[Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター DSR ケース ツールを使用して GDPR データ件名要求を管理します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

保護と個別のプライバシー権欧州連合 (EU) の内側を有効にすると、EU 一般的なデータ保護規制 (GDPR) です。欧州連合で GDPR により、ユーザー (と呼ばれるデータの件名) アクセス、取得、修正、消去するには、および、個人データの処理を制限する権利。GDPR は、[個人データを特定できるまたは自然人に関する情報を意味します。正式な出席依頼を自分の組織のユーザーによって、個人データにアクションを実行するのには、件名のデータ要求または DSR 呼び出されます。データのOffice 365DSRs に応答する方法の詳細については、 Office 365 データ件名要求ガイドを参照してください。

組織内のユーザーによって送信 DSR への応答の調査を管理するために格納されているコンテンツを検索するのにOffice 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで DSR ケース ツールを使用できます。

  • 組織内のどのユーザー メールボックスします。これが含まれますSkype for Business会話と 1 対 1 のチャットMicrosoft Teams には

  • Office 365グループに関連付けられているすべてのメールボックスとMicrosoft Teamsのすべてのチーム メールボックス

  • すべてのSharePoint Onlineサイトと、組織内のOneDrive for Businessアカウント

  • すべてのチーム サイトとOffice 365は、組織内のサイトをグループ化

  • Exchange Online内のすべてのパブリック フォルダー

DSR ケース ツールを使用して、次のことができます。

  • 各 DSR 調査のための別のケースを作成します。

  • コントロールにアクセスできるユーザー DSR 場合によっては、ケースのメンバーにユーザーを追加します。メンバーのみが場合にアクセスでき、 DSR 場合] ページでセキュリティ/コンプライアンス センターケースの一覧で、大文字と小文字のみが表示できます。さらに、同じ大文字と小文字の別のメンバーに異なる権限を割り当てることができます。たとえば、一部のメンバーの場合、検索結果を表示して、検索を作成し、検索結果をエクスポートするには、他のメンバーを許可するのみにすることができます。

  • 組み込みの検索を使用して、すべてのコンテンツを作成または特定のデータの件名をアップロードします。

  • 必要に応じて、組み込みの検索クエリを変更して、検索結果を絞り込む検索を再実行します。

  • DSR ケースに関連するその他のコンテンツの検索を追加します。これには、個人用の分析手法と、Office ローミング サービスから部分的にインデックスが設定されたアイテムとシステムによって生成されるログを取得するための検索の作成が含まれます。

  • 要求をエクスポートまたは DSR へのアクセスに応答してデータをエクスポートします。

  • ケースを削除する、DSR 調査プロセスが完了しました。すべての検索を削除する、大文字と小文字に関連付けられたジョブをエクスポートします。

DSR の大文字と小文字のツールを使用して DSR 調査を管理する手順を示します。

手順 1: 潜在的なケースのメンバーを電子情報開示の権限を割り当てる

手順 2: DSR ケースを作成します。

手順 3: 検索クエリを実行します。

手順 4: データをエクスポートします。

(オプション)手順 5: 組み込みの検索クエリを変更します。

詳細については、DSR ケース ツールを使用します。

重要: ツールは管理者 DSR アクセスを実行するし、組み込みの検索を使用してエクスポート DSR ケース ツールの機能を有効にして出席依頼をエクスポートできます。ツールは、データ件名が送信した DSR 要求に関連するデータをエクスポートする最善の方法を容易にするために役立ちます。ただし、重要なは、データ件名に基づいて検索結果が異なることに注意してください。 または、アイテムとみなされる"個人用 data"ために、エクスポートするかどうかを管理処理に影響を与えるは。たとえば、データ件名が最後に人、ファイルを変更する場合、作成しなかった、ファイルを検索結果で返されない場合があります。同様に、管理者は、部分的にインデックス付きのアイテムまたはSharePointドキュメントのすべてのバージョンを除いたデータをエクスポートする可能性があります。このため、提供されるツール図ることができますにアクセスして、データの要求をエクスポートします。ただし、結果は、特定の管理とデータ件名使用シナリオの適用対象はします。

