2 つのデータ ビューを接続する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office SharePoint Designer 2007 では、データ ソースやデータ ビューを大量に使用するアプリケーションを構築する機会が多くなるでしょう。ビューまたはフォームとして挿入されているデータ ビューを接続すると、ビューの間に接続が作成され、一方のデータ ビューでアクションを実行したときに他方のデータ ビューの内容が変更されるようになります。データ ビューの接続は、サイトまたはアプリケーションに対話機能を追加するための、簡単でありながらも強力な方法です。

注: データ ビューは一種の Web パーツなので、このトピックに示されている概念および手順は、接続が可能な任意の 2 つの Web パーツにも同様に適用できます。

ここでは、2 つのデータ ビューを作成する方法と、Web パーツ接続ウィザードを使用して 2 つのデータ ビューを接続する方法について説明します。

データ ビューの詳細については、データ ビューを作成するを参照してください。

この記事の内容

Web パーツを接続なぜですか。

Products.xml を使用して、最初のデータ ビューを作成します。

サンプル データ ソースとして XML ファイルを作成します。

Suppliers.xml を使用してデータ ビューを作成します。

Web パーツに接続します。

Web パーツ接続をテストします。

Web パーツの接続を削除します。

Web パーツを接続する理由

2 つの Web パーツを接続することで、Web パーツ間でデータを受け渡してその動作を同期化することができます。 たとえば、社員の一覧を表示するリスト ビュー Web パーツをイメージ Web パーツに接続できます。2 つの Web パーツをリンクした後、リスト ビュー Web パーツ内で社員の名前をクリックすると、選択されている社員の画像がイメージ Web パーツに表示されます。

単純な Web パーツ接続は、ブラウザ内での操作をとおして確立できます。たとえば、1 つの Web パーツを同じ Web パーツ ページにある別の Web パーツに接続できます。この接続機能は、Office SharePoint Designer 2007 を使用することで拡張できます。たとえば、フォーム Web パーツを使用して別の Web パーツ内のデータにフィルタを適用したり、同じ最上位レベル Web サイトにある 2 つの別個の Web パーツ ページの間で接続を確立したりできます。どちらの操作を行うにも Office SharePoint Designer 2007 が必要であり、ブラウザ内でこれらの操作を行うことはできません。

ページの先頭へ

Products.xml を使用して 1 つ目のデータ ビューを作成する

高級食品流通企業の Northwind Traders 社では、Products.xml という名前の .xml ファイルを使用して在庫を追跡し、このファイルのデータをデータ ビューに表示しています。このデータ ビューはフォームとして挿入されていて、ブラウザ内で変更内容を Products.xml に保存することで在庫を更新できるようになっています。在庫が少なくなると、チーム メンバは、その製品の仕入先に電話を掛けて注文をし、データ ビューを使用して在庫を更新します。チーム メンバは、発注の都度、仕入先の連絡先情報を参照する必要があります。

そこで、あなたは、仕入先の連絡先情報を表示する 2 つ目のデータ ビューを挿入し、2 つの Web パーツの間に接続を作成することを提案します。これにより、チーム メンバが発注を行うときに、1 つのハイパーリンクをクリックするだけで、各製品の在庫データと仕入先の連絡先情報の両方が表示されるようになります。

次の手順では、2 つの .xml ファイル、データ ソースとして使用して、これらのデータ ソースのデータ ビューを作成する必要があります。例をフォローするには、次のデータ ビューをフォームとして挿入記事の手順に従って、Products.xml から最初のデータ ビューを作成します。Suppliers.xml から 2 番目のデータ ビューを作成するのには、この記事に戻ります。

ページの先頭へ

サンプル データ ソースとなる xml ファイルを作成する

Northwind Traders 社では、Suppliers.xml という名前の .xml ファイルに仕入先の連絡先情報を記録しています。

Suppliers.xml を作成する

  1. [ファイル] メニューの [サイトを開く] をクリックします。

  2. [サイトを開く] ダイアログ ボックスで、サイトを参照して選択し、[開く] をクリックします。

  3. 入力を求められたら、[接続先] ダイアログ ボックスでユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

