[Outlook Web App Light]、[メール]

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

最後の更新された 2018-06-13

Outlook Web Appを、下の図では、次のような場合は、 Outlook Web Appの簡易バージョンを使用しています。これは、簡易バージョンを使用するオプションを選択しているため、またはOutlook Web Appの標準バージョンをサポートしない web ブラウザーを使っている場合があります。

Outlook Web App Light

Outlook Web Appの簡易バージョンが簡単外観にして、関数では、標準バージョンのOutlook Web Appです。たとえばの表示と標準バージョンよりもメールを作成するための機能を減らすがあります。違いについての詳細については、 Outlook Web App の標準的なと簡易バージョンを比較するを参照してください。

メッセージを表示するには、ナビゲーション ウィンドウの [メール] を選びます。メッセージを並べ替えるには、列ヘッダーを選びます。

Outlook Web App の簡易バージョンを表示しないようにします。標準バージョンが表示されません。

Outlook Web Appの簡易バージョンを選択していない場合は、サインアウトしてもう一度サインインし、サポートされているブラウザーを使用します。

オプションから簡易バージョンを選択した場合、 Outlook Web Appの標準バージョンに戻る方法を示します。

  1. 簡易バージョンでは、オプションを移動 >Outlook Web App のバージョン表示設定します。

  2. Outlook Web App の簡易バージョンを使う] チェック ボックスをオフにします。

  3. [OK] を選択します。

簡易バージョンからサインアウトして、ブラウザーを閉じて、サポートされているブラウザーを使ってもう一度サインインします。もう一度サインインするには、開いているすべてのブラウザー ウィンドウを閉じなければならない場合があります。

Outlook Web Appの簡易バージョンが非常に単純なします。たとえば、簡易バージョンでは、次の作業を行うことはできません。

  • フォントを変更する。 Outlook Web App の簡易バージョンではプレーン テキストのみが使用されます。つまり太字、下線、斜体、インライン画像、ホット ハイパーリンクは使用されません。

  • Outlook Web App の簡易バージョン自体には、スペル チェック機能がない。 使用しているブラウザーにスペル チェックがある場合は、それを使用できます。

  • メッセージのプレビューを表示する。 閲覧またはプレビューのウィンドウはありません。

  • 列幅を変更する、またはリスト ビューの件名の表示領域を拡大する。

  • 複数のメール署名を使用する、または署名を含めるメッセージを選ぶ。

  • ルールを使ってメッセージを転送する。

  • 他のメール アカウントと接続または切断する。

  • 他のユーザーのメールボックスを開く。

  • メッセージを印刷する。

  • メッセージまたは添付ファイルをコピーする。 Ctrl + C と Ctrl + V を使用して、メッセージのコンテンツをコピーして貼り付けられます。

  • メッセージをファイルとして保存する。

  • メッセージの受信時に通知やアラートを受け取る。

  • メッセージの開封済みや配信済みのメッセージを要求する。

  • タスク、メモ、受信トレイのルールを管理する。

  • メール メッセージを取り消す。

  • 作成または連絡先グループを変更します。できるものとでは、連絡先の詳細については、次を参照してください。 Outlook Web App Light > 連絡先します。

メール メッセージは、メールボックスをホストするサーバーに配信されます。既定では、メッセージはメールボックスの受信トレイに保存されます。メール フォルダーには、新しいメッセージが太字で表示されます。新しいメッセージを開くと、通常の字体に戻ります。

列で並べ替えるには、列ヘッダーを選びます。 たとえば、最新メッセージを先頭に表示するには、[受信日時] 列ヘッダーを選びます。

フォルダーを使用してメッセージを整理することもできます。 メールボックスには、既定のフォルダーのセットが含まれています。 それらのフォルダーには、[予定表]、[連絡先]、[削除済みアイテム]、[下書き]、[受信トレイ]、[迷惑メール]、[送信済みアイテム] が含まれますが、これらに限定されません。

既定では、自分に送信されたメッセージは受信トレイに格納されます。しかし、階層的なフォルダー システムにメッセージを整理し、ニーズの変化に応じてそれを調整し続けることができます。たとえば、チームの各ユーザーのためのサブフォルダーを持つ、My Team という名前のフォルダーを作成することができます。誰かがチームを離れた場合は、その人のフォルダーを削除できます。誰かが別のチームに移動した場合は、フォルダーをそのチームのフォルダーに移動することができます。

