360°の画像を SharePoint スペースに追加する

360°の画像を SharePoint スペースに追加する

360イメージ web パーツ

1. 編集モードになっていない場合は、スペースの右上にある [編集] を選択します。

2. カンバスで、丸付きプラスアイコンを選択します。

3. 360 度の画像を選択します。

4. クリックして、構造の任意の場所 (床) の任意の場所に web パーツを配置します。

5. ファイルピッカーで、使用する360度の画像ファイルを選択し、[開く] を選択します。

5. [web パーツ] を選択し、[鉛筆] アイコンを選択します。 プロパティパネルが開きます。

6. 画像の書式を変更するには、[画像が正しく表示されない] を選択します。

  • 360度の画像をキャプチャするために使用したカメラが、リモートテストマシンまたはリングフォーメーションに配置された単一のレンズカメラである場合は、[ Monoscopic] を選択します。 360°の画像をキャプチャするために使用したカメラが、ビューの各フィールドの2つのカメラである場合は、[ステレオスコピック] を選択します。

イメージ形式オプション

7. 開始ビューを設定するには、[イメージの回転] の環境設定を選択します。

画像の回転

8. (省略可能)代替テキストを選択して入力します。

9. (オプション) 画像の下に podium が表示されるようにするには、[ podiumを表示] を選びます。 画像と podium の間の距離を設定するには、 podium スライダーの高さを使います。

10. [下書きとして保存] または [発行] を選択します。

注: Web パーツのサイズ変更と配置のガイダンスについては、「 SharePoint スペースで web パーツを追加して使用する」を参照してください。

360度の画像にアクションを追加する

アクションによって web パーツを対話型にすることができます。 Web パーツの編集中に操作を選ぶことができます。 スペースを下書きとして保存するか、または公開すると、インタラクティブになります。 アクションの追加は任意です。

1. 編集中に360度画像 web パーツを選択し、鉛筆アイコンを選択します。 プロパティパネルが開きます。 "アクション" まで下にスクロールします。

2. [アクションの追加] を選択します。

  • Web パーツを選ぶと、 [トリガー時]アクションが実行されます。

  • マウスを右クリックするか、または + ホールド (コントローラー) を押すと、その他のアクションが表示されます。

イメージオプション

注: [ 360 度を入力してください] の画像は、この web パーツのトリガーアクションの (ロックされている) です。 その他のアクションを構成するには、[アクションの追加] を選択し、[.. . ] (省略記号) を選択します。 操作の順序を変更するには、目的の順序になるようにドラッグします。

3.その他のアクションについては、次のいずれかを選択します。

  • 別の領域へのリンク: リンクされている SharePoint スペースを開きます。

  • オーディオの再生: 添付された音声ファイルを再生します。

  • Link ページまたはアイテムへのリンク : リンクされた URL (SharePoint ページ、一般向け web サイトなど) を開きます。

4. (省略可能)説明を入力します。

5. アクションを試すには、[下書きとして保存] または [発行] を選択します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×