1 回だけのタスクと定期タスクを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Project 2010に分割プロジェクト作業を解除するタスクを作成できます。一部のプロジェクト マネージャーは、タスク「アクティビティ」や「パッケージを操作する」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

新しいタスクを作成します。

複数のタスクを作成します。

定期的なタスクを作成します。

タスクを操作するためのヒントを学習します。

新しいタスクを作成する

タスクをタスク リストに追加する

  1. [表示] タブの [タスク ビュー] で、[ガント チャート] をクリックします。

    タスク表示領域の画像。

  2. 空白の [タスク名] フィールドにタスクの名前を入力し、Enter キーを押します。

既存のタスクの間にタスクを挿入する

  1. [行の下にある新しいタスクを表示する場所を選択します。

  2. [タスク] タブの [挿入] で、[タスク] ボタンの上部をクリックします。

    タスク挿入領域の画像。

  3. 挿入した行にタスク名を入力します。タスク ID は、タスクを挿入すると自動的に再割り当てされます。

[ネットワーク ダイアグラム] ビューでタスクを追加する

  1. [ネットワーク ダイアグラム] ビューに切り替えるには、[表示] タブの [タスク ビュー] で [ネットワーク ダイアグラム] をクリックします。

    [ネットワーク ダイアグラム] ボタン。

  2. [タスク] タブの [挿入] で、[タスク] ボタンの上部をクリックします。

    タスク挿入領域の画像。

  3. 新しいタスク ボックスにタスク名を入力します。

タスクを入力しながらそのタスクにアウトラインを使用してスケジュールを設定することも、タスクをすべて入力してからアウトラインを使用してスケジュールを設定することもできます。タスクにアウトラインを設定すると、プロジェクトの構成が簡略化され、プロジェクトの作成、管理、および維持が容易になります。

ページの先頭へ

複数のタスクを作成する

リソースの割り当てとタスクの依存関係いくつかのタスクを同時に追加する場合は、タスク フォーム] ビューを使用して、プロジェクトにこの情報を入力すると便利なポイントがあります。

  1. [表示] タブの [タスク ビュー] で、[ガント チャート] をクリックします。

    タスク表示領域の画像。

  2. [表示] タブの [分割ビュー] で [詳細] をクリックします。

    [分割ビュー] の領域の画像。

    ウィンドウが分割され、上の領域に [ガント チャート] ビューが、下の領域に [タスク フォーム] ビューが表示されます。分割ビューを表示している間は、タイムラインを表示できません。

  3. [ガント チャート] ビュー (上) で、タスク リストの末尾に表示された最初の空行をクリックします。

  4. [タスク フォーム] ビュー (下) で、新しいタスクについての情報を入力します。

    • [名前] ボックスに、新しいタスクの名前を入力します。

    • [期間] ボックスに、タスクの期間を入力します。

    • 割り当てるリソースの数に関係なくタスク期間を固定しておく場合は、[残存作業の優先] チェック ボックスをオンにします。

    • フォーム内の列に、割り当てるリソースや先行タスクなど、タスクに関する詳細情報を入力します。

  5. [OK] をクリックして新しいタスクを保存し、[次へ] をクリックして [ガント チャート] ビューの次の行に移動します。

注: [タスク フォーム] ビューを使用してプロジェクトにサブタスクを入力することはできません。サブタスクを作成するには、[ガント チャート] ビューでタスクのレベルを変更します。

ページの先頭へ

定期タスクを作成する

タスクは、指定した間隔でだけ繰り返して表示します] を定期タスクように入力します。指定した間隔では繰り返されず場合、は、it 部門が発生するたびに定期的なタスクと入力します。

  1. [表示] タブの [タスク ビュー] で、[ガント チャート] をクリックします。

    タスク表示領域の画像。

  2. 定期タスクを表示する位置の下の行を選択します。

  3. [タスク] タブの [挿入] で、[タスク] ボタンの下部をクリックし、[定期タスク] をクリックします。

    [タスクの挿入] メニューの画像。

  4. [タスク名] ボックスに、タスクの名前を入力します。

  5. [期間] ボックスに、定期タスクが発生する間隔を入力します。

  6. [定期的パターン] で、[]、[]、[]、[] のいずれかをクリックします。

  7. タスクを実行する曜日の横にあるチェック ボックスをオンにします。

  8. [開始日] ボックスに開始日を入力し、次のいずれかの操作を行います。

    • [反復回数] をクリックし、タスクを実行する回数を入力します。

    • [終了日] をクリックし、定期タスクの終了日を入力します。

      注: [開始日] ボックスに日付を入力しなかった場合は、プロジェクトの開始日が使用されます。

  9. [このタスクのカレンダー] の [カレンダー] ボックスの一覧で、タスクに適用するリソース カレンダーをクリックします。カレンダーを適用しない場合は、[なし] をクリックします。

    ヒント: カレンダーは適用するが、タスクのスケジュールには関連付けないようにする場合は、[リソース カレンダーを無視してスケジュール作成] チェック ボックスをオンにします。

定期タスクを挿入すると、タスク Id が自動的に番号が付け直さし、インジケーター インジケーターの列見出し 列に定期的なタスクを示すマーク 定期タスク マーク が表示されます。

[リソース名] フィールドにリソース名を入力してリソースを割り当てると、発生する個々の定期タスクではなく、定期タスクの作業全体にリソースが割り当てられます。

ページの先頭へ

タスクの処理に関するヒント

タスクを効率的に定義するには、次の手順を参考にしてください。

  • タスクを、進捗管理が必要なレベルまで分割します。リスクの大きいタスクほど、細かく分割するようにします。

  • タスクの終了条件は、明確に設定します。

  • タスクの期間は、プロジェクト全体の期間を考慮しながら相対的に短く設定します。タスク期間が短いほど、時間やリソースの見積もりが簡単になります。

  • 休暇やタスクとしてトレーニングなどを定義しないようにします。代わりに、(管理者) の非稼働時間を考慮するリソースの予定表を設定することができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×