手順 1:可能性のあるケース メンバーに電子情報開示アクセス許可を割り当てる

既定では、 Office 365グローバル管理者はセキュリティ/コンプライアンス センターで DSR ケース ツールにアクセスできます。設計、データのプライバシー担当者、人的リソース マネージャーなどの他のユーザーや DSR 調査に関連する他のユーザーも DSR ケース ツールにアクセスを適切なツールにアクセスする権限が割り当てられている必要があります。これを行う方法が最も簡単ですが、 セキュリティ/コンプライアンス センターで権限のページに移動し、電子情報開示管理者の役割グループにユーザーを追加します。手順 2 で作成した DSR 大文字と小文字のメンバーとして追加するために、これらの権限を割り当てるにもあることに注意してください。

ステップ バイ ステップの手順は、「 Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターでの電子情報開示権限を割り当てる」を参照してください。

注: 既定値、 Office 365グローバル管理者 (またはセキュリティ/コンプライアンス センターで Organization Management 役割グループの他のメンバーはコンテンツ検索の結果 (この記事では、手順 4 を参照してください) にエクスポートするに必要な権限がないです。この問題を解決するには、管理者は、自分を追加電子情報開示管理者の役割グループのメンバーとしてします。

先頭に戻る

手順 2: DSR ケースを作成して、メンバーを追加します。

次の手順では、DSR ケースを作成します。ケースを作成するときに組み込みの検索を開始することもできますか、検索を開始せずには、大文字と小文字を作成することができます。次の手順は、検索を開始せずに、ケースを作成し、[大文字と小文字にメンバーを追加する方法を紹介するように指示されます。

  1. Https://protection.office.comに移動し、職場または学校のアカウントを使用してOffice 365にサインインします。

  2. セキュリティ/コンプライアンス センターでは、[データのプライバシーをクリックして > のデータ要求の件名[ [追加] アイコン 新しい DSR ケース] をクリックします。

  3. 新しい DSR ケースフライアウト ページで、大文字と小文字の名前を付けて、オプションの説明を入力し、[次へ] をクリックします。大文字と小文字の名前が、組織内で一意である必要があることに注意してください。

    ヒント: 名前に、調査中 DSR 要求を送信したユーザーの名前や、新しいケースの説明を追加することを検討してください。このケース (と電子情報開示管理者) のメンバーだけがケースの一覧で大文字と小文字を件名のデータ要求ページに表示できることに注意してください。

  4. [出席依頼の詳細] ページで、データ件名 (この要求を提出した人)、[相手を検索して、データをエクスポートし、[次へ] をクリックするユーザーを選択します。

  5. 大文字と小文字の設定の確認] ページで、[大文字と小文字の名前と説明を変更し、別のデータの件名を選択できます。それ以外の場合、保存クリックします。

    新しい DSR 大文字と小文字が作成されていることを確認するページが表示されます。

    検索を開始するか、新しい DSR 大文字と小文字のページを閉じます

    この時点では、次の 2 つのいずれかを行うことができます。

    1. 検索を開始する自分の検索結果を表示する] をクリックします。これは、既定の選択します。手順 3 では、このオプションを選択するときに実行される組み込みの検索し、返される結果がについて説明します。

    2. 組み込みの検索を開始せずに新しい DSR ケースを終了する完了] をクリックします。このオプションを選択すると、[データの件名の要求] ページで新しい DSR 大文字と小文字が表示されます。

  6. 新しい DSR ケースに移動して、メンバーを追加できるように、[完了] をクリックします。

  7. [データの件名の要求] ページで、作成した DSR 大文字と小文字の名前をクリックします。

  8. フライアウトのこのケースの管理] ページで、[メンバーの管理] で、[追加] をクリックします。

    [ユーザー] で、適切な電子情報開示の権限が割り当てられているユーザーの一覧が表示されます。手順 1 での電子情報開示の権限が割り当てられたユーザーをこの一覧に表示することに注意してください。

