2010 予定表で会議のタイム ゾーンを指定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

予定表の会議の時刻は動的に表示されます。ワークスペース メンバーには常に、オペレーティング システムの地域の設定に基づいて開始時刻と終了時刻が表示されます。たとえば、東部標準時 (EST) に合わせて設定されているシステムで午後 1 時に設定された会議は、太平洋標準時 (PST) に合わせて設定されているシステムでは自動的に午前 10 時と表示されます。

異なるタイム ゾーンに移動するユーザーは、必要に応じて、現地のタイム ゾーンに合わせて Windows の地域の設定のタイム ゾーンを再設定することで、正しい時刻が動的に表示されるようにすることができます。ただし、システムの設定を変更すると、場所を移動したときに忘れずにその設定をもう一度変更する必要があるため、多くのユーザーはシステムの設定を変更したがりません。代わりに、使用している地域の設定に対する時差を頭の中で計算します。

予定表ツールでは、表示されることを確認、会議の特定のタイム ゾーンを指定できます。 指定されたタイム ゾーンに従ってのみ、会議の時間を表示します。たとえば、千代田区 (推定)、所属しているが、San Francisco (PST) にアクセスしようとしています。ときに、10時 00分 AM PST に開催する会議をスケジュールする必要があります。として、開始時刻、1時 00分 PM を設定してこの会議を作成し、自分が到着したときに次の 3 つの時間を減算するを忘れないようにします。さらに、到着したときに、Windows の地域設定を PST に変更できます。簡単なソリューションでは、10時 00分 AM PST の開始時刻と会議を作成できます。

  1. 新しい会議を作成します。

  2. 目的のタイム ゾーンに合わせた開始時刻と終了時刻を選択します。

  3. [タイム ゾーン] をクリックします。

  4. ボックスの一覧から目的のタイム ゾーンを選択します。

    開始時刻のタイム ゾーンを選択すると、開始時刻のタイム ゾーンに合わせて終了時刻のタイム ゾーンが調整されます。

  5. 会議を保存します。

上記の操作を行っても、予定表ビューに表示される開始時刻と終了時刻は、現在の Windows の地域の設定を反映しています。たとえば、東部標準時に設定されているシステムで PST の午前 10 時を開始時刻とする会議を設定した場合、予定表ビューでは会議の開始時刻が午後 1 時と表示されます。会議を開くと、指定したタイム ゾーンに基づいて開始時刻と終了時刻が表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×