メッセージング オプションを使用して、各ページに表示するメッセージ数を制御します。

フォルダーやフォルダー コンテンツを表示する

  1. [フォルダーの管理] を選び、ナビゲーション ウィンドウで [選択してすべてのフォルダーを表示] を選びます。 これで、Outlook Web App の簡易バージョン、または Outlook や Outlook Web App などの他のメール プログラムで作成したフォルダーがすべて表示されます。

  2. ドロップダウン ボックスで必要なフォルダーをリストから選び、緑色の矢印を選びます。

新しいフォルダーを作成する

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウで、[受信トレイなどフォルダーを選択しを右クリックします。

  2. [新しいフォルダーの作成] を選びます。

  3. [フォルダー名] ボックスに、新しいフォルダーについて使用する名前を入力します。

メッセージを他のフォルダーに移動する

  1. メッセージ一覧でメッセージの横にあるチェック ボックスをオンにして移動するメッセージを選択するか、移動するメッセージを開きます。

  2. メッセージを右クリックし、[移動] を選びます。

  3. [会話の移動] 画面が表示されます。メッセージの移動するフォルダーを選択します。

  4. [移動] を選ぶと、選んだフォルダーにメッセージが移動されます。

    注: メッセージをコピーする場合は、このスレッドを選択したフォルダーにコピー ] チェック ボックスをオンにし、移動] を選択します。

メッセージを移動しない場合を画面が閉じて前の画面に戻るキャンセルを選択します。

フォルダーのその他の操作

フォルダーを右クリックして、新しいフォルダーの作成の他のフォルダーを名前変更移動、または削除するオプションが表示されます。

OutlookまたはOutlook Web Appで作成したアーカイブ フォルダーにアクセスすることはできません。

自分のメールボックスからアイテムを削除すると、[削除済みアイテム] フォルダーに移動します。つまりで、[削除済みアイテム フォルダーを検索することで入手できますしてバックアップする受信トレイに移動します。

すべてを選択してフォルダーを右クリックし、フォルダーを空のオプションを使用してすべてのサブフォルダーを含め、フォルダーの内容を削除することができます。

[削除済みアイテム] からアイテムを完全に削除する

  1. [メール] の [削除済みアイテム] を選びます。

  2. 削除済みアイテム] フォルダーの内容全体を永久に削除するには、空のフォルダーを右クリックします。

  3. 完全に削除済みアイテム フォルダー内のアイテムの一部のみを削除するには、削除、アイテムを右クリックし、[削除] を 各アイテムの横にあるチェック ボックスを選択します。

注: IT 管理者には、一定の時間のフォルダーに保存されているした後に完全に削除するのには、アイテムを原因となる、削除済みアイテム フォルダーにポリシーが設定されている可能性があります。

新しいメッセージを作成する場合は、新しいメッセージ フォームを使用します。これは、メッセージに返信するか、メッセージを転送する際に使用するフォームと同じです。メッセージに返信する場合は、見出しの情報 ([宛先]、[差出人]、[件名]) は自動的に入力されます。

メールの署名が必要な場合は、メッセージング オプションで署名を作成または変更します。

  1. [メール] で、新しいメールを選択します。

  2. メッセージのアドレスを指定する

    • 該当する情報[cc]、[ bcc]ボックスに、名前または受信者のメール エイリアスを入力します。複数の名前をセミコロンで区切ります。名前を解決するのには、ツールバーの名前の確認] アイコンを使用します。1 つ以上の候補がある場合は、(赤) の名前が表示され、ナビゲーション ウィンドウの一覧が表示されます。選択の一覧から目的の名前を選択します。

    • その他のオプションについては、[Outlook Web App Light] > [アドレス帳] を参照してください。

  3. [件名] ボックスに、簡単な件名を入力します。

  4. メッセージ本文にメッセージを入力します。

  5. メッセージ ツール バーの [送信] を選んで、メッセージを受信者に送信します。

  6. すぐにメッセージを送信しない場合は、保存を選択、ツールバーのできます。表示および送信されるまで、メッセージを下書きフォルダーに保存されます。

メッセージ ツールバーの [その他のオプション

  • メッセージの重要度を高、通常、または低に設定する重要度の設定を選択します。

  • 添付ファイルを追加するクリップのアイコンを選択します。

メッセージのオプションを使用すると、1 つのページで、移動や、アイテムを削除する後、またはメッセージの開封済みメッセージの場合の処理を表示する項目の数を確認できます。メール サーバーで受信するとすぐに、メールがあるために、新しいメッセージをチェックする頻度を変更するオプションはありません。新しいメッセージが到着したかどうかは、ブラウザーのページを更新することができます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[メール] を選択します。

