[SDP 5]OneDrive for Business のトラブルシューティングツール

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

問題

この記事では、OneDrive for Business 同期クライアント (groove .exe) を使用した場合に適用される情報について説明します。注: 使用している onedrive 同期クライアントを特定するには、「使用しているonedrive のバージョンを確認する」を参照してください。


onedrive for business (SPOneDriveForBusiness) 診断では、特定の問題が発生していることが検出され、Microsoft onedrive for business のトラブルシューティングを行うための情報を収集します。この診断は、onedrive for business 2013 と onedrive for business 2015 の両方をサポートしています。

解決方法

この記事では、OneDrive for Business に接続しようとしているコンピューターから収集される可能性がある情報について説明します。

必要なアクセス許可

診断パッケージのルールでは、クライアントコンピューターのローカル管理者アカウントを使用します。

マニフェストの結果

次の表は、SPOneDriveForBusiness を実行したときに収集されるファイルと、各ファイルに含まれる情報を示しています。

説明

ファイル名

検出された問題のある条件を含む、実行される各ルールの状態が含まれます。

ResultReport

これは、ResultReport ファイルの結果を書式設定する xlst 変換です。顧客データは含まれません。

結果 xsl

マニフェストの実行中に生成されるデバッグ情報を格納します。また、実行される各ルールのタイミングも含まれます。顧客データが含まれている可能性があります。ただし、金額を減らすために、すべての試行が行われました。

SPOneDriveForBusiness. debugreport

マニフェストの実行に関する追加のデバッグ情報を格納します。顧客データが含まれている可能性があります。ただし、金額を減らすために、すべての試行が行われました。

Stdout. ログ

インストールされている Office アプリケーションのインベントリスキャン

< のコンピューター名 >_ROIScan をログに記録し、

< のコンピューター名 >_ROIScan

指定する角度の単位が度である場合は、PI()/180 を掛けるか、RADIANS 関数を使用してラジアンに変換してください。

<コンピューター名 >_SPO_<ロケール>_OneDriveTrace cab

OneDrive for Business イベントトレースログファイル (リングログ)。

<コンピューター名 >_SPO_<ロケール>_OneDriveSpwLogs cab

アプリケーションイベントログを格納します。

<コンピューター名 >_evtx_<ロケール>_EventLogs cab

OneDrive for Business WER AppCrash レポート

<コンピューター名 >_cab_<ロケール>_OneDriveWerReport cab

Groove .exe .log ファイルを格納します。

<コンピューター名 >_log_<ロケール>_OneDriveGrooveExeLog cab

msosync.exe ログファイルを格納します。

<コンピューター名 >_log_<ロケール>_OneDriveMsosyncExeLog cab

MSO ログが含まれている

<コンピューター名 >_log_<ロケール>_OneDriveMsoLogs cab

Windows エクスプローラーの WER AppCrash レポートが含まれています。

<コンピューター名 >_cab_<ロケール>_ExplorerWerReport cab

msosync.exe WER AppCrash レポートが含まれています

<コンピューター名 >_cab_<ロケール>_MSOSyncWerReport cab

ドキュメントの重複エラーのトラブルシューティングに関する情報が含まれています

<コンピューター名 >_cfg_<ロケール>_OneDriveDuplicateDocumentError

各製品とファイルのバージョンが含まれています。

プロセスを実行する

<コンピューター名 >_cfg_<ロケール>_ProcessListReport

OneDrive for Business のルール

前提条件

このパッケージをインストールするには、コンピューターに Windows PowerShell 2.0 がインストールされている必要があります。詳細については、 「windows 管理フレームワーク (windows PowerShell 2.0、WinRM 2.0、および BITS 4.0)」を参照してください。

次のチェックは、OneDrive for Business のトラブルシューティングパッケージによって実行されます。

ルール ID

タイトル

説明

7D4149B9-6008-4DBA-B92C-FEF148D0E9F9

OneDrive for Business (以前の SkyDrive Pro) フォルダーにファイル名拡張子がブロックされている場合の SharePoint Online との同期の問題

OneDrive for Business を使用して SharePoint ライブラリをコンピューターと同期する場合の制限と制限

4686124A-193E-443D-8E76-C1BED8A24AAB

OneDrive for Business フォルダーにファイル文字がブロックされている場合の SharePoint Online との同期の問題

onedrive、onedrive for Business、SharePoint で無効なファイル名とファイルの種類

387DEB3A-BE31-4DA2-BAC3-F0F2496FE527

クライアントコンピューターに OneDrive for Business がインストールされていない

新しい OneDrive 同期クライアントの Windows バージョンをインストールします。

62628571-A7EA-49DC-B4CB-0DC5C0F7F189

SharePoint Online にアップロードするために、同期されたライブラリフォルダーにファイルを追加するためにファイル名を128文字以上にすることはできません。

