"SourceItem/OLE 元データ名" プロパティ

適用対象

BoundObjectFrame オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

SourceItem プロパティを使用して、リンクされた OLE オブジェクトを作成するときにリンクされるファイル内のデータを指定できます。文字列型の値の読み取り/書き込みが可能です。

expression.SourceItem

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

オブジェクトを供給するアプリケーションで認識される単位でデータを指定して、SourceItem プロパティを設定できます。たとえば、Microsoft Office Excel 2007 にリンクするときに、R1C1 や R3C4:R9C22 などのセルやセルの範囲の参照、または "収益" などの名前付き範囲を使用して、SourceItem プロパティ設定を指定します。

注: 構文を決定して、特定のオブジェクトのデータの単位を記述するには、オブジェクトの作成に使用されたアプリケーションのドキュメントを参照してください。

このプロパティを設定するには、コントロールのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用します。

Visual Basic では、文字列式を使用してこのプロパティを設定します。

このプロパティを使用する場合、コントロールの OLETypeAllowed プロパティは、Linked または Either に設定する必要があります。コントロールの SourceDoc プロパティを使用して、リンクするファイルを指定します。

次の例では、OLE1 という名前の非連結オブジェクト フレームを使用して、リンクされた OLE オブジェクトを作成し、ユーザーがコマンド ボタンをクリックするときに、オブジェクトのすべての内容を表示するためにコントロールのサイズを変更します。

Sub Command1_Click
OLE1.Class = "Excel.Sheet" ' Set class name.
' Specify type of object.
OLE1.OLETypeAllowed = acOLELinked
' Specify source file.
OLE1.SourceDoc = "C:\Excel\Oletext.xls"
' Specify data to create link to.
OLE1.SourceItem = "R1C1:R5C5"
' Create linked object.
OLE1.Action = acOLECreateLink
' Adjust control size.
OLE1.SizeMode = acOLESizeZoom
End Sub
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×