3D Maps の使用を開始する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: Excel 2013 で人気の 3D 地理空間視覚化アドインである Power Map が、Excel に完全に統合されました。 また、この機能にわかりやすい "3D Maps" という名前も付けました。 この機能は、他の視覚エフェクト機能と一緒に [挿入] タブに表示されます。

Microsoft 3D Maps for Excel は 3 次元 (3-D) データ可視化ツールで、新しい方法で情報を見ることができるようになります。従来の 2 次元 (2-D) のテーブルとグラフでは見つからない可能性がある洞察を得ることができます。

3-D 球状マップ上の Power Map データ

3D Maps を使用すると、3-D 球状マップまたはカスタム マップ上に地理的な一時データをプロットし、時間の経過と共に表示して、他のユーザーと共有できる視覚的なツアーを作成できます。 3D Maps を使用して次の操作を実行できます。

  • データの地図化   : Excel のテーブルまたはデータ モデルから 100 万行を超えるデータを Bing マップ上に 3-D 形式で視覚的にプロットすることができます。

  • 洞察の把握   : 地理的空間にデータを表示し、時間の経過と共にタイムスタンプ付きのデータの変化を見ることで、新しい理解が得られます。

  • ストーリーの共有   : スクリーンショットを取得し、映画のようなガイド付きのビデオ ツアーを作成し、広範囲に共有して、これまでにないような対象ユーザーを獲得できます。 または、ツアーをビデオにエクスポートして共有することもできます。

次の図に示すように、Excel リボンの [挿入] タブの [ツアー] グループに [3D Maps] ボタンが表示されます。

リボンの 3D Maps の挿入コマンド

最初の 3D マップを作成する

テーブル書式またはデータ モデル内に地理的プロパティが含まれる Excel データ (たとえば、都市、群、都道府県、郵便番号、国/地域、経度と緯度が含まれる行と列) がある場合、すぐに作成を開始できます。 この方法を次に紹介します。

  1. Excel で、3D Maps で調べるテーブルまたはデータ モデル データが含まれるブックを開きます。

    独自のデータの使用方法については、「3D Maps のデータを準備する」を参照してください。

    調べるデータが準備できていない場合は、いずれかのサンプル データ ブックをダウンロードしてください。

  2. テーブル内のセルをクリックします。

  3. [挿入]、[3D Maps] の順にクリックします。

    ([3D Maps] を初めてクリックしたときには、3D Maps が自動的に起動します)。

    3D Maps は、Bing を使用し、地理的なプロパティを基にしてデータをジオコード化します。 数秒後に、[レイヤー ウィンドウ] の最初の画面の横に地球儀が表示されます。

  4. [レイヤー ウィンドウ] で、フィールドが正しくマッピングされていることを確認し、正しくマッピングされていないフィールドのドロップダウン矢印をクリックして、正しい地理的プロパティに対応させます。

    たとえば、ドロップダウン ボックスで [Seattle] が [都市] として認識されていることを確認します。

    郵便番号として認識された ZIP コード (米国の郵便番号)

  5. 3D Maps がデータをプロットすると、地球儀上にドットが表示されます。

    地球儀に点が表示される

3D Maps でサンプル データセットを調べる

サンプル データセットは 3D Maps を試すのに最適です。 使い始めるために必要な地理空間エントリが既に含まれている次のいずれかのブックをダウンロードするだけです。

3D Maps でデータを操作するための次の手順

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×