2007 Microsoft Office system の既知の問題/ReadMe

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

製品

セットアップ (クライアント)

すべてのクライアント

Access 2007

Microsoft Office Outlook 2007 with Business Contact Manager

グラフ作成

クリップ オーガナイザー

Excel 2007

Groove 2007 クライアント

SmartArt

InfoPath 2007

OneNote 2007

Outlook 2007

PowerPoint 2007

Project 2007

Publisher 2007

SharePoint Designer 2007

Visio 2007

Word 2007

その他

ダウンロード

ここには、現時点で確認されているすべての問題が、アプリケーションごとにまとめられています。

セットアップ (クライアント)

質問または問題点

回答

グループ ポリシーのソフトウェア インストールを使用したユーザー単位での Microsoft Office 2007 製品の展開 (公開または割り当て)。

グループ ポリシーのソフトウェア配布を使用した Office 2007 製品のユーザーごとの展開はサポートされていません。グループ ポリシーを使用して Office 2007 製品をインストールする場合は、コンピューターごとに割り当てられた展開を使用することをお勧めします。

  1. Beta2 Office Web コンポーネントをインストールします。

  2. リリースされた 2007 Office 2007 をインストールします。

次のエラーが表示されます。

次のエラーが発生したため、セットアップを続行できません:

2007 Microsoft Office system のプレリリース版からアップグレードすることはできません。2007 Microsoft Office system 製品のプレリリース版と関連するテクノロジを先にアンインストールしてください。

上記の問題を解決してから、セットアップを再度実行してください。

Office 2007 Beta2 と共にインストールされている Office 2003 Web コンポーネントの機能により、Office 2007 製品のインストールが妨げられています。Windows コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して Office 2003 Web コンポーネントを削除した後、最終的な Office 2007 製品をインストールする必要があります。

OneNote 2003 が含まれるコンピューターでの Office 2007 製品へのアップグレード。

オーサリング エラーのため、すべての Office 2007 製品は誤って OneNote 2003 を検索し、存在する場合は削除を提案します。これは、インターフェイスだけの問題です。Office 2007 製品に OneNote が含まれていない場合、OneNote 2003 は削除されません。

これは次のようなユーザーに影響があります。

  1. OneNote 2003 をインストールしてあり、かつ

  2. OneNote を含まない Office 2007 製品をインストールする。

OneNote 2003 はアンインストールされません。ユーザーは普通に Office 2007 製品をインストールする必要があります。

ページの先頭へ

すべてのクライアント

質問または問題点

回答

Office 2007 をインストールすると、Office Web コンポーネントがシステムから削除されるのはなぜですか。

Project Server を除き、Microsoft Office Web コンポーネントは Microsoft Office には付属しなくなります。この変更により、Microsoft Office の以前のバージョンでインストールされていたコンポーネントは、Office 2007 のインストールの間にシステムから削除されます。Office Web コンポーネントを必要とするユーザーは、Microsoft ダウンロード センターからコンポーネントをダウンロードしてオンラインでインストールできます。

Office 2007 Beta 2 TR から RTM バージョンへのアップグレードが次のエラーで失敗します。次のエラーが発生したため、セットアップを続行できません:

2007 Microsoft Office system のプレリリース版からアップグレードすることはできません。2007 Microsoft Office system 製品のプレリリース版と関連するテクノロジを先にアンインストールしてください。

この問題は、Office Web コンポーネントが原因で発生します。ユーザーは、OWC をアンインストールしてから、Office 2007 のセットアップを再実行する必要があります。

ページの先頭へ

Access 2007

質問または問題点

回答

現時点で問題は報告されていません。

ページの先頭へ

Microsoft Office Outlook 2007 with Business Contact Manager

質問または問題点

回答

Windows Vista を実行しているコンピューターでは、Business Contact Manager データベースを復元できません。

Windows Vista を実行しているコンピューターでデータベースを復元するには、Administrators グループのメンバーでなければならず、管理者として Outlook を実行する必要があります。管理者として Outlook を実行するには、次のようにします。

