"Visible/可視" プロパティ

適用対象

Application オブジェクト

DataAccessPage オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

Report オブジェクト

BoundObjectFrame オブジェクト

Form オブジェクト

OptionButton オブジェクト

Section オブジェクト

CheckBox オブジェクト

Image オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

SubForm オブジェクト

ComboBox オブジェクト

Label オブジェクト

Page オブジェクト

TabControl オブジェクト

CommandButton オブジェクト

Line オブジェクト

PageBreak オブジェクト

TextBox オブジェクト

CustomControl オブジェクト

ListBox オブジェクト

Rectangle オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

Application オブジェクトと共に使用すると、Microsoft Office Access 2007 アプリケーションを最小化するかどうかが返されるか設定されます。また、Visible プロパティを使用すると、フォーム、レポート、フォームまたはレポートのセクション、データ アクセス ページ、またはコントロールを表示または非表示にできます。これは、それを表示せずにフォーム上の情報へのアクセスを維持したい場合に便利です。たとえば、クエリの抽出条件として、非表示のフォームのコントロールの値を使用することができます。ブール型の値の取得および設定が可能です。表示/最小化されている場合は True、非表示/最小化されていない場合は False です。

expression.Visible

expression は必須です。[対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

Application オブジェクトについて:

  • Application オブジェクトの Visible プロパティは、Visual Basic for Applications (VBA) のコードを使用してのみ設定できます。

  • ユーザーがアプリケーションを起動した場合、Application オブジェクトの VisibleUserControl プロパティはいずれも True に設定されます。UserControl プロパティが True に設定された場合、オブジェクトの Visible プロパティを False に設定することはできません。

  • オートメーション (旧 OLE オートメーション) を使用して Application オブジェクトが作成された場合、オブジェクトの Visible および UserControl プロパティはいずれも False に設定されます。

その他のオブジェクトは次のとおりです。

  • このプロパティは、オブジェクトのプロパティ シート (改ページを除く、セクションおよびすべてのコントロール用)、マクロ、または Visual Basic を使用して設定できます。

  • フォーム、レポート、およびデータ アクセス ページには、マクロまたは VBA を使用してこのプロパティを設定する必要があります。

  • コントロールには、既定のコントロール スタイルまたは VBA の DefaultControl プロパティを使用してこのプロパティの既定値を設定できます。

  • Visible プロパティは、データシート ビュー ビューの列には何の影響もありません。列が Datasheet ビューで表示されるかどうかを指定するには、ColumnHidden プロパティを使用します。

  • 印刷時にオブジェクトを非表示にするには、DisplayWhen プロパティを使用します。

  • Visible プロパティを使用して、現在のイベントが発生したときに実行されるマクロまたはイベント プロシージャにプロパティを含めることで、フォームまたはレポート上のコントロールを非表示にできます。たとえば、売上合計に応じて、販売員の売上報告書の月間売上の合計の横にお祝いのメッセージを表示したり非表示にしたりすることができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×