3D Maps のシーンのオプションを指定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ツアー シーンの継続時間の管理やシーンの間隔時間の設定には、時間オプションを使用します。 円運動、回転、パン、ズームでシーンを強調するには効果を使用します。

シーンが切り替わるまでの時間を変更する

切り替えとは、あるシーンから次のシーンへの変化のことです。そのため切り替えを追加するには、1 つのツアーに 2 つ以上のシーンが必要です

(そのためツアーの 1 番目のシーンには切り替えはなく、シーンは直ちに開始されます)。

  1. ツアーの切り替え先のシーンを選びます。

    たとえば、1 番目と 2 番目のシーンの間隔時間を設定するには、2 番目のシーンを選びます。

  2. [ホーム]、[シーンのオプション] の順にクリックします。

  3. [効果] の [切り替え効果の再生時間 (秒)] ボックスで、シーン間の切り替えにかける時間を秒数で入力します。

    切り替え効果の再生時間の制御

注: 

  • ツアーの 1 番目のシーンには切り替えはなく、シーンは直ちに開始されます。

  • 既定ではシーン間の切り替えは 3 秒です。

  • 切り替えが 0 秒の場合は、"カット" 方式の切り替えが行われ、次のシーンが瞬時に開始されます。

  • 切り替え効果は、どんな場合にも、2 つのシーンの切り替えの間は持続します。

    たとえば、シーンが東アジアのビューからヨーロッパのビューに切り替わるとき、切り替えの間中、地球儀が回転します。 各シーンが赤道を基準にどこに中心があるかによって、地球儀は上または下に移動します。

  • 切り替え中は、新しいシーンが開始されるまで、前のシーンのテキスト ボックス、注釈、最終的なデータ状態が保持されます。

  • 切り替え効果は、シーンがほとんど変わらないように設計されています。

シーンの期間を指定する

シーンの期間の値では、シーンの継続時間と、マップ上に地理データが経時的に描画され更新される速さを管理します。

  1. 使用するシーンを選びます。

  2. [ホーム]、[シーンのオプション] の順にクリックします。

  3. [切り替え効果の再生時間 (秒)] ボックスに、シーンを継続させる時間 (秒数) を入力します。

    シーンに名前を付ける場合は、[シーン名] ボックスに名前を入力します。

    シーンの長さの制御

適用する効果を指定する

円運動、回転、パン、ズームでシーンを強調するには効果を使用します。

  1. 使用するシーンを選びます。

  2. [ホーム]、[シーンのオプション] の順にクリックします。

  3. [効果] ボックスで、使用する効果を選び、[効果の速度] スライダーを使用して、効果の速度や距離を制御します。

    [効果] の選択ボックス

注: 

  • [] および [8 の字形] 効果は、反復的な円運動を行います。

  • [ドリー] と [地球儀の回転] 効果は、直線上を時計回りに動きます。

  • [プッシュ イン] 効果はシーンで "拡大表示" を行います。シーンの期間全体で、シーンの中央を中心に、地球儀のサイズが連続的に大きくなります。

  • [フライ オーバー] 効果は、シーンが地球上のどの場所に集中しているかに応じて、地球儀を、下 (北半球) または上 (南半球) に移動させます。

  • シーンの期間全体ですべての効果が持続します。

  • [効果の速度] スライダーを使用して、地球儀の回転速度や、シーンで実行される円運動の回数を管理できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×