#SPILL!-揮発性サイズ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Excel では、揮発性のために、流出した配列のサイズを特定できず、計算パス間で変更されています。たとえば、次の数式はこの #SPILL をトリガーします。エラー

= SEQUENCE (で (1, 1000))

動的配列のサイズ変更は、スプレッドシートが完全に計算されるように、追加の計算パスをトリガーする場合があります。これらの追加パスの間に配列のサイズが変更され続け、安定しない場合は、#SPILL として動的配列が解決されます。

このエラー値は、通常、 RAND関数、 RANDARRAY機能、およびの使用に関連付けられています。OFFSET遠まわしTODAYなどのその他の揮発性関数は、計算パスごとに異なる値を返しません。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

フィルター関数

RANDARRAY 関数

SEQUENCE 関数

単一関数

並べ替え関数

SORTBY 関数

一意の関数

#SPILL!Excel のエラー

動的配列とこぼした配列の動作

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×