3-D グラフの回転または透視投影を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office プログラム別の設定方法

Word

PowerPoint

Excel

Word

3-D グラフの回転や透視投影を変更してグラフを読みやすくしたり、見た目を調整したりすることができます。 3-D グラフには、3-D 縦棒グラフ、3-D 円グラフ、3-D 等高線グラフがあります。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [3-D 回転] で、次のいずれかの操作を行います。

    [グラフ レイアウト] タブの [3-D 回転] グループ

目的

操作

回転を変更する

[X] ボックスと [Y] ボックスに回転する角度を入力して、Enter キーを押します。

透視投影を変更する

[透視投影] ボックスに透視投影の角度を入力して、Enter キーを押します。 3-D 縦棒グラフは、3 番目の値の軸 (奥行き軸) が使用されていないので、真の 3-D グラフではありません。

透視投影を使用できない場合

[3-D 回転] で、[3-D 回転] をクリックし、[グラフのサイズ] の [軸の直交] チェック ボックスをオフにします。

注: グラフ エリアのサイズを調整するには、[3-D 回転] で [3-D 回転] をクリックし、[グラフのサイズ] で必要な変更を加えます。

関連項目

グラフのデータを編集する

グラフを変更する

PowerPoint

3-D グラフの回転や透視投影を変更してグラフを読みやすくしたり、見た目を調整したりすることができます。 3-D グラフには、3-D 縦棒グラフ、3-D 円グラフ、3-D 等高線グラフがあります。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [3-D 回転] で、次のいずれかの操作を行います。

    [グラフ レイアウト] タブの [3-D 回転] グループ

目的

操作

回転を変更する

[X] ボックスと [Y] ボックスに回転する角度を入力して、Enter キーを押します。

透視投影を変更する

[透視投影] ボックスに透視投影の角度を入力して、Enter キーを押します。 3-D 縦棒グラフは、3 番目の値の軸 (奥行き軸) が使用されていないので、真の 3-D グラフではありません。

透視投影を使用できない場合

[3-D 回転] で、[3-D 回転] をクリックし、[グラフのサイズ] の [軸の直交] チェック ボックスをオフにします。

注: グラフ エリアのサイズを調整するには、[3-D 回転] で [3-D 回転] をクリックし、[グラフのサイズ] で必要な変更を加えます。

関連項目

グラフのデータを編集する

グラフを変更する

Excel

3-D グラフの回転や透視投影を変更してグラフを読みやすくしたり、見た目を調整したりすることができます。 3-D グラフには、3-D 縦棒グラフ、3-D 円グラフ、3-D 等高線グラフがあります。

  1. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [3-D 回転] で、次のいずれかの操作を行います。

    [グラフ レイアウト] タブの [3-D 回転] グループ

目的

操作

回転を変更する

[X] ボックスと [Y] ボックスに回転する角度を入力して、Enter キーを押します。

透視投影を変更する

[透視投影] ボックスに透視投影の角度を入力して、Enter キーを押します。 3-D 縦棒グラフは、3 番目の値の軸 (奥行き軸) が使用されていないので、真の 3-D グラフではありません。

透視投影を使用できない場合

[3-D 回転] で、[3-D 回転] をクリックし、[グラフのサイズ] の [軸の直交] チェック ボックスをオフにします。

注: グラフ エリアのサイズを調整するには、[3-D 回転] で [3-D 回転] をクリックし、[グラフのサイズ] で必要な変更を加えます。

関連項目

グラフのデータを編集する

グラフを変更する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×