2007 年の夏時間 (DST) の変更が Office ファイルのタイム スタンプに与える影響

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

これは、米国およびカナダで夏時間 (DST) を実施している地域に居住し、Microsoft Office 2003 および 2007 Microsoft Office system のドキュメントを保存または変更したときに、正確な時刻を記録する必要のあるユーザー向けの情報です。たとえば、法律上の目的から、ドキュメント変更時のタイム スタンプが必要な場合などが考えられます。この情報は、"サマー タイム" (春の初めに時計を 1 時間早め、秋に戻す制度) を実施する上記以外の国または地域のユーザーにも当てはまる場合があります。

この記事の内容

ダウンロードやサポート情報

背景情報について

2007 の DST の変更が Office ファイルに影響

よく寄せられる質問

ダウンロードやサポート情報

最新の Windows タイム ゾーンの情報の更新をダウンロードして、最新の累積的な更新プログラムをインストールするを参照してKB 933360: Microsoft Windows オペレーティング システムのタイム ゾーンの累積的な更新プログラムを 2007 年 8 月

注: Windows Vista を使用した場合、またはサインアップしているMicrosoft Updateの更新プログラムを自動的に受信する場合することがあります受けません夏時間に変更します。お使いのコンピューターは、Windows のタイム ゾーンの更新プログラムの影響を受けませんを確認する場合は、夏時間のヘルプとサポート センターを参照してくださいし、夏時間更新ガイド」の手順を実行します。

変更が他の Microsoft 製品に及ぼす影響の詳細については、夏時間のヘルプとサポート センターを参照してください。

ページの先頭へ

背景情報

2005 年 8 月、米国議会でエネルギー政策法案が可決され、米国で実施されている DST の開始日と終了日が変更されることになりました。米国以外にも、この変更に従う国や地域があります。このため、2007 年は、DST の開始が 3 月 11 日、終了が 11 月 4 日となり、DST の期間が以前よりも 4 週間長くなります。この記事では、この延長部分を拡大 DST 期間と呼びます。 

夏時間規則

1987 年~ 2006 年     4 月の第 1 日曜日の午前 2 時開始 (時計を 1 時間早める)、10 月の最終日曜日の午前 2 時終了 (時計を 1 時間遅らせる)。

2007 年以降     3 月の第 2 日曜日の午前 2 時開始 (年により以前と比べて 3 ~ 4 週間早い)、11 月の第 1 日曜日の午前 2 時終了 (以前と比べて 1 週間遅い)。

  • 2007 年は、米国およびカナダの DST 実施地域で、DST が 3 月 11 日から 11 月 4 日まで実施されます。

Microsoft Windows の更新プログラム

Windows Vista には、新しい DST の定義が組み込まれています。しかし、以前のバージョンの Microsoft Windows オペレーティング システムでは、標準時間終了の繰り上げに対応するための更新プログラムが必要です。この更新プログラムは、単一でさまざまな変更に対応しており、米国およびカナダ向けの変更も含まれています。この更新プログラムの対象製品は次のとおりです。

  • Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2)

  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2)

  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)

  • Windows Embedded for Point of Service

  • Windows Fundamentals for Legacy PCs

このタイム ゾーンの更新プログラムも含まれています変更や、DST の変更とタイム ゾーンの動作 2007年で開始する設定に関連するその他のか、これらのバージョンの Windows された最初のリリース後に発生します。Windows オペレーティング システムで DST の変更をサポートの詳細については、KB 933360: Microsoft Windows オペレーティング システムのタイム ゾーンの累積的な更新プログラムを 2007 年 8 月

ページの先頭へ

2007 年の DST 変更が Office ファイルに与える可能性のある影響

間もなく実施される DST の変更により、Word、Excel、PowerPoint、Project などの Microsoft Office プログラムにおいて、ファイル プロパティや変更箇所のタイム スタンプが影響を受ける可能性があります。

拡大 DST 期間または昨年以前の拡大 DST 期間に作成または変更された項目のうち、次の項目では、DST 期間の変更によって、そのタイム スタンプの時刻または日付が (午前 12 時から 1 時間以内に変更された場合に) 影響を受ける可能性があります。

タイム スタンプが付けられる項目

説明

ファイル プロパティの "更新日"

ドキュメントが最後に保存された日付と時刻

Word および Excel の変更箇所

変更が加えられた日付と時刻

PowerPoint の変更箇所

コメントが挿入された日付と時刻

時間関数

時間に基づいた関数 (Excel の TODAY() など)

ファイル プロパティの "作成日時" と "更新日時"

