2 つの時刻間の差分を計算する

2 つの時刻間の差分を計算する

従業員が製造ラインでの操作に要する時間や、ファースト フードでピーク時の注文の処理に要する時間を求めたい場合があります。2 つの時刻間の差分を計算する方法はいくつかあります。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

計算結果を標準の時刻形式で表示する

単一の時間単位に基づいて結果を表示する

計算結果を標準の時刻形式で表示する

計算結果を標準の時刻形式 (時: 分: 秒) で表示するには 2 つの方法があります。減算演算子 (-) を使用して時刻の差を求めた後に、次のいずれかを行います。

  • 次の手順に従って、ユーザー定義の表示形式コードをセルに適用します。

    1. セルを選びます。

    2. [ホーム] タブの [数値] で、[標準] ボックスの横にある下向き矢印をクリックし、[その他の表示形式] をクリックします。

    3. [セルの書式設定] ダイアログ ボックスで、[分類] ボックスの一覧の [ユーザー定義] をクリックし、[種類] ボックスの一覧でユーザー定義の表示形式を選択します。

  • TEXT 関数を使用して時刻の表示形式を設定します。

表示形式のコードを使用して時刻を表す場合、時間、分、秒の最大値はそれぞれ 23、59、59 になります。

[例]

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. この記事の使用例を選択します。

    重要: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    Excel 2013 for Windows でヘルプから例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  2. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  3. Excel で、空白のブックまたはワークシートを作成します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

    重要: 使用例が正常に動作するためには、ワークシートのセル A1 に貼り付ける必要があります。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、[数式] タブの [ワークシート分析] で [数式を表示] をクリックします。

使用例は、空白のワークシートにコピーした後、ニーズに合わせて変更できます。

1

2

3


4


5


6

7.


3.6


9

A

b

[開始時刻]

[終了時刻]

2007/6/9 10:35 AM

2007/6/9 3:30 PM

説明 (結果)

=B2-A2

2 つの時刻間の時間数を求めます (4)。カスタム書式 "h" を手動でセルに適用する必要があります。

=B2-A2

2 つの時刻間の時間と分数を求めます (4:55)。カスタム書式 "h:mm" を手動でセルに適用する必要があります。

=B2-A2

2 つの時刻の時間、分、および秒の差を求めます (4:55:00)。ユーザー定義の "h:mm:ss" という表示形式をセルに手動で適用する必要があります。

=TEXT(B2-A2,"h")

TEXT 関数を使用して、セルの表示形式を "h" に設定することで、2 つの時刻間の時間数を求めます (4)。

=TEXT(B2-A2,"h:mm")

TEXT 関数を使用して、セルの表示形式を "h:mm" に設定することで、2 つの時刻間の時間と分数を求めます (4:55)。

=TEXT(B2-A2,"h:mm:ss")

TEXT 関数を使用して、セルの表示形式を "h:mm:ss" に設定することで、2 つの時刻間の時間、分、秒数を求めます (4:55:00)。

注: TEXT 関数で表示を設定しているセルに表示形式を適用した場合、セルの表示形式の設定よりも TEXT 関数が優先されます。

これらの関数の使用方法の詳細については、「TEXT 関数」および「数値を日付や時刻として表示する」を参照してください。

ページの先頭へ

単一の時間単位に基づいて結果を表示する

この処理を実行するには、次の例に示すように、INT 関数を使用するか、HOUR、MINUTE、および SECOND の各関数を使用します。

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. この記事の使用例を選択します。

    重要: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    Excel 2013 for Windows でヘルプから例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  2. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  3. Excel で、空白のブックまたはワークシートを作成します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

    重要: 使用例が正常に動作するためには、ワークシートのセル A1 に貼り付ける必要があります。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、[数式] タブの [ワークシート分析] で [数式を表示] をクリックします。

使用例は、空白のワークシートにコピーした後、ニーズに合わせて変更できます。

1

2

3


4


5


6

7.


3.6


9

A

b

[開始時刻]

[終了時刻]

2007/6/9 10:35 AM

2007/6/9 3:30 PM

説明 (結果)

=INT((B2-A2)*24)

2 つの時刻間の総時間数を求めます (4)

=(B2-A2)*1440

2 つの時刻間の総分数を求めます (295)

=(B2-A2)*86400

2 つの時刻間の総秒数を求めます (17700)

=HOUR(B2-A2)

2 つの時刻の差から時間の部分を取り出します。この値は、24 を超えることはできません (4)。

=MINUTE(B2-A2)

2 つの時刻の差から分の部分を取り出します。この値は、60 を超えることはできません (55)。

=SECOND(B2-A2)

2 つの時刻の差から秒の部分を取り出します。この値は、60 を超えることはできません (0)。

これらの関数の使用方法の詳細については、「INT 関数」、「HOUR 関数」、「MINUTE 関数」、および「SECOND 関数」を参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×