  1. Outlook を終了します。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] をクリックします。

  3. Windows エクスプローラーで、2007 Office リリースがインストールされているドライブをクリックします。

  4. [Program Files] をクリックし、[Microsoft Office] をクリックします。

  5. Microsoft Office のウィンドウで、[2007 Office] をクリックします。

  6. [Outlook] アイコンを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

Word で [宛名の​​差し込み] を使用してマーケティング キャンペーンの受信者リストを作成した後、リストが失われます。

マーケティング キャンペーンを保存する前にキャンペーンの種類を変更すると、受信者のリストが失われます。

受信者のリストを保持するには、キャンペーンの種類を変更する前にマーケティング キャンペーンを保存してください。

Business Contact Manager for Outlook のデータベースを開くオプションのテキストが、Outlook とは異なる言語で表示されます。

Business Contact Manager for Outlook の言語パックが削除されているため、Outlook と Business Contact Manager for Outlook が異なる言語を使用しています。

Business Contact Manager for Outlook とそのデータベースは、同じ言語を使用する必要があります。

Business Contact Manager for Outlook がデータベースを作成できません。

Business Contact Manager for Outlook が圧縮されているドライブにインストールされていないことを確認します。インストールされている場合は、Business Contact Manager for Outlook を圧縮されていないドライブにインストールします。

圧縮ドライブから Business Contact Manager を削除するには、最初にドライブの圧縮を解除した後、Business Contact Manager for Outlook を削除する必要があります。

Beta 2TR から RTM バージョンに更新された Business Contact Manager データベースを使用していると、財務履歴データおよび財務集計データは表示されません。

Business Contact Manager データベースの Beta 2TR バージョンは、Office Accounting 2007 と統合されていました。Business Contact Manager データベースは RTM バージョンに更新されましたが、Accounting 2007 データベースまたは Office Accounting 2007 の一部のコンポーネントは更新されませんでした。

Outlook を終了します。

次の事項を確認します。

Accounting 2007 の RTM バージョンをインストールします。

または

Accounting 2007 の Rebuild Company Data Utility を使用して、Business Contact Manager データベースと統合されたデータベースの .SBC ファイルを開いて更新します。

Outlook をもう一度開き、財務データに再びアクセスしてみてください。

Business Contact Manager が ACT!8 から変換されたデータをインポートしません。

ACT!8 からのデータの変換はサポートされていません。

Outlook と Business Contact Manager for Outlook が異なる言語を使用していると、Business Contact Manager for Outlook が起動しません。

Outlook と Business Contact Manager for Outlook が共に動作するには、同じ言語を使用している必要があります。一致するように、Office または Business Contact Manager for Outlook の言語を変更してください。

2007 Office system、Business Contact Manager for Outlook、Office Accounting 2007 が一緒に機能しません。

2007 Office system、Business Contact Manager for Outlook、Accounting 2007 を一緒に機能させるには、個別に RTM バージョンにアップグレードする必要があります。

宛名の​​差し込みの連絡先 (受信者) を選択しようとすると、Word ドキュメントが閉じます。

ACT!7 のコンポーネントが、宛名の差し込み機能と競合します。以下を試してください。

ACT!Com アドインを Word から削除します。

  1. Word で Microsoft Office ボタンをクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [アドイン] をクリックします。

  3. [管理] ボックスの一覧の [COM アドイン] をクリックし、[移動] をクリックします。

  4. ACT!7 をクリックし、[削除] をクリックします。

  5. 文書を再度開き、宛名の差し込み機能をもう一度使用してみてください。

以上の手順で問題が解決しない場合は、ACT!7 アプリケーションを、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用してコンピューターからアンインストールします。

ページの先頭へ

グラフ作成

質問または問題点

回答

現時点で問題は報告されていません。

ページの先頭へ

クリップ オーガナイザ

質問または問題点

回答

現時点で問題は報告されていません。

ページの先頭へ

Excel 2007

質問または問題点

回答

Microsoft Script Editor は使用できなくなりました。

MSE は Excel 2007 ではサポートされなくなります。

Beta2 より前のファイルを、Excel 2007 の最終バージョンで開くことはできますか。

ファイル形式が変更されたため、Beta2 より前のすべてのファイルは、Beta2 または B2TR 形式でいったん保存してからでないと、最終バージョンの Excel 2007 で開けません。