か、IT 管理者は、Windows のタイム ゾーンを適用した後に作成したファイルは、適切な日付が作成した表示とファイルのプロパティの [更新日時時刻を更新します。Windows エクスプ ローラーで、プロパティを表示するには、マイ ドキュメントなど、ドキュメントの場所に移動します。[ドキュメント] アイコンを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。Microsoft Update または Windows Update から更新プログラムを取得するサインアップした場合がありますが表示されている DST 更新プログラムが自動的にします。詳細については、 Microsoft Updateを参照してください。ただし、前の拡張 DST 期間 (2006 年 3 月 12 日と 2006 年 4 月 2 日間の例と同じに対する 2006 年 10 月 29 日と 2006 年 11 月 5 日の週) のタイムスタンプを持つドキュメントも 1 時間シフトします。

次の例では、夏時間を実施する米国のタイム ゾーンで 2006 年 3 月 20 日に作成され、午後 7 時 28 分に保存されたドキュメントのタイム スタンプに対する影響を示します (図 1 参照)。

Properties
図 1: Windows タイム ゾーンの更新プログラムが適用される前にします。

Windows の DST 2007 用更新プログラムを適用すると、昨年作成されたファイルの作成日時プロパティと更新日時プロパティには、誤ったタイム スタンプ (午後 8 時 28 分) が表示されます (図 2 参照)。

Properties
図 2: 後、Windows のタイム ゾーンの更新プログラムが適用されます。

Windows オペレーティング システムの DST 2007 用更新プログラムを適用した後に作成されたファイルでは、タイム スタンプが正確に表示されます。Windows のタイム ゾーン更新プログラムを適用しない場合、2007 年に作成されたドキュメントの更新日時プロパティは、新しい DST 期間に該当していても変更されず、誤った時刻 (午後 6 時 28 分) が表示されます。ただし、2006 年に作成されたドキュメントの表示時刻も変更されないため、この場合は正しいタイム スタンプ (午後 7 時 28 分) が表示されます。

3 月 20 日に作成された文書   

今年 (2007 年)

昨年 (2006 年)

DST 更新プログラムを適用した場合

正しい時刻 (午後 7 時 28 分)

誤った時刻 (午後 8 時 28 分)

DST 更新プログラムを適用しない場合

誤った時刻 (午後 6 時 28 分)

正しい時刻 (午後 7 時 28 分)

変更箇所と時間関数

Microsoft Office Word、Microsoft Office Excel、および Microsoft Office PowerPoint の変更箇所と挿入コメントのタイム スタンプは、Windows オペレーティング システムのシステム クロックを基準として記録されます。

  • カテゴリの表示の場合にシステム クロックを確認するには、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[日付、時刻、地域と言語のオプション] をクリックし、[日付と時刻] をクリックします。

  • クラシック表示の場合にシステム クロックを確認するには、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[日付と時刻] をクリックします。

これらの機能では、Windows のタイム ゾーン更新プログラムを適用すると、拡張 DST 期間に変更された項目のタイム スタンプに正しい時刻が表示されます。また、変更がさかのぼって加えられることはありません。このため、昨年以前の拡張 DST 期間のタイム スタンプも正確に表示されます。

Excel の TODAY() などの時間関数も、Windows オペレーティング システムのシステム クロックを基準としています。

関数

動作

Windows が更新された場合

Microsoft Office Word の変更箇所

各変更箇所のタイム スタンプに現在の日時が記録されます。

新しいコメントには、更新されたシステム時刻が正しく反映されます。以前のタイム スタンプがさかのぼって変更されることはありません。

Microsoft Office Excel の変更箇所

各変更箇所のタイム スタンプに現在の日時が記録されます。

新しいコメントには、更新されたシステム時刻が正しく反映されます。以前のタイム スタンプがさかのぼって変更されることはありません。

Excel の時間関数

TODAY() や NOW() などの関数では、Windows オペレーティング システムのシステム クロックを使用して現在の日時が決定されます。

システム クロックに変更が加えられると、それがタイム ゾーンに対する変更であるか、夏時間と標準時間の切り替えであるかにかかわらず、変更後に関数から返される値は、更新されたシステム クロックに基づいた値となります。

Microsoft Office PowerPoint の挿入コメント

PowerPoint には、Word にあるような完全な変更箇所機能は備わっていません。代わりに、挿入コメントに現在の日付が記録されます。

Word や Excel と同様に、新しいコメントには、更新されたシステム時刻が正しく反映されます。以前のタイム スタンプがさかのぼって変更されることはありません。

Microsoft Office Outlook の電子メール アイテム

すべての電子メール メッセージが送信者のシステム時計に基づく、送信された日付と時刻のスタンプされます。すべてのメッセージが受信者のシステム時計に基づいて、受信した日付と時刻のスタンプもされます。Outlook で会議や予定を影響する方法の詳細については、次を参照してください。 Microsoft サポート技術情報の記事 931667: Microsoft Office Outlook のタイム ゾーンのデータ更新ツールを使用した夏時間に対処します。

