3D Maps のデータ カードをカスタマイズします。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

(ヒート マップ表示以外の) マップ上で、データ要素をポイントするか、クリックすると、そのデータ要素に関する詳細情報が含まれたデータ カードが表示されます。

データ カードにデータ ポイントの詳細が表示されている

既定では、データ カードには、既定のフィールド一覧の項目に応じた情報が表示されますが、必要な詳細だけを表示するよう、データ カードをカスタマイズできます。 データ フィールドの追加または削除、フィールドの集計または整理方法の変更、タイトル (場所の名前など) の追加、フィールド見出しの名前変更などができます。 また、レイアウト テンプレートのセットから事前に定義されたデータ フィールドを選ぶこともできます。

データ カードに表示する項目をカスタマイズする手順は、以下のとおりです。

  1. データ要素をポイントして、データ カードを表示します。

  2. データ カードの右上にある [設定] ボタン [データ カードのオプション] アイコン をクリックします。

    ヒント: [レイヤー] ウィンドウの [設定] ボタンをクリックして、[データ カードのカスタマイズ] の [カスタム表示名とデータの集約を作成します。] をクリックすることもできます。

    [データ カードのカスタマイズ] ボックスが表示されます。

    [データ カードのカスタマイズ] ダイアログ ボックス

  3. フィールドを追加するには、[フィールドの追加] アイコン [フィールドの追加] アイコン をクリックして、フィールドを選びます。 必要に応じて、画面をスクロールして、利用できるすべてのフィールドを表示できます。

    データ カードに表示する各フィールドについて、この手順を繰り返します。

  4. フィールドの内容を変更するには、フィールド名をポイントして、ボタン [フィールド名] のボタン を表示します。

    フィールド名を変更するには、 [編集] ボタン をクリックします。

    フィールドの集計方法を変更するには、 [集計] ボタン をクリックします。

    既定では、データは合計として集計されます。 別の集計方法を選ぶか、[集約なし] を選びます。

    フィールドをデータ カードから削除するには、 [削除] ボタン をクリックします。

  5. データ カード内のフィールドの順序を変更するには、データ フィールドを指定の場所にドラッグ アンド ドロップします。

  6. タイトルの追加またはレイアウトの変更を行うには、テンプレートの矢印をクリックして、必要なテンプレートを選びます。

    データ カードの [テンプレート] オプション

  7. 元の設定に戻すには、[既定値に戻す] をクリックします。

    適用したカスタム設定は、削除されます。

ヒント: 

  • マップ内のアイテムに独自のテキストを追加する場合は、コメントとして挿入することができます。3D Maps は、コメントの印刷の向きを自動的に調整します。データ カードとは異なり注釈が常に関連するデータ ポイントを表示します。

  • テキスト ボックスを追加する追加の詳細情報を提供することもできます。テキスト ボックスは、データ ポイントに関連付けられていないし、そのまま配置した場所にマップ上に表示されます。

関連項目

Office 365 用の Excel – 年 2 月更新プログラムの 3D マップ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×