2007 のユーザー設定のフォーム ツールでアイテムをインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

次の種類のファイルを使用して、2007 のユーザー設定のフォーム ツールにアイテムをインポートできます。

注: [ワークスペース] タブの [インポート] オプションが無効になっている場合は、ユーザー設定ツールではインポート機能がサポートされていないことを意味します。Microsoft InfoPath で作成されたユーザー設定ツールでは、アイテムのインポートがサポートされていません。ツールが Microsoft InfoPath を使用して作成されたかどうかを確認するには、[ワークスペース] タブをクリックして、[プロパティ] をクリックします。次に、[プロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブをクリックし、"説明" のテキストを確認します。

インポートされたアイテムを表示できるのは、ユーザー設定ツール アプリケーションに対応するフィールドとビュー列が含まれている場合のみです。たとえば、ユーザー設定ツール アプリケーションからエクスポートされた、"名前" フィールドと "アドレス" フィールドを含むファイルをインポートすると、インポート先のユーザー設定ツールにもこれらのフィールドが含まれている場合のみ、インポートしたアイテムがデータ ビューに表示されます。

選択したデータ ビューの並べ替えの種類が "標準" または "階層" である場合、インポートされたアイテムは、(現在の並べ替え順序に応じて) データ ビューの一番上または一番下に新しいアイテムとして表示されます。

選択したデータ ビューの並べ替えの種類が "グループ化" である場合、インポートされたアイテムは、カテゴリ別のグループ内に配置され、各グループ内で、そのビュー用に定義された並べ替え順序に従って並べ替えられます。

ページの先頭へ

フォーム バイナリ XML ファイルをインポートする

エクスポートされたファイルをバイナリ XML または XML (添付ファイルなし) としてインポートするには、次の操作を行います。

  1. [ワークスペース] タブをクリックし、[インポート] をクリックして、[フォーム バイナリ XML] をクリックします。

  2. ドロップダウン メニューからアイテムをインポートするために使用するフォームを選択します。

  3. インポートする XML ファイルを選択し、[開く] をクリックします。

ページの先頭へ

コンマ区切りの CSV ファイルをインポートする

エクスポートされたファイルをコンマ区切りの CSV ファイルとしてインポートするには、次の操作を行います。

  1. [ワークスペース] タブをクリックし、[インポート] をクリックして、[コンマ区切りファイル (CSV)] をクリックします。

  2. [インポート オプション] ダイアログ ボックスで次の操作を行い、[OK] をクリックします。

    • ドロップダウン リストからアイテムをインポートするために使用するフォームを選択します。

      .csv ファイルの列見出しとデータの種類に一致するフィールドとデータの種類を含むフォームを必ず選択してください。

    • Microsoft Excel で保存された .csv ファイルの場合は、[Microsoft Excel] チェック ボックスをオンにします。

    • ドロップダウン リストからインポートしている CSV ファイルの作成に使用された文字セットを選択します。

      CSV ファイルの保存に使用されたのと同じ文字セットを選択する必要があります。

    • インポートしている CSV ファイルが作成されたロケールをドロップダウン リストから選択します。

      CSV ファイルの保存に使用されたのと同じロケールを選択する必要があります。

  3. インポートする CSV ファイルを選択して、[開く] をクリックします。

ページの先頭へ

他のアプリケーションで作成され CSV として保存されたファイルのインポートについて

作成され、Microsoft Excel などの他のアプリケーションで CSV として保存されているファイルをインポートすることができます。ただし、留意その列の見出しの書式を設定する必要がありますユーザー設定ツールでフィールドの名前と一致して、フィールドの種類にします。

さらに、Microsoft Excel で保存された CSV ファイルのインポートについては、次の点に注意してください。

  • 数値フィールド (番号や通貨など) に値をインポートするための列見出しは、"Double" データ型を使用して修飾する必要があります。たとえば、次のように指定します。

    Cost:Double
    \3,595

  • テキスト フィールドに値をインポートするための列見出しは、必要に応じて、"String" データ型を使用して修飾できます。たとえば、次のように指定します。

    City:String
    Hoboken

  • 日付フィールドおよび日時フィールドに値をインポートするための列見出しは、"Date" データ型を使用して修飾する必要があります。たとえば、次のように指定します。

    Start_Date:Date
    2005 年 3 月 14 日

    また、Excel のデータ入力には MM/DD/YY という日付形式を使用する必要があり、ロケールが英語の場合は、日時の入力に 12 時間 (非軍事用) の時刻形式を使用する必要があります。

    3/14/05
    03/14/05
    2005/3/14
    2005 年 3 月 14 日
    2005/3/14/ 1:30 PM

    ロケールが英語以外の場合は、24 時間の時間形式を使用できます。

ページの先頭へ

CSV をインポートする場合のフィールド名の一致について

上記の説明のとおり、Excel (または別のソース アプリケーションで) 保存された CSV ファイルをユーザー設定ツールにインポートする場合、フィールド値を正常にインポートするには、.csv ファイルの列見出しが、ユーザー設定ツールの関連フィールドの名前と完全に一致している必要があります。

このような完全一致を実現するには、ユーザー設定ツールのフィールド名を正しく識別する方法を把握しておくこと、およびフィールド名が通常は関連フィールドのラベルとは異なることを覚えておくことが重要です。

ユーザー設定ツールのフィールド名の一覧は、アイテムのプロパティを表示して確認できます。

  1. 既存のアイテムを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

  2. [レコードのプロパティ] ダイアログ ボックスの [フィールド] タブをクリックします。

  3. フィールドの一覧を調べて、ビューの列見出しに対応するフィールド名を関連付けます。

次の例では、Booth#、Event Start、および Event End という列見出しがそれぞれ、Booth_35、Event_32Start、および Event_32End に対応しています。

[レコードのプロパティ] でフィールドを表示する

ページの先頭へ

さまざまなロケールにおける Excel CSV ファイルのインポートに関連した問題

英語 (米国) 以外のロケールでは、CSV として保存された Excel ファイルで、区切り記号にコンマ以外の文字が使用される場合があります。この手順で使用できるのはコンマ区切りの CSV ファイルのみのため、このようなファイルは、Groove フォーム ツールに正しくインポートされません。

CSV をインポートする際に問題が発生しており、ロケールの問題が発生しているかどうかがわからない場合は、ワードパットなどのテキスト エディターでエクスポートした CSV ファイルを開き、区切り記号をコンマに変更してみることができます。ファイルを更新する場合は、他の句読点を変更しないように注意してください。次の例では、日付の値に含まれるコンマを除くすべてのコンマはタブ区切り記号です。区切り記号を含む値は引用符で囲む必要がある点に注意してください。

テキスト エディターで開かれた CSV ファイル

2.5 フォーム ツールからアイテムをインポートする

Groove 2.5 を使用して作成された groove フォーム ツールは、このリリースではサポートされません。この Groove リリースで Groove 2.5 フォーム ツールを選択する場合は、ツールのデザインと新規のフォーム ツールにインポートするアイテムをエクスポートする求められます。詳しくは、 Groove 2.5 フォーム ツールから移行するを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×