OneDrive for Business を使用して SharePoint ライブラリをコンピューターと同期する場合の制限と制限

FE1F4C70-4216-4733-8929-82999283DD42

SharePoint Online にアップロードするために、同期されたライブラリフォルダーにフォルダーを追加するためにフォルダー名を250文字以上にすることはできません。

OneDrive for Business を使用して SharePoint ライブラリをコンピューターと同期する場合の制限と制限

01E1B0C3-2DE2-44DD-8B37-2AF88877E959

Office と OneDrive のインストールの種類の間のパスが一致しません。

9F79AEEC-11AB-4B95-B7FF-991622F619DA

Office と OneDrive のインストールの種類の間のバージョンが一致しません。

123FB748-D778-467A-8625-FD95FAA4502D

ライブラリで情報 Rights Management (IRM) を構成した後の OneDrive の同期エラー

DBFE72C4-06D7-4AD1-8BE3-B72D97494AFF

ファイルが SharePoint Online にアップロードされているときに、OneDrive の同期エラーが発生します。

F8B30197-7AE8-4BAC-BBBD-15850D46B7C1

ドキュメントライブラリを同期しようとしたときに、OneDrive の空白の同期エラーが発生しました。

EADB7E2E-7182-49F0-BC7C-16C467BE878E

ユーザーが Information Rights Management (IRM) を含むドキュメントライブラリを同期しようとしたときに、OneDrive の初期同期エラーが発生します。

03F360C5-1A49-44EB-AE88-FA42FBE09028

ファイル名の先頭にチルダ (~) が付いているため、ファイルを SharePoint Online と同期できません。

OneDrive for Business を使用して SharePoint ライブラリをコンピューターと同期する場合の制限と制限

B6BF491C-86B2-4BEC-A8DE-E6DA6907120D

OneDrive for Business のバージョン番号を返します。

63A7735F-A47D-447F-B342-78AA0FBEBCF1

サポートされていないフォルダーの OneDrive for Business ディレクトリを確認する

OneDrive for Business を使用して SharePoint ライブラリをコンピューターと同期する場合の制限と制限

2F3D6F96-7241-49E8-9432-545340D72438

OneDrive for Business ディレクトリにファイルサイズの制限を確認する

OneDrive for Business を使用して SharePoint ライブラリをコンピューターと同期する場合の制限と制限

2DH4806D-6F1C-4FE9-BE5A-9BA354BC801D

最大アイテム数の上限について OneDrive for Business ディレクトリを確認する

OneDrive for Business を使用して SharePoint ライブラリをコンピューターと同期する場合の制限と制限

2DG4AF0B-4974-488C-8DC2-C679CA7BF65F

同期された SharePoint リストとライブラリをチェックして、アイテムの最大数を制限する

OneDrive for Business を使用して SharePoint ライブラリをコンピューターと同期する場合の制限と制限

17C9D0C9-96FA-4014-986E-1C4B0448FAC7

SignInOptions が既定に設定されているかどうかを確認する

OneDrive for Business の同期では、"指定された SharePoint サイトに接続できません" というエラーが返されます。

68B34491-0A2D-4637-A224-076FBA61FA1B

UseOnlineContent が既定に設定されているかどうかを確認する

Office 2013 および2016で "この機能は管理者によって無効になっています" というエラーが表示される

70AD3F4C-07C8-4BB2-8086-D30D6C3EEFDC

ローカルコンピューターの空きディスク領域と合計容量を確認する

CD4D025-549F-4528-A682-31BBD246D472

MSI と ClickToRun の混在インストールを確認する

onedrive for business (以前の skydrive pro) スタンドアロンの MSI インストールから、onedrive for business (以前の skydrive pro) スタンドアロンのクイック実行インストールに切り替える方法

6CE5FC56-B975-4E2C-8149-304296F75974

無効な Unicode 文字エラーの ETL トレースを確認する

A919A6D5-0401-4700-B7D6-C78920DB4EEB

OneDrive フォルダーのディレクトリ統計情報

6622756F-4577-4243-BF65-36A91A78CDC2

Excel ファイルのファイル名の文字数の上限を確認する

Microsoft Excel でファイルを開いたり保存したりすると、エラーメッセージ "Filename が有効ではありません" が表示される

7B683A8C-238F-4D61-BCEF-88088AA18E93

中央のテーブルファイルのサイズが 2 GB を超えているかどうかを確認する

BE218D37-62A5-4C42-80B7-18129D702EB0

シェルアイコンのオーバーレイ識別子の順序を確認する

onedrive と onedrive for Business で同期アイコンのオーバーレイが表示されない

詳細情報

microsoft サポートの診断パッケージを実行できるオペレーティングシステムの詳細については、「 microsoft 自動トラブルシューティングサービスとサポート診断プラットフォームに関する情報」を参照してください。


それでもヘルプが必要な場合[ Microsoft コミュニティ] に移動します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×