1 つの SharePoint 予定表で複数の Exchange 予定表と SharePoint 予定表を操作する

1 つの SharePoint 予定表で複数の Exchange 予定表と SharePoint 予定表を操作する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

サイトでSharePointの予定表を使用している場合は、独自のExchange予定表をその上にオーバーレイして、予定表ビューを作成することができます。または、両方のSharePoint予定表が同じサイトコレクション内にある限り、別のSharePoint予定表をオーバーレイすることもできます。すべてで、 ExchangeまたはSharePointのカレンダーを4つまで追加することができます。

これにより、複合スケジュールを表示できます。たとえば、 Exchangeの予定表をSharePointグループの予定表にオーバーレイすると、独自のスケジュールとグループスケジュールを同時に表示できます。これは、チームイベントの時間を選ぶ場合、またはトレーニングを提示する時間を計画する場合に役立ちます。

SharePoint Onlineは、 Office 365グループの予定表を使ったモダンなエクスペリエンスを提供します。詳細については、「グループ予定表 web パーツを使用する」を参照してください。

必要な作業

次の手順では、1つのSharePoint予定表を別のSharePoint予定表にオーバーレイする方法について説明します。予定表をオーバーレイすると、この予定表を使って特別な予定表ビューを作成できます。

SharePointの予定表を別のSharePoint予定表にオーバーレイするには、次の手順を実行します。

  1. SharePointの予定表で、[予定表] タブを選び、[予定表のオーバーレイ] を選びます。

    リボン上の [予定表の重ね合わせ] ボタン
  2. [予定表の重ね合わせの設定] ページで、[新しい予定表] を選びます。

    リボン上の [予定表の重ね合わせ] ボタン
  3. [名前と種類] セクションで、予定表の名前を入力して、[ SharePoint] を選びます。

    予定表の重ね合わせでは、[予定表] ダイアログ ボックスが作成されます。
  4. [予定表の重ね合わせの設定] セクションで、予定表の説明を入力し (オプション)、予定表の配色テーマを変更します (オプション)。

    ヒント:  予定表ごとに異なる色を選ぶと、特定のイベントが含まれている予定表を見分けやすくなります。

  5. https://contoso.com/TWGroupWorkSite/calendarなど、予定表が含まれているSharePointサイトの Web URL を入力して、[解決] を選びます。予定表がグループ予定表と同じサイトにある場合、 Web URLは既に正確に設定されます。

    重要: オーバーレイするSharePoint予定表は、グループ予定表と同じサイトコレクションに存在する必要があります。

  6. [リスト] ボックスの矢印を選び、予定表に追加する予定表を選びます。

  7. [リスト ビュー] オプションから必要なビューを選びます。

  8. オーバーレイされたSharePoint予定表を常にSharePointグループの予定表に表示する場合は、[常に表示] を選択します。[常に表示] がオンになっていない場合は、ページからさまざまなオーバーレイ予定表をオンまたはオフにすることができます。このチェックボックスをオンにすると、オーバーレイ予定表は常にページの予定表に表示されます。

  9. [OK] をクリックして重ね合わせの指定を受け入れ、[OK] をクリックして処理を完了します。

    リボン上の [予定表の重ね合わせ] ボタン

次の手順では、 Exchange予定表をSharePoint暦のSharePoint予定表にオーバーレイする方法について説明します。予定表をオーバーレイすると、この予定表を使って特別な予定表ビューを作成できます。

重要: 独自のExchange予定表をオーバーレイすることだけができます。つまり、 Exchangeの予定表のオーバーレイは、現在ログオンしているユーザーのアカウント資格情報で動作します。 SharePointは、現在のユーザーのアカウント情報を使って、 Exchange Web サービスから予定表データを取得します。

Exchangeの予定表をオーバーレイするには、次の手順を実行します。

  1. SharePointの予定表のリボンの [予定表] タブで、[予定表のオーバーレイ] をクリックします。

    リボン上の [予定表の重ね合わせ] ボタン
  2. [予定表の重ね合わせの設定] ページで、[新しい予定表] をクリックします。

    リボン上の [予定表の重ね合わせ] ボタン
  3. [名前と種類] セクションで、予定表の名前を入力し、[ Exchange] を選択します。

    予定表の重ね合わせでは、[予定表] ダイアログ ボックスが作成されます。
  4. [予定表の重ね合わせの設定] セクションで、予定表の説明を入力し (オプション)、予定表の既定の配色テーマを変更します (オプション)。

    SharePoint の [予定表の重ね合わせ] ダイアログ ボックスのスクリーンショット。このダイアログ ボックスには、予定表名、予定表の種類 (Exchange) が表示され、Outlook Web Access と Exchange Web Access の URL が表示されます。

  5. [検索] をクリックして、 Outlook web Access urlExchange web サービスの urlの web アドレスを自動的に入力します。環境で [ Find ] が機能しない場合は、手動で url を入力します。

  6. このExchangeの予定表をSharePointグループの予定表に常に表示する場合は、[常に表示] をクリックします。[常に表示] がオンになっていない場合は、ページからオーバーレイをオンまたはオフにすることができます。このチェックボックスをオンにすると、オーバーレイ予定表は常にページの予定表に表示されます。

  7. [OK] をクリックし、[OK] をもう一度クリックします。

関連項目: SharePoint と Exchange の予定表を同時に表示する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×