  9. DSR 大文字と小文字のメンバーとして追加をの追加] をクリックして変更内容を保存し、ユーザーを選択します。

    メモを追加することも役割グループ DSR ケースのメンバーとして管理役割グループの [追加] をクリックしています。

先頭に戻る

手順 3: 検索クエリを実行します。

DSR ケースを作成してからメンバーを追加して後、次の手順では、大文字と小文字が関連付けられている組み込みの検索を実行します。この既定の検索クエリは以下の操作

  • 送信されたデータの件名で受信したすべてのメール アイテムを組織内のすべてのメールボックスを検索します。これは、電子メール メッセージ内のすべての連絡先フィールドにデータの件名を検索、参加者メール プロパティを使用します。このプロパティでは、データの件名から[cc]、および[bcc]フィールドでアイテムを返します。Exchange Onlineのパブリック フォルダーにも、データの件名によって送信または受信メッセージの検索されます。

  • ドキュメントおよびアイテムの作成またはデータ件名でアップロードされたため、組織内のすべてのサイトを検索します。これは、次のサイトのプロパティを使用して行われます。

    • 作成者プロパティは、Office ドキュメントの author フィールドにデータの件名を表示する、項目を返します。この値が引き続き発生する場合でも、ドキュメントをコピーして他の人がアップロードします。

    • "作成"プロパティでは、作成またはデータ件名でアップロードされたアイテムを返します。

ここでは、DSR ケースを作成するときに自動的に作成される組み込みの検索のキーワード クエリがどのようにします。

participants:"<email address>" OR author:"<display name>" OR createdby:"<display name>

たとえば、データの件名の名前が Ina Leonte の場合は、キーワード クエリは次のような表示。

participants:"ina@contoso.com" OR author:"Ina Leonte" OR createdby:"Ina Leonte"

DSR ケースの組み込みの検索を実行します。

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターでは、[データのプライバシーをクリックして >件名要求のデータを、手順 2 で作成した DSR 大文字と小文字の横にある、[開く] をクリックします。

    ページの上部にある [検索] タブをクリックし、[新しい DSR ケースを作成するときに作成された組み込みの検索の横にあるチェック ボックスをクリックします。検索が DSR 場合と同じ名前に注意してください。

  2. [検索] フライアウト] ページで、クエリを開く] をクリックします。

    クエリを開くと、検索が開始され、しばらくを行います。

  3. 検索が完了したら、検索結果をプレビューするのには、結果のプレビューをクリックします。詳細については、検索結果のプレビューを参照してください。

    ヒント: メールボックスと検索によって返されるサイトのアイテムを検索条件に一致する項目を含む上のコンテンツの場所の数を表示するクエリの検索の統計情報を表示することもできます。詳細については、「情報や検索の統計情報を表示します。

組み込みの検索クエリを編集しが検索され、コンテンツの場所を変更し、もう一度検索を実行できます。詳細については、手順 5を参照してください。

先頭に戻る

手順 4: データをエクスポートします。

組み込みの検索を実行した後、検索結果をエクスポートすることができます。または、データをエクスポートする前にことになる検索結果の数値を小さくためにクエリを変更します。詳細については、検索結果を絞り込むには、手順 5 を参照してください。

検索結果をエクスポートすると、個々 のメッセージや PST ファイルで、このメールボックスのアイテムをダウンロードできます。SharePointとOneDriveのアカウントからコンテンツをエクスポートする場合は、ネイティブの Office ドキュメントのコピーとその他のドキュメントがエクスポートされます。すべてのアイテムをエクスポートする情報が含まれる結果ファイルは、検索結果に含まれてもできます。エクスポートの詳細については、 Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターからエクスポートするコンテンツの検索結果を参照してください。

注: 既定では、 Office 365グローバル管理者 (またはセキュリティ/コンプライアンス センターで Organization Management 役割グループの他のメンバー) 権限がないために必要なコンテンツの検索結果をエクスポートします。この問題を解決するには、管理者は、自分を追加電子情報開示管理者の役割グループのメンバーとしてします。

使用してデータをエクスポートするコンピューターでは、次のシステム要件を満たしています。

  • Windows 7 以降の 32 ビットまたは 64 ビット バージョン

  • Microsoft .NET Framework 4.7

  • サポートされているブラウザー:

    • Microsoft Edge

      または

    • Microsoft Internet Explorer 10 および以降のバージョン

      注: Microsoft は、サード パーティの拡張機能または ClickOnce アプリケーションのアドオンを製造しません。アドオンまたはサード パーティの拡張機能がサポートされていないブラウザーを使用してデータをエクスポートするはサポートされていません。

