3D Maps の凡例を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザーがマップ上に表示される内容を把握できるように、凡例を追加できます。

凡例付きのマップ

凡例は、レイヤー ウィンドウの [カテゴリ] ボックスにフィールドを追加すると自動的に作成されますが、マップ上に表示されない場合は、次の手順で追加することができます。

  1. [ホーム]、[凡例] の順にクリックします。

    [ホーム] タブの [凡例] ボタン

  2. 凡例をサイズ変更するには、クリックして希望の大きさまでサイズ変更ハンドルをドラッグします。

    サイズ変更ハンドルが表示された凡例

  3. 凡例を移動するには、凡例バーをクリックして、希望の場所までドラッグします。

    凡例バー

ヒント: 凡例を削除するには、凡例バーの [閉じる] アイコンをクリックします。 いつでも [ホーム]、[凡例] をクリックして凡例を再表示できます。

注: 

  • レイヤーごとに独自の凡例が設定されます。 異なるレイヤーで異なる詳細を表示するように別々に調整することができます。 また、サイズを変更してマップ上の別の場所に設定できます。

  • 凡例はすべてのグラフの種類で利用でき、関連するレイヤーを変更すると毎回自動的に更新されます。

  • 凡例内のラベルを編集したり書式変更することはできません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×