2007 のユーザー設定のフォーム ツールからアイテムをエクスポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

2007 のユーザー設定のフォーム ツールから、構造化テキスト、タブ区切りテキスト、コンマ区切りテキスト、バイナリ XML、XML (添付ファイルなし)、または Microsoft Excel 2007 としてアイテムをエクスポートできます。アイテムのエクスポートについては、次のガイドラインを確認してください。

  • ツールのすべてのアイテムをエクスポートするか、現在のビューまたは検索結果に表示されているすべてのアイテムをエクスポートするかを選択できます。

  • ツールのすべてのアイテムをエクスポートする場合は、選択したビューにおける現在の並べ替え順序に関係なく、アイテムは作成された順にエクスポートされます。

  • 現在のビューのすべてのアイテムをエクスポートする場合、アイテムは、ビューの現在の並べ替え順序に従ってエクスポートされます。

  • 表形式テキスト オプションおよび構造化テキスト オプションの場合、エクスポートされるデータは、選択したビューに含まれる列によって異なります。たとえば、選択したビューに含まれる列が 2 列だけの場合、エクスポートされるデータには、その 2 列で参照されているフィールドの値だけが含まれます。

アイテムをエクスポートするには、次の操作を行います。

  1. [ワークスペース] タブの [エクスポート] をクリックし、使用するエクスポート形式をクリックします。

  2. アイテムのエクスポートに必要なオプションを選択し、[OK] をクリックします。

    詳細

    • 現在のビューに表示されているアイテムのみをエクスポートするか、ツールのすべてのアイテムをエクスポートするかを選択できます。

    • 使用する特定のフォームをドロップダウン メニューから選択できます。エクスポートしたデータでは、選択したフォームのフィールドのみが使用されます。

    • Microsoft Excel にエクスポートする際、選択したフォーム内のすべてのシステム フィールドを含める場合は、[システム フィールドを含める] チェック ボックスをオンにします。"作成者"、"更新者" などのフィールドに加え、管理目的で使用されるその他のシステム フィールドの長いリストが各フォームに含まれており、フォーム上では非表示になっています。ほとんどの場合、Excel ワークシートにエクスポートする際には、このようなフィールドを除外することをお勧めします。このオプションを使用できるのは、Excel にエクスポートする場合のみです。

  3. エクスポートしたファイルの配置場所を選択し、[保存] をクリックします。

次の表では、エクスポートしたアイテムのファイル形式について説明します。

ファイル形式

説明

バイナリ XML

XML (添付ファイルなし)

他の Groove 2007 フォーム ツールのみにインポートできるバイナリ XML をエクスポートします。

また、XML (without attachments) を選択すると、アイテムは読み取り可能な XML 形式でエクスポートされます。このエクスポート オプションは、エクスポートした XML ファイルをテキスト エディターで読めるようにする場合に最も便利です。

注: このエクスポート オプションは、添付ファイルを含んでいないアイテムで使用すると最も効果的です。アイテムに添付ファイルが含まれている場合、添付ファイルの内容はエクスポート時に削除されることがあります。

コンマ区切り

コンマ区切りの .CSV ファイルにアイテムをエクスポートします。この形式には、Microsoft Excel との互換性のために .CSV ファイルを作成するオプションが含まれています。別のアプリケーションにインポートされると、列の順序がビューの列の順序とは異なる場合があることに注意してください。

フォーム レコード

CSV ファイル経由で Excel インポートされたレコード

1. ユーザー設定ツールのアイテム

2. ワークシートに表示されていないシステム フィールドの列と共に Excel にインポートされたアイテム

Excel

Microsoft Excel を起動し、エクスポートしたアイテムを新しい Excel ワークシートに表示します。

注: この機能を使用するには、Microsoft Office Excel 2007 (以降) をインストールしておく必要があります。

表形式テキスト

タブ区切りテキスト ファイルとしてアイテムをエクスポートします。機能は、タブ区切り記号を除く、コンマ区切りのエクスポートとほぼ同じです。

フォーム レコード

表形式テキストとしてエクスポートして Excel にインポートしたレコード

1. フォーム ツールまたは InfoPath フォーム ツールのアイテム

2. Excel にインポートされたアイテム

構造化テキスト

フィールド区切りの構造化テキスト ファイルとしてアイテムをエクスポートします。

フォーム レコード

構造化テキストとしてエクスポートされ、テキスト エディターに表示されたレコード

1. フォーム ツールまたは InfoPath フォーム ツールのアイテム

2. テキスト エディターにインポートされたアイテム

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×