DSR 場合は、組み込みの検索からのデータをエクスポートします。

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターでは、データのプライバシー ] クリックして > のデータ要求の対象からデータをエクスポートする必要がある DSR 場合の横にある、[開く] をクリックします。

  2. ページの上部にある [検索] タブをクリックし、[DSR ケースを作成するときに作成された組み込みの検索の横にあるチェック ボックスをクリックします。または、その検索からデータをエクスポートする別の検索] をクリックします。

  3. 検索のフライアウト ページ [検索結果のエクスポート] アイコンその他] をクリックし、[結果をエクスポートするドロップダウン リストから選択します。

  4. [結果のエクスポート] ページで、次の DSR エクスポート要求のオプションを選択します。

    エクスポートの設定を構成します。
    1. [出力オプション] で、インデックスが設定されたアイテムのみをエクスポートする最初のオプション (認識されない形式を暗号化されているまたは他の理由によりされなかったのインデックス付きのものがあるものを除くすべてのアイテム) を選択します。組み込みの検索から部分的にインデックスが設定されたアイテムをエクスポートしない理由は、他のユーザーから部分的にインデックスが設定されたアイテムをエクスポートするためです。データの件名、部分的にインデックスが設定されたアイテムのみをエクスポートするには、別の検索を作成することをお勧めします。詳細については、部分的にインデックス付きのデータの項目にアイテムをエクスポート「DSR ケース ツールの使い方の詳細については」セクションを参照してください。

    2. [エクスポートする Exchange のコンテンツとして、3 番目のオプションでは、 1 つのフォルダーのすべてのメッセージを含む 1 つの PST ファイルを選択します。このオプションがだけ実際のメールボックスを示すフォルダーを 1 つのアイテムの一覧が表示し、次の項目の推奨事項に従って結果が重複しているときに使用する最適な方法は、結果の可能性があるため別のユーザーのメールボックスに送信されたアイテムに対して、.このオプションでは、データ件名せずに移動する項目ごとに、元のメールボックス フォルダー構造 (アイテムが送信された日付で並べ替えられます) の順に項目を確認することもできます。

    3. 重複する電子メール メッセージを除外する、重複を有効にするオプションを選択します。 このオプションは、組み込みの検索は、組織内のすべてのメールボックスを検索するためお勧めします。このオプションは、検索されたメールボックスで同じメッセージを複数部がある場合、メッセージのコピーを 1 つだけがエクスポートされます。このオプションは、共同 DSR の最適なユーザー エクスペリエンスの結果を 1 つのフォルダーに PST ファイルのいずれかのエクスポートのメッセージがエクスポートされます要求。注 Results.csv、レポートをエクスポートするには、重複するメッセージが検出されたすべての場所が表示されます。

    4. 必要に応じて、 SharePointおよびOneDriveドキュメントのすべてのバージョンをエクスポートするSharePointドキュメントのバージョンを含めるオプションを選択することができます。これは、ドキュメント ライブラリに対して、バージョン管理が有効にする必要があります。このオプションは、すべての関連データをエクスポートすることを確認するのに役立ちます。

  5. エクスポートの設定を選択したら、[エクスポート] をクリックします。

    検索結果が事前に準備してダウンロードするには、組織は、マイクロソフト クラウドでのAzure記憶域にアップロードしていることを意味します。次の手順では、このデータをローカル コンピューターにダウンロードする方法を示します。

  6. 作成したエクスポート ジョブを表示するには、[エクスポート] タブをクリックします。エクスポート ジョブに同じ名前の対応する_Export検索名の末尾に追加して検索があることに注意してください。

  7. エクスポート フライアウト] ページを表示、作成したエクスポート ジョブをクリックします。このページには、サイズと、エクスポートするアイテムの合計数などの検索、およびAzureの領域に転送されたアイテムの割合に関する情報が表示されます。更新をアップロードの状態の情報を更新する] をクリックします。

  8. キーをエクスポートするには、[クリップボードにコピー] をクリックします。検索結果をダウンロードするのには、手順 11 でこのキーを使用します。

  9. [検索結果のエクスポート] アイコン 結果のダウンロードをエクスポート] フライアウト ページの上部にあるをクリックします。

  10. ページの下部にあるポップアップ ウィンドウで開くMicrosoftOffice 365電子情報開示エクスポート ツールを開く] をクリックします。電子情報開示エクスポート ツールは、検索結果のダウンロードを初めてインストールされます。