  4. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックします。

  5. [新規作成] ダイアログ ボックスで、[テキスト ファイル] をダブルクリックします。

    サイトで新しいテキスト ファイルが開きます。

  6. 次のコードを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押して、これをコピーします。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <SuppliersRoot>
    <Suppliers>
    <SupplierID>1</SupplierID>
    <CompanyName>Exotic Liquids</CompanyName>
    <ContactName>Charlotte Cooper</ContactName>
    <ContactTitle>Purchasing Manager</ContactTitle>
    <Address>49 Gilbert St.</Address>
    <City>London</City>
    <PostalCode>EC1 4SD</PostalCode>
    <Country>UK</Country>
    <Phone>(171) 555-2222</Phone>
    </Suppliers>
    <Suppliers>
    <SupplierID>2</SupplierID>
    <CompanyName>New Orleans Cajun Delights</CompanyName>
    <ContactName>Shelley Burke</ContactName>
    <ContactTitle>Order Administrator</ContactTitle>
    <Address>P.O. Box 78934</Address>
    <City>New Orleans</City>
    <Region>LA</Region>
    <PostalCode>70117</PostalCode>
    <Country>USA</Country>
    <Phone>(100) 555-4822</Phone>
    <HomePage>#CAJUN.HTM#</HomePage>
    </Suppliers>
    </SuppliersRoot>
  7. Office SharePoint Designer 2007 で、ページの先頭にカーソルを置き、Ctrl キーを押しながら V キーを押して、コピーしたコードをこのページに貼り付けます。

  8. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  9. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスのファイル名] ボックスに、 suppliers.xmlを入力します。

  10. [ファイルの種類] ボックスの一覧で [XML] をクリックし、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

Suppliers.xml を使用してデータ ビューを作成する

  1. データ ビューをフォームとして挿入記事で作成した最初のデータ ビューを含むページを開きます。

    両方のデータ ビューを必ずしも同じページに配置する必要はありませんが、このケースでは、製品をクリックしたときに仕入先の連絡先情報も同時に表示されるようにします。

    選択されたデータがフォームとして表示される

  2. 1 つ目のデータ ビューを選択し、→キーを 2 回押してカーソルをデータ ビューの下に移動します。

  3. [データ ビュー] メニューの [データ ビューの挿入] をクリックします。

    1 つ目のデータ ビューの下に空のデータ ビューが表示され、[データ ソース ライブラリ] 作業ウィンドウが開きます。

    空のデータ ビュー

  4. [データ ソース ライブラリ] 作業ウィンドウで、データ ソースを検索してこれをクリックし、[データの表示] をクリックします。

    この例では、[XML ファイル] の [Suppliers.xml] をクリックし、[データの表示] をクリックします。[XML ファイル] が折りたたまれている場合は、正符号 (+) をクリックして、これを展開します。

  5. [データ ソースの詳細] 作業ウィンドウで、データ ビューに挿入するフィールドをクリックします。

    ヒント: 複数のフィールドを選択するには、Ctrl キーを押しながらフィールドをクリックします。

    この例では、[SuppliersRoot] フォルダの [Suppliers] の [CompanyName] をクリックします。Ctrl キーを押しながら、[ContactName]、[Country]、および [Phone] をクリックします。

  6. [選択したフィールドの挿入] をクリックし、[単一アイテム ビュー] をクリックして、選択したデータをデータ ビューに挿入します。

    ここでは、一度に 1 つの仕入先連絡先情報を表示するので、データ ビューに項目を 1 つだけ表示することを選択しています。

    [データ ソースの詳細] 作業ウィンドウで選択したフィールドが、1 つ目のデータ ビューの下の 2 つ目のデータ ビューに表示されます。

    Products データ ビューの下に表示された Suppliers データ ビュー
    データ ビューの Products.xml 下をデータ ビューの Suppliers.xml (赤で説明している) が表示されます。

ページの先頭へ

Web パーツを接続する

Suppliers.xml と Products.xml は、SupplierID という共通フィールドで関連付けられています。Web パーツ接続ウィザードを使用して Products.xml の SupplierID フィールドを Suppliers.xml の SupplierID フィールドにリンクすることで、2 つの Web パーツを接続します。

