[Outlook Web App Light]、[Web ページとして開く]

Outlook Web App が以下の画像のような場合は、簡易版の Outlook Web App を使用しています。簡易版が表示されていて、それを選択していなかった場合は、通常版をサポートしていない古い Web ブラウザーを使用していることを意味します。通常版をサポートしている Web ブラウザーをインストールできないことがあります。新しい Web ブラウザーをインストールできるかどうかについては、IT 管理者またはヘルプデスクにお問い合わせください。

Outlook Web App Light の受信トレイのスクリーンショット

この記事は、Exchange Server 2013 または 2010 を実行しているメール サーバーを管理する組織で使用されている Outlook Web App を対象としています。Office 365 または Exchange Server 2016 を使用している場合、メール プログラムは Outlook on the web です。Outlook on the web に関するヘルプについては、「Outlook on the web に関するヘルプを参照する」を参照してください。

[Web ページとして開く] 、または[(ブラウザーで開く]を使用すると、いくつかの一般的な種類の添付ファイルを、Web ページに変換して開くことができます。

添付ファイルを元の形式で開くには、Web バージョンの添付ファイルの上部にあるリンクをクリックします。

  1. 添付ファイルを元の形式で保存するには、Web ページの上部にある添付ファイルの名前を右クリックして [対象をファイルに保存] を選択します。

  2. 添付ファイルを保存する場所を選択します。

  3. [保存] をクリックします。

Web ページとして開いた添付ファイルを印刷するには、Web ページの上部にある添付ファイルの名前を右クリックして、[対象を印刷] を選択します。

以下の種類の添付ファイルを Web ページとして開くことができます。

  • ​TE102750939​: .doc と .docx

  • ​TE102750825​: .xls と .xlsx

  • ​TE102750832​: .ppt と .pptx

  • Adobe Acrobat: .pdf

添付ファイルの使用について詳しくは、「添付ファイルについて」をご覧ください。

「通常のバージョンに戻す方法」または「機能と制限事項」などの、Outlook Web Appの簡易バージョンの詳細については、「 Outlook Web App Light 」をご覧ください。

[Outlook Web App Light]、[メール]

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×