  11. 電子情報開示エクスポート ツールでは、該当するボックスの手順 8 でコピーしたキーのエクスポートを貼り付けます。

  12. [参照] をクリックして、検索結果ファイルをダウンロードする場所を指定します。

    注: ディスク アクティビティ (読み取りと書き込み) は大量が原因で、ローカル ディスク ドライブに検索結果をダウンロードする必要があります。対応付けられているネットワーク ドライブ、またはその他のネットワーク上の場所にそれらをダウンロードしないでください。

  13. [開始] をクリックして、検索結果をコンピューターにダウンロードします。

    電子情報開示エクスポート ツールには、数値 (サイズ) の残りのアイテムをダウンロードする見積もりを含む、エクスポート プロセスの状態情報が表示されます。エクスポート プロセスが完了したら、ダウンロードした場所にあるファイルにアクセスできます。コンテンツの検索結果をダウンロードするときに含まれるレポートの詳細については、「コンテンツの検索結果の Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターからエクスポート」レポートをエクスポートする」を参照してください。

データをエクスポートすると後、検索結果とレポートをエクスポートが DSR 場合と同じ名前のフォルダーにあります。メールボックスのアイテムを含む PST ファイルは、 Exchangeという名前のサブフォルダーに配置されます。ドキュメントやその他のアイテムをサイトからは、 SharePointという名前のサブフォルダーに配置されます。

先頭に戻る

(オプション)手順 5: 組み込みの検索クエリを変更します。

組み込みの検索を実行した後、以下の検索結果を返す範囲を絞り込むには変更できます。クエリに条件を追加して、これを行うことができます。キーワード クエリには、 AND演算子によってに条件を論理的な接続します。つまり、検索結果で返される、アイテムは、キーワード クエリとを追加するすべての条件を満たす必要があります。これは、結果を絞り込む条件を使用する方法です。検索クエリ (別のプロパティを指定する条件) に 2 つ以上の一意の条件を追加する場合、これらの条件はAND演算子を論理的に接続します。つまり、(キーワード クエリ) 以外のすべての条件を満たす項目のみが返されます。(カンマやセミコロンで区切って) 複数の値を 1 つの条件を追加する場合は、これらの値がOR演算子によって接続されます。つまり、条件では、指定された値のいずれかが含まれている場合は、項目が返されます。

DSR ケースの組み込みの検索クエリに追加できる条件の例を紹介します。検索クエリで使用する実際のプロパティの名前には、かっこが表示されます。

  • ファイルの種類 (filetype)には、ドキュメントまたはファイルの拡張子を指定します。ドキュメントと Word、Excel、OneNote などの特定の Office アプリケーションで作成されたファイルを検索するには、次の条件を使用します。

  • メッセージの種類 (kind) -検索対象のメール項目の種類を指定します。たとえば、 kind:email OR kind:imの書式を使用すると、 Microsoft Teamsで電子メール メッセージの会話をSkype for Businessや 1 対 1 のチャットを返します。

  • コンプライアンス タグ (compliancetag)には、電子メール メッセージやドキュメントに割り当てられているラベルを指定します。この条件では、特定のラベルには、分類項目を返します。ラベルは、メールとドキュメントのデータ管理のための分類し、ラベルで定義された分類に基づく保持ルールを適用するために使用されます。これは、組織を使用して、ラベルに関連するデータのプライバシーに関するコンテンツを分類するか、または個人情報や機密情報を含むためにの DSR 調査の便利な状態です。この条件の値には、ワイルドカードの完全なラベル名またはラベル名の最初の部分を使用します。詳細については、 Office 365 でのラベルの概要を参照してください。

リストと DSR ケース ツールで利用できるすべての条件の説明を「キーワード クエリとコンテンツ検索の検索条件」の記事の検索条件を参照してください。

検索をコンテンツの場所を変更します。

に加えて DSR ケースの組み込みの検索を変更するには、検索対象となるコンテンツの場所を変更することもできます。説明したよう組み込みの検索は、組織とExchange Onlineパブリック フォルダーのすべてのメールボックスとサイトを検索します。たとえば、データの件名のメールボックスとOneDriveアカウントと選択したSharePointサイトのみ検索] を検索の範囲を限定可能性があります。特定のサイトを検索する場合は、検索するそれぞれのサイトを追加する必要があります。