  2. 読みたいメッセージが含まれているフォルダーを選択します。常に、新着電子メール メッセージは受信トレイに届くまでされ、太字で表示されます。

  3. 読みたいメッセージの件名を選んで開きます。

メール メッセージを開くと、見出しに次の情報が表示されます。

  • 「件名: メッセージの件名。

  • 名前またはメール アドレスの送信者または組織。

  • 送信日時: 日付と時刻、メッセージが送信されました。

  • 宛先: 名前またはメール アドレス] 第一の受信者。

  • [Cc]: 名前またはメール アドレスのカーボン コピー (Cc) 受信者。

差出人または受信者の詳細、たとえば住所や電話番号については、[差出人]、[宛先]、[CC] の行でそれらのユーザーの名前を選びます。

注意: 一部のメール メッセージを受信したが、見出しに次のリンクを含むことがあります: Web ページとして開く] (またはブラウザーで開く])。このリンクを表示するときに、セキュリティ リスクをもたらすがあるため、ブロックされた元のメッセージが含まれている要素を意味します。アプレットおよび ActiveX コントロールが含まれます。別のブラウザー ウィンドウで、フィルター処理されていない形式でメッセージを表示へのリンクを選択します。メッセージが開き、前に、このようなコンテンツの表示に関連付けられている潜在的なセキュリティ リスクについての警告メッセージが表示されます。

メッセージに返信するときに、新しいメッセージ フォームが開きし、 [cc]行に関連する名前が含まれています。追加したり、必要な場合は、名前を削除することができます。メッセージを転送するときにするに受信者をすべて手動で入力します。

自動応答 (不在) メッセージを設定するに、不在時にメッセージを送信してきた相手に送信されることができます。

メッセージの差出人に返信する

  1. メッセージ閲覧ウィンドウのツールバーの [返信] を選びます。返信を選択すると、行は、元のメッセージの送信者に既に記載されています。

  2. [件名] も自動的に入力されます。

  3. 元のメッセージのテキストがメッセージ本文にコピーされます。差出人の元のメッセージの中または上に返信を入力します。

メッセージの差出人と他のすべての受信者に返信する

  1. メッセージ閲覧ウィンドウのツールバーには、[全員に返信] を選びます。全員に返信を選択すると、送信者へと、元のメッセージの他のすべての受信者し、 [cc]行は既に説明します。

  2. [件名] も自動的に入力されます。

  3. 元のメッセージのテキストがメッセージ本文にコピーされます。差出人の元のメッセージの中または上に返信を入力します。

メッセージを転送する

  1. メッセージ閲覧ウィンドウのツール バーにある [転送] を選びます。

  2. [宛先] 行には、メッセージを転送するメール アドレスを入力します。

  3. 元のメッセージのテキストがメッセージ本文にコピーされます。送信者の元のメッセージの中または上に、追加したい情報を入力します。

返信の準備ができたら、メッセージ ツール バーの [送信] を選びます。

添付ファイルとしては、任意のプログラムで作成したファイル、たとえば Word 文書、Excel スプレッドシート、.wav ファイルまたはビットマップを使用できます。Outlook Web App で作成したアイテムに、自分のコンピューターから、またはネットワークを介してアクセスできる任意の種類のファイルを添付できます。アイテムから添付ファイルを削除することもできます。

メッセージに添付ファイルが含まれる場合は、メッセージ一覧内のメッセージの横にクリップ アイコンが表示されます。予定表ビューの 1 つの隅の予定表アイテムにクリップ アイコンが表示され、そのアイテムを開くと添付ファイルの一覧が表示されます。連絡先の場合は、連絡先を開いたときに添付ファイルの一覧が表示されます。

添付ファイルのあるアイテムを開くと、添付されたファイルの名前が添付ファイル一覧に表示されます。.txt や .gif などの一部の添付ファイルは、Web ブラウザーで開くことができます。

メール メッセージまたは他のアイテムにファイルを添付する

  1. メッセージ、予定、または連絡先を作成すると [挿入] > [添付ファイルメッセージ ウィンドウのツールバーします。メッセージのヘッダーにメッセージの添付ファイルのリンクが表示されます。予定表アイテムは、ツールバーのリンクか、エントリが、会議の場合は、添付ファイルは、メッセージ本文の上にあります。連絡先の連絡先ページの下部にある添付ファイルのリンクが表示されます。