Excel 2007 でサポートされなくなるファイル形式を教えてください。

これまで、Excel は多くの異なるデータ形式をサポートしてきました。古い形式のいくつかは使用されることがほとんどないと判断しました。一部のファイルの種類のサポートをやめて、使用されているファイル形式に関する作業を増やそうとしています。これらの形式は、2 つの方法で廃止されます。使用されることが最も少ないファイル形式については、そのような形式を開いたり保存したりするためのサポートを終了します。その次に使用頻度の低いファイル形式については、Excel 2007 でのファイルの読み込みをサポートし、新しい形式で保存できるようにします。

次の形式のファイルは、Excel 2007 では開いたり保存したりできません。
WK1 (1-2-3)
WK4 (1-2-3)
WJ3 (1-2-3 日本語) (.wj3)
WKS (1-2-3)
WK3,(1-2-3)
WK1、FMT(1-2-3)
WJ2 (1-2-3 日本語) (.wj2)
WJ3、FJ3 (1-2-3 日本語) (.wj3)
DBF 2 (dBASE II)
WQ1 (Quattro Pro/DOS)
WK3、FM3(1-2-3)
Microsoft Excel Chart (.xlc)
WK1、ALL(1-2-3)
WJ1 (1-2-3 日本語) (.wj1)
WKS (Works 日本語) (.wks)

次の形式は開くことはできますが、Excel 2007 で保存することはできません。
Microsoft Excel 2.1 ワークシート
Microsoft Excel 2.1 マクロ
Microsoft Excel 3.0 ワークシート
Microsoft Excel 3.0 マクロ
Microsoft Excel 4.0 ワークシート
Microsoft Excel 4.0 マクロ
Microsoft Excel 97- Excel 2003 & 5.0/95 ブック
Microsoft Excel 4.0 ブック
DBF 3 (dBASE III)
DBF 4 (dBASE IV)

HTML は完全に再現できる Excel ファイル形式ではなくなりました。

Excel 2007 は、"Excel のみの" 機能の情報を HTML ファイル形式に保存しなくなります。主要ファイル形式としての非常に限定された使用状況に基づき、再び開かれるときに Excel の機能を維持する Excel 固有のタグは保存されなくなります。

Excel の "HTML 形式で保存" 機能は発行形式として使用されていることを認識し、Web ブラウザーで表示するドキュメントを作成する手段として引き続きサポートします。Excel ではまだ HTML ファイルを開くことができ、以前のバージョンで作成されたファイルに含まれる Excel 固有の機能は保持されます。このようなファイルは、主バージョンのドキュメントとして新しいファイル形式のいずれかで保存し、必要に応じて HTML に発行するようにする必要があります。

また、以前のバージョンの Excel では、Microsoft Office Web コンポーネントを使用する対話機能を備えた HTML に Excel ファイルを発行できました。Excel Services の導入により、Web ブラウザーでの対話型スプレッドシートの作成に対する継続的な作業は、Excel Services に集中されます。この集中の一環として、Office Web コンポーネントによる対話機能を備えた HTML ファイルの保存のサポートは中止されます。

Office 2007 をインストールすると、SQL Server 2005 Business Intelligence Development Studio と Management Studio の一部の機能が損なわれます

SQL Server 2005 をコンピューターにインストールし、Business Intelligence Development Studio (BIDS) または SQL Server Management Studio (SSMS) を SQL Server Analysis Services (SSAS) または SQL Server Reporting Services (SSRS) で使用している場合、Office 2007 をインストールすると、BIDS および SSMS の特定の機能が動かなくなることを想定する必要があります。具体的には、次の機能が影響が受けます。

  • BIDS キューブ デザイナーの [計算] タブ

    • [操作] タブと [KPI] タブ (MDX 構文チェックが呼び出される場合)

    • [分析観点] タブと [翻訳] タブ (計算がキューブに存在する場合)