コンテンツを検索する場所を変更するには。

  1. 目的のコンテンツの場所を変更するのには、組み込みの検索を開きます。

  2. 検索クエリでの場所] の下で、特定の場所] オプションの横にある変更をクリックします。

    組み込みの検索クエリのコンテンツの場所を変更するのには変更] をクリックします。

    [場所の変更] フライアウト] ページが表示されます。組み込みの検索および検索対象となる場所の変更に関する情報をいくつかのコンテンツの場所の説明をご紹介します。

    場所のフライアウト] ページを変更します。
    1. [すべて選択] フライアウト ページの上部にあるメールボックス] セクションでの表示/非表示] が選択されてすべてのメールボックスを検索することを示します。検索の範囲を絞り込むには、トグルに、選択を解除し、[選択ユーザー、グループ、またはチームをクリックして、特定のメールボックスを検索する] を選びます] をクリックします。

    2. [すべて選択] フライアウト ページの中央に [サイト] セクションでの表示/非表示] が選択されてすべてのサイトを検索することを示します。選択されているサイトに検索を絞り込むには、は、表示/非表示の選択を解除し、[サイトの選択] をクリックします。いる各を検索するには、特定のサイトを追加するデータの件名のOneDriveアカウントを含みます。

    3. つまり、すべてのExchangeパブリック フォルダーが検索され、 Exchangeパブリック フォルダー] セクションで、切り替えが選択されます。Exchangeパブリック フォルダーをすべてもを検索できるだけことに注意してください。検索する特定の送信を選択することはできません。

  3. 組み込みの検索では、コンテンツの場所を変更する場合[保存して実行をもう一度検索を開始するをクリックします。

先頭に戻る

詳細については、DSR ケース ツールを使用します。

次のセクションには、DSR エクスポート要求に応答する DSR ケース ツールの使用に関する詳細情報が含まれます。

MyAnalytics および Office ローミング サービスからデータをエクスポートします。

部分的にインデックスが設定されたアイテムをエクスポートします。

検索して、Microsoft チームと Office 365 のグループからデータをエクスポートします。

Exchange パブリック フォルダーを検索します。

MyAnalytics および Office ローミング サービスからデータをエクスポートします。

DSR ケース ツールを使ってを検索して MyAnalytics と、Office ローミング サービスによって生成される利用状況のデータをエクスポートすることができます。これらのサービスの説明を示します。

  • MyAnalytics自分のメールボックスのメールと予定表のデータに基づいてに時間を費やす方法についての情報をユーザーに提供します。すべての MyAnalytics 分析は、ユーザーのメールボックスのメール、会議の見出しから派生されます。MyAnalytics ライセンスが割り当てられているユーザーは、 Office 365へのサインインし、に時間を費やす方法については、分析結果を表示する MyAnalytics ダッシュ ボードに移動します。(ユーザーがスクリーン ショットを DSR アクセス権の要求に応答でこれらの分析の) します。DSR 場合は、組み込みの検索では、MyAnalytics 分析結果を生成するためのデータをエクスポートします。

  • Office ローミング サービス Office テーマ、ユーザー辞書、言語の設定、開発モードの場合は、およびオート コレクトなどの Office に関連する設定を保存するサービスは、移動します。

Exchange Onlineメールボックスの個人間以外のメッセージ (IPM 以外) 列にあるフォルダーを非表示には、データの件名のメールボックスの MyAnalytics と、Office ローミング サービスからのデータが保存されます。自分のメールボックスにアクセスする Outlook またはその他のメール クライアントを使用するときに、ユーザーのビューからデータが非表示になります。詳細については、隠しフォルダー、 MAPI 隠しフォルダーを参照してください。

別のコンテンツの検索を作成する (でき DSR の大文字と小文字を関連付ける) を返します。、MyAnalytics とデータの件名のメールボックスでの Office ローミング サービスの利用状況データできます。このデータは、検索の統計に含まれていないし、プレビューを表示することはできません。エクスポートし、DSR エクスポート要求に応答でデータの件名を付けます。

