[OneNote で開く] が機能しない場合に、アドオンを有効にする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

OneNote Onlineで [ OneNote で開く] または [ OneNote で編集] コマンドが機能しない場合にこのコマンドを使用するアドオン何らかの問題があることを意味します。アドオンの作業を開始する方法はいくつかの方法があります。

まず、 Microsoft OneNote 2010 OneNote_icon_20x20 またはため、以前のバージョンの OneNote がこのコマンドを使うことができません後で、コンピューターにインストールしたを確認します。次の表は、ブラウザーの設定を確認します。

ブラウザー

確認事項

Internet Explorer

32 ビット Internet Explorer を使用していることを確認します。64 ビット Internet Explorer を使用している場合は、このコマンドは使用できません。

セキュリティ設定を確認します。

  1. [ツール> [インターネット オプション]、[セキュリティ] タブの [信頼済みサイト] をクリックします。

  2. [セキュリティ] のスライダーが [] に設定されている場合、レベルを [中高] に下げます。

後で、アドオンを有効にします。

  1. [ツール] の [アドオンの管理] をクリックします。

  2. 表示する] ドロップダウン メニューで [すべてのアドオン] を選びます。

    現在読み込まれているアドオンのドロップダウンを表すアドオン] ダイアログ ボックスを管理します。

  3. アドオンの一覧をスクロールし、Microsoft の項目から [SharePoint OpenDocuments Class] をクリックします。

  4. ダイアログ ボックスの下にある [有効にする] をクリックしてから、ダイアログ ボックスを閉じます。

Chrome

32 ビット Chrome を使用していることを確認します。64 ビット Chrome ブラウザーを使用している場合は、このコマンドは使用できません。

Chrome での外部プロトコル要求のメッセージが表示された場合、このタイプのすべてのリンクの選択内容を保存する] を確認し、[アプリケーションの起動] をクリックします。次回、 OneNote で開く] または [ OneNote で編集] を使用する問題が存在しないと連動する必要があります。

Firefox

32 ビット Firefox を使用していることを確認します。64 ビット Firefox ブラウザーを使用している場合は、このコマンドは使用できません。

後で、アドオンを有効にします。

  1. Firefox のドロップダウンリストで [アドオン] をクリックし、次に [プラグイン] を選びます。

  2. 任意のMicrosoft Officeプラグインを名の後に(無効)を示すを探します。

  3. Ask ライセンス認証を行うに常にアクティブにするのには、プラグインを設定します。

Mac OS X

Safari を使用するか、Firefox、Mac OS X Mountain Lion、Lion などの以前のバージョン実行している場合は、32 ビット モードに切り替えます。

  1. ブラウザーを閉じます。

  2. [Finder] の [アプリケーション] で、Safari または Firefox アイコンを選びます。

  3. ブラウザーで [ファイル] の [情報の取得] をクリックし、[32 ビット モードで開く] にチェックを入れます。

  4. ブラウザーを閉じて、もう一度開きます。

Mac で開くノートブック ヘルプが必要な場合は、OneNote for Mac フォーラムhttps://answers.microsoft.com/en-us/office/forum/onenote_macを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×