設定することが可能。日付型の値はいない 3D Maps の期待どおりに動作している場合は、集計元データに戻るし、データ型を確認します。次に、3D Maps の更新をヒットします。

  1. [レイヤー ウィンドウ] で日付または時間フィールドを [時間] ボックスにドラッグします。

    [レイヤー ウィンドウ] が表示されていない場合は、[ホーム] タブで [レイヤー ウィンドウ] をクリックします。

    [レイヤー ウィンドウ] の [時刻] ボックスに [日付] フィールドをドラッグする

  2. 以下に示す時計アイコンの横にある矢印をクリックして、データが累積されるときにデータを少しの間表示するか、値が新しい値で置き換えられるまでデータをそのまま維持するかを選びます。

    時刻をプロットする方法を選ぶ

  3. [時間] ボックスで時間の集合体タイプ (日、月、四半期、年など) を使用するには、以下に示す右側の矢印をクリックして期間を選びます。 これにより、選んだ期間でデータがグループ化されます。

    たとえば、データに日付のタイムスタンプが付けられていて、月単位で集計することを選んだ場合は、マップが月ごとに動き、各月の値の合計が表示されます。

    [レイヤー ウィンドウ] の [時間] ボックス

シーンの長さを変更する

既定では、1 つのシーンの長さは 6 秒のみです。 しかし、時間の経過とともに表示するデータの量が多くなると、シーンを少し長くしたくなるかもしれません。 たとえば、映画館の数十万枚のチケット販売を数か月にわたって表示したい場合は、経時的な売り上げの拡大を表示できるよう、アニメーションを遅くすることができます。

いくつかのシーンをツアーに追加し、各シーンを使用して異なる月を表示できます。 また、1 つのシーンですべての月を表示することもできます。 ツアーの合計のおおよその長さは、すべてのシーンの長さの合計と各シーンの切り替え時間を合わせた長さです。 シーンのプロパティを設定すると、各シーンの長さと切り替え時間を編集できます。

  1. タイムラインで [オプション] アイコンをクリックします。

    Power Map タイムラインの [オプション] アイコン

    タイムラインが表示されていない場合は、[ホーム] タブで [タイムライン] をクリックします。

    Power Map の [タイムライン] ボタン

    ヒント: [タイムライン] が淡色表示されている場合は、日付フィールドを [時間] ボックスに追加したことを確認してください。

  2. [シーン] で、シーンの長さを設定します。 ツアーに他のシーンを追加していない場合は、このシーンはツアー全体を表します。

    シーンまたはツアーの継続時間を設定する

  3. シーンで特定の日付範囲のみを表示するには、[時間] で開始日、終了日、またはその両方を設定します。

    [開始日] ボックスと [終了日] ボックス

    ヒント: 

    • [時間] の速度スライダーを使用すると、ツアーまたはシーンの長さを変更できます。 スライダーを移動すると、[シーンの長さ (秒)] ボックスの値が変化します。

    • 速度スライダー

  4. シーン間の時間を設定するには、[切り替え効果の再生時間 (秒)] を使用します。 シーンの切り替え時間を変更すると、ツアー全体の長さが変更されます。

    画面切り替えの時間の設定

[日付と時間] ボックスを使用して経過時間を表示する

[日付と時間] ボックスを表示すると、データ進行状況のアニメーションとして日付と時間を見ることができます。

  1. [ホーム] タブで [日付と時間] をクリックして、再生またはプレビュー時に [日付と時間] ボックスを表示します。

    [日付と時刻] ボタン

  2. [日付と時間] ボックスを右クリックして、[編集] をクリックします。

  3. [時刻の形式] ボックスで形式を選びます。

    [日付と時刻] ボックスのオプション

  4. 時刻の形式を選ぶ以外に、テキストのフォント、サイズ、色の変更や、太字、斜体の追加を行うことができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×