MyAnalytics および Office ローミング サービスからデータをエクスポートすると、データは、フォルダーは、データの対象者の電子メール アドレスを使って名前を下にある [ ApplicationDataRoot ] フォルダーに配置されているアプリケーションごとに個別のフォルダーに保存されます。このデータは、JSON ファイルは、電子メール メッセージに添付されている XML または TXT ファイルのようなわかりやすいテキスト ファイルとしてエクスポートされます。現時点では、次のフォルダーの付いた MyAnalytics と Office ローミング サービスでは、次の表に記載されているに割り当てられているグローバル一意識別子 (GUID)。将来のバージョンの DSR ケース ツールでは、実際のアプリケーションの名前を持つ GUID が置き換えられます。

アプリケーション

GUID/フォルダー名

MyAnalytics

3c896ded-22c5-450f-91f6-3d1ef0848f6e

Office ローミング サービス

1caee58f-eb14-4a6b-9339-1fe2ddf6692b

検索して、MyAnalytics と Office ローミング サービスのデータをエクスポートします。

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターでは、データのプライバシー ] クリックして > のデータ要求の件名[開く] をクリック DSR 大文字と小文字の横にあるデータの件名の利用状況データをエクスポートします。

  2. ページの上部にある [検索] タブをクリックし、[ [追加] アイコン ガイド付きの検索] をクリックします。

  3. [名前の検索] ページで [キャンセル] をクリックします。

  4. [検索] の種類の条件でMyAnalyticsOffice ローミング サービスの横にあるチェック ボックスを選択します。

    利用状況のデータをエクスポートする MyAnalytics と Office ローミング サービスのチェック ボックスをオンします。

    検索クエリの唯一の項目を (これは、メール メッセージのクラス)の種類の条件があることに注意してください。キーワードボックスを削除したり、空白のままにすることができます。

  5. 上の場所] の下の特定の場所が選択されているかどうかを確認し、[変更] をクリックします。

  6. [場所の変更] フライアウト] ページ (メールボックスの部分) の上部には、選択ユーザー、グループ、またはチームをクリックします。

  7. [場所の編集] ページで、選択ユーザー、グループ、またはチーム] をクリックして、データの件名のメールボックス] をクリックし、選択内容を保存します。

  8. [保存して実行] をクリックし、次に名前を検索し、[保存します。

    検索を開始します。

MyAnalytics と Office ローミング サービスのデータをエクスポートするには。

  1. 前の手順で作成した検索が完了したら、ページの上部にある [検索] タブをクリックし、検索の横にあるチェック ボックスをクリックします。 更新 更新検索を表示する] をクリックする必要があります。

  2. 検索のフライアウト ページ [検索結果のエクスポート] アイコンその他] をクリックし、[結果をエクスポートするドロップダウン リストから選択します。

  3. [結果のエクスポート] ページでは、これらの利用状況のデータをエクスポートするためのオプションを推奨を選択します。

    MyAnalytics と Office ローミング サービスの利用状況データをエクスポートするときに、エクスポート オプション
    1. [出力オプション] で、インデックスが設定されたアイテムのみをエクスポートする最初のオプション (認識されない形式を暗号化されているまたは他の理由によりされなかったのインデックス付きのものがあるものを除くすべてのアイテム) を選択します。

    2. [エクスポートする Exchange のコンテンツとして、2 番目のオプションでは、すべてのメッセージを含む 1 つの PST ファイルを選択します。

    3. 残りのエクスポート オプションが選択されていない状態のままにします。

  4. エクスポートの設定を選択したら、[エクスポート] をクリックします。

    検索結果が事前に準備してダウンロードするには、組織は、マイクロソフト クラウドでのAzure記憶域にアップロードしていることを意味します。次の手順では、このデータをローカル コンピューターにダウンロードする方法を示します。

  5. 作成したエクスポート ジョブを表示するには、[エクスポート] タブをクリックします。エクスポート ジョブに同じ名前の対応する_Export検索名の末尾に追加して検索があることに注意してください。