  • BIDS Reporting Services のプロジェクト ウィザード (Analysis Services データ ソースを使用する場合)

    • 計算されるメンバー ビルダーおよびクエリ ビルダー

  • BIDS レポート デザイナー (Analysis Services データ ソースを使用する場合)

    • 計算されるメンバー ビルダーおよびクエリ ビルダー

  • SSMS Analysis Services ロール エディター (MDX 構文チェックが呼び出される場合)

さらに修正プログラムを入手する方法のこの懸案事項と手順に関する情報を取得するのには、web サイトhttps://support.microsoft.com/kb/926421を参照してください。

Office Excel 2007 でのグラフおよび Excel 4 マクロのサポート

Microsoft Office Excel 2007 では、アップグレードされて大幅に改良されたグラフ作成エンジンが導入されています。グラフ作成の簡素化と、プレゼンテーション対応にするための印象的なグラフィカル効果の追加に加えて、新しいエンジンは他の Microsoft Office アプリケーションと共有されています。スプレッドシート、Office Word 文書、Office PowerPoint スライド デッキのどれを使用している場合であっても、グラフそしてグラフ作成ツールは同じように動作します。

このグラフ作成のアップグレードの一部として、Excel チームはマクロ言語を再実装し、古いマクロ言語のサポート方針を検討する必要がありました。ほとんどのマクロ サポートは実装されましたが、グラフ作成のための一部の Excel 4 (XLM) マクロ言語機能は実装されませんでした。Office Excel 2007 でグラフを操作するいくつかの Excel 4 マクロは、正しく動作しない可能性があります。これは、グラフ作成機能を含む古いマクロ (主として Excel 5.0 およびそれ以前で作成されたもの) にのみ適用されます。

グラフに Excel 4 マクロを使用して開発されたソリューションがある場合は、ソリューションが Excel 2007 で適切に動作することを検証する必要があります。正常に機能しないグラフ作成ソリューションは、Visual Basic for Applications を使用して機能するように修正できます。Excel 5 からスクリプト言語は XLM から VBA に置き換わっています。

ページの先頭へ

Groove 2007 クライアント

質問または問題点

回答

Microsoft Office Groove 2007 をインストールして実行するときは、次のシステム必要条件に注意してください。

  • XP SP1 または SP2 をインストールする必要があります。

  • システムに 800 MB 以上のディスク空き容量が必要です。

  • 複数のオペレーティング システムで Groove を実行することはできません。

他のすべての Microsoft Office 2007 コンポーネントをインストールした後で、Microsoft Office Groove 2007 SDK をインストールする必要があります。さらに、他の Office 2007 コンポーネントをアップグレードする前に、Groove 2007 SDK をアンインストールする必要があります。

Microsoft Office Groove 2007 を含む他のすべての Microsoft Office 2007 コンポーネントをインストールした後で、Microsoft Office Groove 2007 SDK をインストールする必要があります。さらに、Groove 2007 SDK をインストールした後は、他の Office 2007 コンポーネントをアップグレードする前に SDK を削除する必要があります。最後に、Groove 2007 SDK をインストールする前に、Groove 2007 SDK の既存のベータ バージョンまたは Groove Virtual Office 3.1 GDK をすべてアンインストールする必要があります。

Microsoft Office Groove 2007 で使用するための TeamDirection プロジェクトの移行。

Microsoft Office Groove 2007 で Groove 3.x TeamDirection プロジェクトを引き続き使いたい場合は、Groove 2007 にアップグレードする前に、以下のことを行う必要があります。

  1. Groove 3.x で、TeamDirection Project からプロジェクトをエクスポートします。

  2. Groove 2007 にアップグレードします。

  3. TeamDirection Project for Groove 2007 をインストールします。

  4. プロジェクトを TeamDirection Project for Groove 2007 にインポートします。

詳細については、http://www.teamdirection.com/tdweb/support/groove2007-migration.php を参照してください。

