2 つの Office 365 アカウント間でデータを手動で転送する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

腕まくりをして、予定表からかなり多くの時間を締め出す準備をしましょう。2 つの Office 365 アカウント間でデータを転送するのは、手作業の、複雑で時間のかかるプロセスです。これは、自動化されている、またはサポートされているプロセスではありません。ここではその概要について説明します。

注意:  プロセスの間にはダウンタイムが発生し、メール、Lync、Office 365 でホストされているパブリック Web サイトが動かなくなります。ユーザーには新しいユーザー名とパスワードが提供され、ユーザーは Outlook を再設定する必要があります。

次のいずれかが当てはまる場合は、この記事の手順を使用して手動でデータを転送するしかありません。

  • 異なるサービス ファミリのプランに変更する必要がある場合。

  • 会社名が変更され、新しいサブスクリプションを作成し、別の初期ドメイン名を使用するために、データを移行することにします。

  • 複数のサブスクリプションを 1 つの新しいサブスクリプションにまとめる必要がある場合。

重要: サブスクリプション プランを変更する必要があり、プラン切り替えウィザードを使用できる場合、またはプラン切り替えウィザードを使用できない場合でも同じサブスクリプション ファミリの新しいサブスクリプション プランに転送する必要がある場合は、手動でデータを転送する必要はないため、ダウンタイムは発生しません。

タスク

手順

新たに希望するプランを購入します。

サインアップするときは、初期ドメイン名 (yourcompany.onmicrosoft.comyourcompany-public.sharepoint.comyourcompany.sharepoint.com) で使用する会社名を指定します。既存のサブスクリプションとは異なる yourcompany 名を使用する必要があります。

注:  通常、yourcompany を使用する初期ドメイン名をシステムから解放するには、サブスクリプションを取り消してから数か月以上かかります。古い Office 365 サブスクリプションのデータをすべて保存し、そのサブスクリプションを取り消す場合であっても、古い yourcompany の値を新しいサブスクリプションですぐに使用することはできません。

カスタム ドメインを古い Office 365 サブスクリプションから削除します。

  1. ドメインを削除する前に必要な手順に従って、ユーザーのメール アドレスからドメイン名を削除し、メールの DNS レコードとカスタム ドメインの Lync を削除します。Office 365 でパブリック Web サイトをホストしている場合は、そのサイトを指し示している CNAME レコードを削除する必要もあります。

    重要:  このカスタム ドメインにメールをルーティングする MX レコードを削除すると、新しいアカウントにドメインを追加し、新しい MX レコードをセットアップして、ユーザーを設定するまで、メールは機能しなくなります。Lync の DNS レコードを削除すると、Lync は動作を停止します。また、パブリック Web サイトを指し示している CNAME レコードを削除した後は、Web サイトは使用できなくなります。

  2. ドメインを削除します

新しいサブスクリプションのカスタム ドメインをセットアップして、ユーザーを設定します。

  1. カスタム ドメインに必要な DNS レコードの作成など、新しいサブスクリプションをセットアップします。

  2. カスタム ドメインでのメール アドレスを指定して、ユーザーを作成します。

古いサブスクリプションから新しいサブスクリプションにデータを転送します。

  1. 別のブラウザー ウィンドウで両方のアカウントにサインインします。

  2. Internet Explorer のアイコンを右クリックし、InPrivate ブラウザー ウィンドウを 2 つ開きます。2 つのウィンドウで異なる資格情報を使用して、両方のアカウントにサインインできます。

  3. 転送の管理設定

  4. チーム サイトのデータを転送します

  5. パブリック Web サイトを転送します

  6. ユーザーのデータを転送します

Office 365 の Microsoft サポートに連絡して、使用しなくなったプランのサブスクリプションを取り消します。

  1. 新しいサブスクリプションが動作していて、すべてのデータが転送されたことを確認します。

  2. [管理者]、[サポート]、[カスタマー サポートを依頼する]、[請求とサブスクリプションのサポートに電話をする] の順に移動し、国または地域を選んで電話番号を検索します。

  3. 古いサブスクリプションを取り消します。

サブスクリプション間で管理の設定を転送する

各アカウントで次のページに移動し、古いアカウントの設定に基づいて新しいアカウントを設定します。

Office 365 から Office 365 Midsize Business または Office 365 Enterprise にデータを転送する場合は、管理ページの構造が異なります。「ビデオ:あらゆる規模の法人向けプランの Office 365 管理センター」を見てから、次の場所で管理の設定をご確認ください。

Office 365 Enterprise および Office 365 Midsize Business の場合:

場所

目的

[管理者] > [Office 365] > [サービス設定]

メール、サイト、Lync、ユーザー ソフトウェア、パスワード、コミュニティ、Rights Management、モバイルの設定に関する各タブをクリックします。

[管理者] > [Exchange]

Exchange Online の設定

[管理者] > [SharePoint]

SharePoint Online の設定

[管理者] > [Lync]

Lync のその他の設定

Office 365 Small Business の場合

場所

目的

[管理者] > [組織全体の設定を管理]

管理の設定

サブスクリプション間でパブリック Web サイトを転送する

Office 365 でパブリック Web サイトをホストしている場合、保存し、新しいサブスクリプションで作成しなおす必要があります。

注:  パブリック Web サイトが DNS ホスティング プロバイダーでホストされている場合は、変更する必要はありません。移行による影響はありません。

ファイル共有またはローカル コンピューターにSharePoint Online環境からドキュメント ライブラリまたはリストのコンテンツを保存、 SharePoint Online コンテンツの手動移行を参照してください。

注:  パブリック サイト移行アプリでは、データを別のサブスクリプションに転送できません。

チーム サイトの構造とデータを転送する

チーム サイトのデータを保存または転送するには複数の方法があります。

  • 古いサイトをテンプレートとして保存し、新しいサイトにテンプレートをインポートできます。

  • ドキュメントを転送するには、最初に手動で再作成、新しいサイトで、階層します。[できます同時に両方の SharePoint チーム サイトを開く、Windows エクスプ ローラーの両方のドキュメント ライブラリを開くとコピーして貼り付けるドキュメント。表示ビデオ: コピー エクスプ ローラーで開く] を使用してライブラリ ファイルを移動またはします。

  • リストのデータを転送するには、リスト テンプレートを保存し、[保存されたテンプレートを使用して、新しいサイトのリストを再作成します。

  • ファイル共有またはローカル コンピューターに、 SharePoint Online環境 (OneDrive for Businessまたはチーム サイト) からドキュメント ライブラリまたはリストのコンテンツを保存、 SharePoint Online コンテンツの手動移行に関する情報を参照してください。

サブスクリプション間でユーザーのデータを転送する

メール:

新しいサブスクリプションをセットアップした後に、メール、連絡先、タスク、および予定表の情報を移動するにユーザーを問い合わせてください。Sue@contoso.onmicrosoft.comなど、最初のユーザー名を使用して、過去のメールを受けることができます。

SkyDrive Pro データ:

自分のコンピューターに SkyDrive Pro コンテンツを同期した後、新しいサブスクリプションに追加して戻すよう、ユーザーに依頼します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×