2007 のユーザー設定のフォーム ツールでレコードを検索する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このトピックでは、2007 のユーザー設定のフォーム ツールでアイテムを検索する方法について説明します。

検索します。

フォームを使用して検索

高度な検索

検索

[検索] を使用すると、現在のデータ ビューで、特定のテキストを含む次のアイテムまたは前のアイテムを検索できます。

  1. [ホーム] タブの [検索] をクリックし、[アイテム検索] をクリックします。

  2. [検索] ダイアログ ボックスで、検索するテキストを入力します。

  3. 大文字小文字の区別や語句の完全一致で検索を絞り込む場合は、オプションを選択します。

  4. [次を検索] または [前を検索] をクリックします。

指定したテキストを含む次のアイテムまたは前のアイテムが検索されます。検索テキストに一致するアイテムがない場合は、"この検索文字列に一致する文字列が見つかりません" というメッセージが表示されます。選択した検索方向に応じて、常に一覧の先頭または末尾から検索が実行されます。

ページの先頭へ

フォームを使用して検索

[フォームを使用して検索] では、フォームに入力したフィールド値と一致するすべてのアイテムを検索できます。

  1. [ホーム] タブの [検索] をクリックし、[フォームを使用して検索] をクリックします。

  2. 検索条件の指定に使用するフォームを一覧から選択します。

  3. 使用可能なフォーム フィールドで、検索文字列を選択または入力します。

    詳細

    値の選択または入力には、次の規則が適用されます。

    • 値を入力するフィールドでは、フィールド値の一部を使用して検索できます。たとえば、"Baker" という名前を含むすべてのアイテムを検索する場合は、検索条件として「Bak」と入力できます。

    • 検索では、大文字と小文字が区別されません。たとえば、検索条件として「Baker」と入力しても「baker」と入力しても同じです。

      また、検索フォームによっては、ユーザー設定ツールのビュー列で参照されるフィールドのみが表示されます。

  4. 指定した条件を検索で使用する方法のオプションを選択します。

    論理演算子 "OR" を使用して検索する場合は [上のフィールド値のいずれか] を選択し、論理演算子 "AND" を使用して検索する場合は [上のフィールド値すべて] を選択します。

  5. [検索] をクリックします。

    データ ビューには、指定した条件に一致するアイテムのみが表示されます。元のデータ ビューに戻すには、[検索結果のクリア] をクリックします。

    注: 別の検索を開始する前に、検索結果をクリアする必要があります。

ページの先頭へ

高度な検索

[高度な検索] では、1 つ以上の論理式と一致するすべてのアイテムを検索して一覧表示できます。

  1. [ホーム] タブの [検索] をクリックし、[高度な検索] をクリックします。

  2. 必要に応じて、フォームをオンまたはオフにします。

  3. 必要に応じて検索式を追加し、アイテムを含めるか除外します。

    検索式では、フィールドの値をテストし、式に指定された条件に一致するデータ ビューでアイテムを表示します。基本的な式または高度な式を追加することができます。

  4. [検索] をクリックします。

    データ ビューには、指定した条件に一致するアイテムのみが表示されます。元のデータ ビューに戻すには、[検索結果のクリア] をクリックします。

    注: 別の検索を開始する前に、検索結果をクリアする必要があります。

基本の検索式を追加する

基本の式を追加するには、次の操作を行います。

  1. 値をテストするフィールドを一覧から選択します。

    一覧のフィールドについては、次の注意事項があります。

    • 日時フィールドは、検索式ではサポートされていないため、フィールドの一覧に表示されません。

    • ユーザー設定ツールのデザインによっては、ツールのビュー列で参照されるフィールドのみがフィールドの一覧に表示されます。

  2. 演算子を一覧から選択します。

    一覧に表示される演算子は、フィールドの種類によって異なります。テキスト関連フィールドでは、"contains (含む)" や "starts-with (で始まる)" など、テキスト文字列を操作する演算子が表示され、数値関連フィールドでは、>、>=、<、<= などの比較演算子が表示されます。

  3. テキスト ボックスに、テストする値を入力します。

  4. [ [条件の追加] アイコン を] をクリックします。

次の例では、検索式により、"市区町村" フィールドの値が "世田谷" であるすべてのアイテムが一覧表示されます。

簡易検索式

複数の条件を含む基本の検索式を追加する

複数の条件のテストが必要になることもあります。この場合は、論理演算子を含む式を追加します。"すべて" の条件が満たされた場合 (論理演算子 AND) または "一部" の条件が満たされた場合 (論理演算子 OR) にのみ、アイテムを表示する式を作成できます。

  1. アイテムを検索する条件に応じて、[以下の条件すべてに一致 (論理 AND)] または [以下の条件のいずれかに一致 (論理 OR)] を選択します。

  2. 条件は 1 つずつ追加します。

次の例では、2 つの式が "論理 OR" オプションを選択して追加されています。検索結果には、"市区町村" フィールドの値が "世田谷" または "八王子" であるすべてのアイテムが表示されます。

論理演算子 OR を使った基本的な検索式

式の条件を更新する

条件を更新するには、次の操作を行います。

  1. 式が表示されているボックスで、更新する条件を選択します。

    条件の各部分が一覧と値のテキスト ボックスに表示されます。

  2. 条件の一部を変更します。

  3. [ [条件の更新] アイコン を] をクリックします。

式から条件を削除する

式の条件を削除し、式の表示] ボックスで [ [条件の削除] アイコン ] をクリックするには

詳細な式を追加する

詳細オプションのアイコン 検索式をさらに変更できるようにするオプションを表示する] をクリックします。結合する式を作成してや、論理演算子と 1 つの条件のセットをグループ。

式を変更するには、次の操作を行います。

  • 論理演算子を変更するには、条件を選択し、[AND] または [OR] をクリックします。

  • されるように、条件を結合するであると見なさ SHIFT 選択、式に全体のサイズに 条件組み合わせアイコン ] をクリックします。

    次の例では、AccountNumber フィールドおよび "市区町村" フィールドの条件を結合し、結合した条件ごとに値を個別に検証するように指定しています。ここでは、AccountNumber フィールドの値が 300 ~ 400 で "市区町村" フィールドの値が "世田谷" でも "八王子" でもないすべてのアイテムが選択されます。

    複雑な検索式の例

  • をクリックしてを [選択 shift キーを押し、結合された条件の結合解除する [条件の結合解除] アイコン

  • 式の [表示] ウィンドウで、条件を移動するには、 [上へ移動] アイコン または [下に移動] アイコン をクリックします。これは、機能は、条件をグループ化された条件のセットの一部を移動するときに便利です。

{UserName} 変数を含む式を追加する

{UserName} 変数を使用すると、現在のユーザーが作成したアイテムのみを検索できます。この変数は、必ず _CreatedByUrl フィールドと組み合わせて使用する必要があります。

  1. フィールドの一覧から [_CreatedByURL] を選択します。

  2. 変数として = を選択します。

  3. 値の一覧から {UserName} を選択します。

  4. [ [条件の追加] アイコン を] をクリックします。フィルター式は、フィルター式] ボックスに表示されます。

    {UserName} 式の例

  5. [検索] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×