Groove 予定表ツールが実行していないときにコンピューター システムのタイム ゾーンを変更した場合、予定表ツールに正しくない日付が表示されます。

コンピューター システムのタイム ゾーンを変更した後、Groove を終了して再起動してください。

ページの先頭へ

SmartArt

質問または問題点

回答

現時点で問題は報告されていません。

ページの先頭へ

InfoPath 2007

質問または問題点

回答

現時点で問題は報告されていません。

ページの先頭へ

OneNote 2007

質問または問題点

回答

64 ビット版のオペレーティング システムでは OneNote の特定の機能を利用できません。

Windows Internet Explorer 64 ビット版用の [送る] OneNote 2007 印刷ドライバーおよび [OneNote に送る] アドインは、64 ビット版オペレーティング システムで動作する Windows コンピューターでは使用できません。

最終 RTM バージョンにアップグレードする前に、すべてのノートブックを同期してください。

OneNote 2007 の最終的なファイル形式は、OneNote 2007 の以前のベータ版とは異なります。これは、やはり変更されたオフライン キャッシュにも影響します。OneNote 2007 を初めて実行したときに、オフライン キャッシュは削除されます。OneNote 2007 の最終バージョンにアップグレードする前に、ノートブックを同期することが重要です。

Windows デスクトップ サーチ 3.0 のリリース バージョンにアップグレードします。

プレリリース版の Windows デスクトップ サーチ 3.0 を使用していた場合は、リリースのバージョンにアップグレードしてください。

Windows Server 2003:

http://r.office.microsoft.com/r/rlidOfficeSearchInstallRTM?p1=32&p2=5&p3=2

Windows Server 2003 64 ビットまたは Windows XP 64 ビット:

http://r.office.microsoft.com/r/rlidOfficeSearchInstallRTM?p1=64&p2=5&p3=2

Windows Vista:Windows デスクトップ サーチは既に Windows Vista に組み込まれています。リリース版の Vista で OneNote 2007 を使用することをお勧めします。

注: ダウンロード センター ページの言語変更フィールドで言語を選択します。

共有ノートブックのすべてのユーザーは、同じバージョンの OneNote を使用する必要があります。2007 のプレリリース バージョンとリリース バージョンを混在させることはできません。

ノートブックの同期が正常に動作するには、共有ノートブックのすべてのユーザーが OneNote 2007 のリリース バージョンに同時にアップグレードする必要があります。これには、そのノートブックを開くすべてのコンピューター上のすべてのクライアントが含まれます。一部のユーザーがプレリリース バージョンを使用している場合、同期は正しく行われず、メモリおよびプロセッサの過剰な使用が発生する可能性があります。

ページの先頭へ

Outlook 2007

質問または問題点

回答

Collaboration Data Objects 1.21 (CDO) は Office セットアップでは利用できません。

CDO がhttps://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=2714320d-c997-4de1-986f-24f081725d36 Web ダウンロードとして利用可能

Outlook では Windows デスクトップ サーチがなぜ必要ですか。

Windows デスクトップ サーチ (WDS) 3.0 は Vista のネイティブ コンポーネントであり、Windows XP および Windows Server 2003 ユーザーにはシステム コンポーネントとして別途出荷されます。WDS は、コンテンツとプロパティの高速な検索を提供するためにファイル、メール、その他のコンテンツのインデックスを作成するシステム サービスです。現在使用している可能性があるこれまでの Windows デスクトップ サーチ 2.x バージョンのすべてに対するアップグレードです。Outlook 2007 の新しいバージョンのクイック検索テクノロジは、WDS を基にして構築されており、検索を行うには WDS が存在する必要があります。

Windows XP を実行している場合は、Outlook で Windows デスクトップ サーチ 3.0 をダウンロードしてインストールするように求められます。これは、Outlook で新しいクイック検索機能をサポートするために必要です。

インストール プロセスでは、Windows デスクトップ サーチの 2.5 以上のバージョンが自動的にアップグレードされます。このバージョンをインストールする前に、[プログラムの追加と削除] から以前のバージョンの Windows デスクトップ サーチをアンインストールする必要があります。

