3-D グラフの表示を変更する

3-D グラフ (3-D 縦棒、3-D 円柱、3-D 円錐、3-D ピラミッド、3-D 折れ線、3-D 等高線などのグラフ) を見やすくするために、グラフの 3-D 書式、回転、およびサイズを変更できます。また、小さなデータ マーカーが大きなデータ マーカーの後ろに隠れている場合には、グラフにプロットされているデータ系列の順序を反転することや、透過性を適用してすべてのデータ マーカーの表示を向上することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

グラフの要素の 3-D 書式を変更する

3-D グラフの奥行きと間隔を変更する

3-D グラフの回転角度を変更する

3-D グラフのサイズを変更する

3-D グラフのデータ系列の順序を反転する

3-D グラフで透過性を使用する

グラフの要素の 3-D 書式を変更する

  1. 3-D グラフで、3-D 書式を変更するグラフの要素をクリックするか、次の操作を行ってグラフの要素の一覧から要素を選択します。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] で、[グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、使用するグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. ショートカット キーの使用  代わりに、3-D 書式を変更するグラフの要素をクリックし、Ctrl キーを押しながら 1 キーを押すこともできます。手順 3. に進みます。

  3. [レイアウト] タブの [現在の選択範囲] で、[選択対象の書式設定] をクリックします。

  4. [3-D 書式] をクリックし、次の 1 つまたは複数のオプションを選択します。

    1. [面取り] の [] および [] をクリックし、目的の書式をクリックします。[] ボックスおよび [高さ] ボックスで、目的のポイント サイズを選択します。

    2. [表面] で、[質感] をクリックし、目的の効果をクリックします。

      注: これらのオプションを使用できるかどうかは、選択したグラフの要素に応じて変わります。このダイアログ ボックスに表示されるオプションの中には、グラフには使用できないものもあります。

ヒント: この手順を使用して、2-D グラフの要素の 3-D 書式を変更することもできます。

ページの先頭へ

3-D グラフの奥行きと間隔を変更する

軸を含む 3-D グラフの要素の奥行き、奥行きを含む 3-D グラフの要素の間隔、3-D 横棒グラフや 3-D 縦棒グラフの棒の間隔などを変更できます。

  1. 変更する 3-D グラフをクリックします。

  2. [書式] メニューの [選択したデータ系列] をクリックします。

  3. [オプション] タブで、目的の奥行きと幅のオプションを選択します。

ページの先頭へ

3-D グラフの回転角度を変更する

  1. 回転する 3-D グラフのグラフ エリアをクリックするか、または次の操作を行って、グラフの要素の一覧からグラフ エリアを選択します。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] で、[グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、使用するグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. ショートカット キーの使用  代わりに、グラフ エリアをクリックし、Ctrl キーを押しながら 1 キーを押すこともできます。手順 3. に進みます。

  3. [レイアウト] タブの [背景] で、[3-D 回転] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  4. [3-D 回転] カテゴリの [回転] で、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    1. 回転角度を変更するには、[X] ボックスと [Y] ボックスで目的の回転角度をクリックします。

      注: グラフは、水平軸と垂直軸を中心に回転することはできますが、奥行き軸を中心に回転することはできません。したがって、[Z] ボックスには回転角度を指定できません。

    2. グラフの表示範囲を変更するには、[透視投影] ボックスで目的の奥行きの値をクリックするか、または、目的の結果が得られるまで [狭角] または [広角] をクリックします。

      注: このダイアログ ボックスに表示されるオプションの中には、グラフには使用できないものもあります。変更したオプションを前の設定にリセットすることはできません。

ページの先頭へ

3-D グラフのサイズを変更する

基になる 3-D グラフに対する率で高さと奥行きを指定すると、グラフのサイズを変更できます。

  1. サイズを変更する 3-D グラフのグラフ エリアをクリックするか、次の操作を行ってグラフの要素の一覧から要素を選択します。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] で、[グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、使用するグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. ショートカット キーの使用  代わりに、グラフ エリアをクリックし、Ctrl キーを押しながら 1 キーを押すこともできます。手順 3. に進みます。

  3. [レイアウト] タブの [背景] で、[3-D 回転] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  4. [3-D 回転] カテゴリの [グラフのサイズ] で、次のいずれかの操作を行います。

    1. グラフの奥行きを変更するには、奥行きの率を [奥行き (%)] ボックスに指定します。

    2. グラフの奥行きと高さの両方を変更するには、[自動サイズ設定] チェック ボックスをオフにし、目的の奥行きと高さの率を [奥行き (%)] ボックスと [高さ (%)] ボックスに指定します。

    3. 軸を直交させて表示するには、[軸の直交] チェック ボックスをオンにして、目的の奥行きの率を [奥行き (%)] ボックスに指定します。

ページの先頭へ

3-D グラフのデータ系列の順序を反転する

大きな 3-D データ マーカーによって小さなデータ マーカーが隠れないように、データ系列のプロット順序を変更できます。

逆順で表示された 3-D グラフ

データ系列を逆順で表示した 3-D グラフ

  1. グラフで奥行き軸をクリックするか、次の操作を行ってグラフの要素の一覧から要素を選択します。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] で、[グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、使用するグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [書式] タブの [現在の選択範囲] で、[選択対象の書式設定] をクリックします。

  3. [軸のオプション] カテゴリの [軸のオプション] で、[軸を反転する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

3-D グラフで透過性を使用する

透過性は、3-D グラフと 2-D グラフのどちらでも使用できますが、大きなデータ マーカーによって小さなデータ マーカーが見えにくくなる 3-D グラフで特に役立ちます。

  1. 3-D グラフで、透過性を適用するデータ系列またはデータ要素をクリックするか、または次の操作を行って、グラフの要素の一覧から選択します。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] で、[グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、使用するグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. ショートカット キーの使用  代わりに、3-D 書式を変更するグラフの要素をクリックし、Ctrl キーを押しながら 1 キーを押すこともできます。手順 3. に進みます。

  3. [レイアウト] タブの [現在の選択範囲] で、[選択対象の書式設定] をクリックします。

  4. [塗りつぶし] をクリックし、[塗りつぶし (単色)]、[塗りつぶし (グラデーション)]、または [塗りつぶし (図またはテクスチャ)] をクリックします。

  5. [透過性] バーのハンドルをクリックし、目的の透過性の率までハンドルをスライドします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×