2 つの日付間の日数を計算する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Access のフォームで [期限] フィールドがあるとしますが、その期限日までの日数を示す必要があるとします。 これをすばやく実行するには、新しいテキストボックスをフォームに追加し、そのテキストボックスのDateDiff 関数を使用して計算を実行します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームを右クリックし、[レイアウト ビュー] をクリックします。

  2. [デザイン] > [テキスト ボックス] をクリックし、Ctrl キーを押したまま、テキスト ボックスを配置するレイアウトをクリックします。

  3. 新しいテキスト ボックスをクリックし、プロパティ シートがまだ表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。

  4. プロパティ シートの [データ] タブで、"コントロール ソース" プロパティのボックスに次のように入力します。

    =DateDiff("d",Date(),[DueDate])

    フォームは次のようになります。

    テキストボックスの "コントロールソース" プロパティに DateDiff 関数を入力します。

この例の式では、期限日から今日の日付 (Date()) が減算されます。 "d"は、(年数、月数などではなく) 日数を計算するために Access によって指定されます。 テキスト ボックスの名前が DueDate ではない場合は、関数の引数に実際のテキスト ボックス名を入力します。

追加情報

式の詳細については、「式を作成する」を参照して、Access の式に関数を追加する方法を参照してください。

フォームの詳細については、「 Access でフォームを作成する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×