Vista RC1 以降を使用している場合は、別にインストールする必要はありません。

印刷すると、Outlook が空白になることがあります。

Vista の Outlook 2007 の印刷プレビューの [ページ設定] ダイアログでウィンドウが再描画されるような変更を行うと、印刷した (または [閉じる] をクリックした) 後で、Outlook の表示が空白になります。

この問題を修正するには、Outlook を最小化してから再び展開してください。データが失われることはありません。

特定の RSS フィードの同期が失敗し、[送受信の進捗度] ウィンドウに OLE オブジェクトが登録されていないというエラーが表示されます。

これは、コンピューターに Internet Explorer 6 がインストールされている場合の、RSS フィードの非常に小さいセットに関する既知の問題です。これらのフィードの同期を続けるには、Internet Explorer 7 にアップグレードします。

送受信操作に対してダイヤルするように Outlook を構成すると失敗することがあります。

最初に Windows またはブラウザーのダイヤルアップ接続を使用して、Outlook の外部でダイヤルアップ接続を確立します。

ページの先頭へ

PowerPoint 2007

質問または問題点

回答

Microsoft Producer for Microsoft Office PowerPoint 2003 アドインを PowerPoint 2007 で利用できません。

このアドインは、PowerPoint 2007 では利用できません。このアドインを使用してコンテンツを作成する必要がある場合は、ライセンスされた PowerPoint 2003 を使用する必要があります。

PowerPoint 97 より前のファイルを開けないのはなぜですか。

PowerPoint 2007 では、PowerPoint 97 より前のバージョンで作成されたファイルを開けなくなっています。

ページの先頭へ

Project 2007

質問または問題点

回答

現時点で問題は報告されていません。

ページの先頭へ

Publisher 2007

質問または問題点

回答

現時点で問題は報告されていません。

ページの先頭へ

SharePoint Designer 2007

質問または問題点

回答

[Web パーツ] 作業ウィンドウにフォーカスを設定した後、ページを編集している間、方向キー、ショートカット キー (保存の Ctrl + S や取り消しの Ctrl + Z など)、BackSpace キーを使用できません。

これは、[Web パーツ] 作業ウィンドウでの既知の問題です。この状況を修正するには、SharePoint Designer アプリケーションからよそにフォーカスを移動した後、アプリケーションにフォーカスを戻します。

ページの先頭へ

Visio 2007

質問または問題点

回答

Visio 2007 を起動すると、パフォーマンス向上のためにファイルをダウンロードするように求められます。このファイルは何で、なぜ必要ですか。

このファイルは、Visio の XML ファイルの保存と読み込みのパフォーマンスを向上させるものです。このファイルは、Windows Vista システムには既に存在し、Windows デスクトップ サーチまたは Windows Internet Explorer 7 がインストールされている場合も既に存在します。

ページの先頭へ

Word 2007

質問または問題点

回答

Word XML 形式コンバーターを使用して .dotx および .dotm ファイルを開いたり保存したりする方法を教えてください。

Word XML 形式コンバーターは、Microsoft Office Word 2003 で .docx および .docm ファイルを開いたり保存したりする場合にだけ使用できます。

Word または Outlook のメールでスクリーン リーダーを使用するにはどうすればよいですか。

以下のレジストリ キーをインストールします。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Word\Options] "WordAlternateDisplayMethodForScreenReaders"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Common] "ScreenReaderPresent"=dword:00000001

ページの先頭へ

その他

質問または問題点

回答

ツールバーから [戻る] ボタンと [進む] ボタンを削除すると、オフライン ホームページが空白になります。

再現方法:

  1. 任意のアプリケーションを開きます。

  2. F1 キーを押してビューアーを起動します。

  3. ステータスをオフラインに設定します。

  4. [ツールバー オプション] ドロップダウンをクリックし、[戻る] および [進む] ボタンをクリックしてツールバーから削除します。

  5. クライアント ビューアーを閉じます。

  6. F1 キーを押してヘルプを開きます。

[ツールバー オプション] に移動し、[ツールバーのリセット] をクリックするか、または [戻る] ボタンと [進む] ボタンをツールバーに追加して戻します。

ページの先頭へ

ダウンロード

質問または問題点

回答

現時点で問題は報告されていません。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×