タイム スタンプが、送信者または受信者のコンピュータのシステム時刻に対する変更を反映して、さかのぼって更新されることはありません。

Microsoft Office Project のタスク

Project のタスクは、システム クロックと動的にリンクされていません。

プロジェクト スケジュールが、システム時刻の変更を反映して、さかのぼって更新されることはありません。

Project の時間関数

NOW() や HOUR() などの関数では、システム クロックを使用して現在の時刻が決定されます。システム クロックが変更されると、関数は更新された日時を基準とした値を返します。

システム クロックが変更が加えられると、それがタイム ゾーンに対する変更であるか、夏時間と標準時間の切り替えであるかにかかわらず、変更後に関数から返される値は、更新されたシステム クロックに基づいた値となります。タイム スタンプが、システム時刻の変更を反映して、さかのぼって更新されることはありません。

Project のスケジューラ サービスの事前通知

事前通知が送信される時刻は、システム クロックを基準としています。

システム クロックに変更が加えられると、それがタイム ゾーンに対する変更であるか、夏時間と標準時間の切り替えであるかにかかわらず、更新されたシステム クロックに基づいて事前通知が送信されます。

Project のプロジェクト作成日およびチェックアウトのタイム スタンプ

プロジェクトの作成時刻とチェックアウト時刻は、システム クロックを基準としています。

システム クロックに変更が加えられると、それがタイム ゾーンに対する変更であるか、夏時間と標準時間の切り替えであるかにかかわらず、更新されたシステム クロックの時刻が、作成時刻およびチェックアウト時刻のタイム スタンプに反映されます。タイム スタンプがさかのぼって更新されることはありません。

ページの先頭へ

よく寄せられる質問

DST 2007 for Windows オペレーティング システムの更新プログラムが適用された後、拡張 DST の期間内の前の年で作成または変更のドキュメントに時間が正しくプロパティが表示されますか。   

はい、2006 年以前の拡張 DST 期間については、Windows オペレーティング システムの DST 2007 更新プログラムを適用すると、ドキュメントの [プロパティ] に 1 時間遅れた時刻が表示されます。米国における以前の拡張 DST 期間 (2007 年より前) は、3 月の第 2 日曜日から 4 月の第 1 日曜日 (2006 年は 3 月 12 日から 4 月 2 日)、および 10 月の最終日曜日から 11 月の第 1 日曜日までの週 (2006 年は 10 月 29 日から 11 月 5 日) です。また、システム クロックを参照して動的に時刻を表示するプログラムでも、この期間のタイム スタンプとして誤った時刻が表示される可能性があります。詳細については、ソフトウェアの提供元に確認してください。

  • カテゴリの表示の場合にシステム クロックを確認するには、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[日付、時刻、地域と言語のオプション] をクリックし、[日付と時刻] をクリックします。

  • クラシック表示の場合にシステム クロックを確認するには、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[日付と時刻] をクリックします。

一部の時刻のスタンプと DST の移行の影響を受けるドキュメントのプロパティに表示されている時間の参照がなぜですか。   

タイム スタンプを扱うプログラムでは、通常、タイム スタンプを協定世界時 (UTC) で保存しています。UTC の利点は、普遍的で変化しないこと、つまり、現地のタイム ゾーンや夏時間 (DST) の影響を受けないことです。ただし、UTC で時刻を表示しても、ほとんどのユーザーにとっては意味のない形式になるため、コンピュータでは、ユーザーが指定したタイム ゾーン、およびコントロール パネルの [日付と時刻] 項目で DST が選択されているかどうかという 2 つの要素に基づいて、UTC が現地時刻に変換されます。DST の変更は、UTC で記録されたこれまでのタイム スタンプには影響しませんが、Windows オペレーティング システムや特定のプログラムによるタイム スタンプの解釈方法 (および表示方法) に影響を及ぼす可能性があります。

タイム ゾーンの Windows 更新プログラムを適用する必要がありますか。   

通常は、コンピュータ システムを更新して、新しい DST 規則を反映させることをお勧めします。つまり、多くの場合、自分または IT 管理者が、特定のマイクロソフト製品 (Windows オペレーティング システム、サーバー、アプリケーション、およびコンポーネントの各種リリースなど) にソフトウェア更新プログラムを適用することになります。

版はあります修正以前で作成したドキュメントのプロパティの変更日の時刻拡張 DST 期間が移動しないことですか。   

現在はありません。しかし、マイクロソフトはこの件に関する主な要件と開発に伴う影響を調査中です。

詳細については、夏時間のヘルプとサポート センターを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×