  2. アップロードするファイルの選択] では、ファイルの名前を入力またはファイルを見つけるには、検索を選択します。

  3. 添付するファイルが見つかったら、[開く] を選んで添付ファイル一覧に追加します。

  4. アイテムに添付するファイルには、手順 1 ~ 3 を繰り返します。

ファイルを関連付けられている前に、長いファイル名があります。ファイルのコンテンツをこれには影響ありません。

アイテムから添付ファイルを削除する

  1. メッセージを開きます。

  2. 削除するファイルの横にある [ x ] アイコンを選択します。

メッセージに返信するときは、添付ファイルはコピーされません。ファイルの代わりにプレースホルダー アイコンが表示されます。添付ファイルを含めるには、返信する代わりに、メッセージを転送します。添付されたファイルを編集するには、前もって自分のコンピューターにダウンロードする必要があります。

閲覧または添付ファイルを保存します。

  • 添付ファイル名を選びます。該当するアプリケーションを使用して添付ファイルを開くか、ディスクに保存するというオプションがあります。

  • 添付ファイルの種類によっては、 Web ページとして開く(またはブラウザーで開く) web ブラウザーを使って表示できる web ページ形式の添付ファイルを開くを使用できます。Web ページとして開くことができるファイルの種類は次のとおりです。

    • Word

    • Excel

    • PowerPoint

    • Adobe Acrobat .pdf ファイル

注意: コンテンツとそれに送信したユーザーを信頼しない場合、添付ファイルを開かないようにします。添付ファイルは、コンピューター ウイルスによるコンテンツの展開のための一般的な方法です。したがって、添付ファイルが信頼できることを確認している場合を除き、 Web ページとして開く] (またはブラウザーで開く) のオプションを使用することをお勧めします。詳細については、次を参照してください。 Outlook Web App Light > web ページとして開くします。

添付ファイルを送信する

編集した添付ファイルを送信するには、添付ファイルを作成するときに使用したアプリケーションがコンピューターにインストールされている必要があります。たとえば、Word ファイルである添付ファイルを編集する場合は、コンピューターに Wordをインストールしておく必要があります。

  1. 元の添付ファイルを含むメッセージを開きます。

  2. 添付ファイルを選んでから、[保存] を選び、添付ファイルをコンピューターに保存します。

  3. 保存した場所から添付ファイルを開き、必要に応じて変更を行います。

  4. 変更内容を保存して文書を閉じます。

  5. Outlook Web Appに戻るし、[元のメッセージを開きます。

  6. メッセージから元の添付ファイルを削除して、変更したバージョンを添付する場合は、[返信] を選びます。

  7. 元の添付ファイルを変更したバージョンとともに含める場合は、[転送] を選びます。

添付ファイルに関する補足は他に何が必要ですか。

  • ユーザーの組織、またはメールの受信者の組織によって使用されているウイルス対策ソフトウェアによって、一部の添付ファイルが削除またはブロックされる場合があります。添付ファイルのサポートに関して疑問がある場合は、テクニカル サポート グループまでお問い合わせください。

  • 1 つの添付ファイルの既定のサイズ制限は、Outlook Web App では 10 MB です。メールボックスをホストするサービスによっては、添付ファイルを含めたメッセージ全体の既定のサイズ制限は 25 MB または 35 MB です。メールボックスの添付ファイルとメッセージのサイズ制限は、電子メールを管理する人にって設定されるため、既定の制限とは異なる場合があります。

  • 1 つのメッセージに追加できる添付ファイルの既定の最大数は、125 です。添付ファイル数の制限は、システム管理者によって設定されるため、既定の制限とは異なる場合があります。

メールが受信トレイに送信されない場合は、次の方法でトラブルシューティングを行います。

  • 迷惑メール] フォルダーをチェックします。

  • メール メッセージが接続されているアカウントである場合は、それとして別途Outlook Web Appの簡易バージョン時間に 1 回します。

  • 正しいメール アドレスに送信したことを送信者に確認します。

  • ブラウザーを更新します。 メッセージは、サーバーで受信後すぐに閲覧できます。

閲覧およびメールを送信する方法に影響するオプションについては、次を参照してください。オプション > メッセージングします。

パスワードの変更方法については、「[オプション]、[パスワードの変更]」を参照してください。

[Outlook Web App Light] > [電子メールの安全性]

[Outlook Web App Light] > [アドレス帳]

[Outlook Web App Light] > [連絡先]

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×