2 つのデータ ビューを作成した後は、Products.xml のデータ ビュー内で各製品の横に表示され、Suppliers.xml のデータ ビューへのハイパーリンクとなるテキストを追加します。1 つ目のデータ ビュー内で製品のハイパーリンクをクリックすると、その製品の仕入先の連絡先情報が 2 つ目のデータ ビューに表示されるようにします。

Products.xml のデータ ビューをソース Web パーツとして使用し、Suppliers.xml のデータ ビューをターゲット Web パーツとして使用します。ここではフォームとして挿入されているデータ ビューを操作しているため、フォーム フィールドの外部にテキスト ハイパーリンクを作成する必要があります。テキストを入力したら、テキストを選択し、Web パーツ接続ウィザードを使用して、Suppliers.xml のデータ ビューにリンクされたハイパーリンクを Products.xml 内に作成します。

  1. Products.xml から作成されたデータ ビューでは、[製品名を含むテキスト ボックスの右側にカーソルを置きます、SPACE キーを押して、順序を入力し、します。データ ビューでは、XSLT 書式を使用するため、「注文」テキストは、リスト内のすべての製品フィールドに追加されます。

    リストのすべての製品の ProductName 列に order と表示される

  2. データ ビューで、テキスト "order" を選択してから右クリックし、ショートカット メニューの [Web パーツの接続] をクリックします。

    Web パーツ接続ウィザードが開きます。

  3. [この接続で使用するソース Web パーツのアクションを選択してください] ボックスの一覧で、[データ行を送信する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    Web パーツ接続ウィザードのページ

  4. [接続する Web パーツを含むページを選択してください] セクションで、[このページの Web パーツに接続する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    Web パーツ接続ウィザードのページ

  5. [ターゲット Web パーツ] ボックスの一覧で、[suppliers.xml] をクリックします。

  6. ここでは 1 つ目のデータ ビュー内の特定の製品の SupplierID に一致する Suppliers.xml 内のデータをフィルタで抽出したいので、[ターゲット アクション] ボックスの一覧で、[フィルタの値を取得する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    Web パーツ接続ウィザードのページ

  7. [Suppliers.xml への入力] 列を下にスクロールして [SupplierID] を表示します。一覧内の [SupplierID] の左側の [Products.xml の列] 列で、セルをクリックします。次に矢印をクリックし、一覧内の [SupplierID] をクリックします。[次へ] をクリックします。

    Web パーツ接続ウィザードのページ

  8. [ハイパーリンクの作成先] ボックスの一覧で、[[ 現在の選択範囲 ]] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    Web パーツ接続ウィザードのページ

  9. [完了] をクリックします。

  10. [ファイル] メニューの [保存] をクリックします。または、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。

これで、テキスト "order" にハイパーリンクが設定され、Web パーツ接続が構成されました。

ページの先頭へ

Web パーツの接続をテストする

Web パーツ接続が構成されたので、ブラウザでページをプレビュー表示して接続をテストしましょう。

  • ブラウザでファイルをプレビュー表示するために、[共通] ツールバーの [プレビュー] をクリックするか、または F12 キーを押します。

両方の Web パーツがブラウザのページに表示されます。特定の製品の仕入先を表示するには、1 つ目のデータ ビューで、ProductName 列の目的の製品の横に表示されている [order] ハイパーリンクをクリックします。下にある 2 つ目のデータ ビューに、仕入先の連絡先情報が表示されます。

1 つのページに表示された 2 つの接続されたデータ ビュー

注: Exotic Liquids 社は、Chai、Chang、および Aniseed Syrup の仕入先です。New Orleans Cajun Delights 社は、Chef Anton's Cajun Seasoning および Chef Anton's Gumbo Mix の仕入先です。

ページの先頭へ

Web パーツの接続を削除する

パーツの接続を削除して、2 つの Web パーツのリンクを解除することができます。Web パーツを接続するとそれぞれの Web パーツにその接続がリストされるので、ソースまたはターゲットの Web パーツを操作して接続を削除できます。ソース Web パーツから接続を削除すると、ターゲット Web パーツからも接続が削除されます。

  1. どちらかのデータ ビューを右クリックし、ショートカット メニューの [Web パーツの接続] をクリックします。

  2. [Web パーツの接続] ダイアログ ボックスで、削除する接続をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×