  6. エクスポート フライアウト] ページを表示、作成したエクスポート ジョブをクリックします。

  7. キーをエクスポートするには、[クリップボードにコピー] をクリックします。検索結果をダウンロードするのには、手順 10 でこのキーを使用します。

  8. [検索結果のエクスポート] アイコン 結果のダウンロードをエクスポート] フライアウト ページの上部にあるをクリックします。

  9. ページの下部にあるポップアップ ウィンドウで開くMicrosoftOffice 365電子情報開示エクスポート ツールを開く] をクリックします。電子情報開示エクスポート ツールは、検索結果のダウンロードを初めてインストールされます。

  10. 電子情報開示エクスポート ツールでは、手順 7 で、適切なボックスでコピーしたキーのエクスポートを貼り付けます。

  11. [参照] をクリックして、検索結果ファイルをダウンロードする場所を指定します。

    注: ディスク アクティビティ (読み取りと書き込み) は大量が原因で、ローカル ディスク ドライブに検索結果をダウンロードする必要があります。対応付けられているネットワーク ドライブ、またはその他のネットワーク上の場所にそれらをダウンロードしないでください。

  12. [開始] をクリックして、検索結果をコンピューターにダウンロードします。

    電子情報開示エクスポート ツールには、数値 (サイズ) の残りのアイテムをダウンロードする見積もりを含む、エクスポート プロセスの状態情報が表示されます。エクスポート プロセスが完了したらは、Outlook で Exchange PST ファイルを開くし、MyAnalytics とローミング サービスへのサブフォルダーにアクセスするApplicationDataRootフォルダーに移動し、します。

    説明したよう利用状況のデータに含まれる JSON ファイルがメッセージに添付されました。JSON ファイルを表示するには、[メッセージ] をクリックし、JSON の添付ファイルを開きます。

先頭に戻る

部分的にインデックスが設定されたアイテムをエクスポートします。

新しい DSR ケースを作成するときに作成される組み込みの検索から (インデックス アイテムとも呼ばれる)、部分的にインデックスが設定されたアイテムをエクスポートしないことをお勧めします。ため結果より多くの場合は、部分的に検索インデックス付きの他のユーザー、組織内のアイテムだけ部分的にないアイテムのインデックス付きのデータの件名) です。代わりに、データの件名に関連する部分的にインデックスが設定されたアイテムのみをエクスポートに用意されています DSR ケースに関連付けられている個別のコンテンツ検索を作成することをお勧めします。

部分的にインデックスが設定されたアイテムをエクスポートする大まかなプロセスをご紹介します。エクスポートしている後、は、項目が、DSR アクセスへの応答があるかどうかを確認または要求をエクスポートできます。

  1. DSR 大文字と小文字を開き、[検索] ページで、新しい検索を作成します。

  2. 検索する検索クエリとコンテンツの場所を構成するのには次の条件を使用します。

    • 空/空白キーワード クエリを使用します。これは、上コンテンツが検索され、その他の場所にすべてのアイテムを返します。

    • データの件名のExchange Onlineメールボックスのみと、 OneDriveアカウントを検索します。

  3. 検索を実行すると、完了、エクスポートし、(手順 4に記載されている) のように、検索結果をダウンロードできます。部分的にインデックスが設定されたアイテムをエクスポートするには、次の設定を使います。

    • [出力オプション] で、部分的にインデックスが設定されたアイテムのみをエクスポートする 3 番目のオプション (認識されない形式では、あるアイテムだけが暗号化されているまたは他の理由によりインデックス付きのされなかった) を選択します。

    • [としてエクスポートする Exchange のコンテンツ] の環境設定に基づいて、任意のオプションを選択します。

    • SharePointドキュメントのバージョンを含める] オプションを選択する場合は、バージョンが部分的にインデックス付きの場合は、ドキュメントのバージョンがエクスポートされます。

部分的にインデックスが設定されたアイテムの詳細についてを参照してください。

検索して、Microsoft チームと Office 365 のグループからデータをエクスポートします。

Microsoft チーム (チームのチャットまたは1 対 1 のチャットと呼ばれる) の [チャット] リストの一部の会話は、 Exchange Onlineチャットに参加するユーザーのメールボックスに格納されます。また、1 対 1 のチャットの人が共有ファイルは、ファイルを共有したユーザーのOneDriveアカウントに保存されます。組み込みの検索は、組織内のすべてのメールボックスとOneDriveアカウントを検索するためチーム チャットとチャット セッション (データの件名では、作成またはアップロード) で共有するドキュメントが DSR 場合は、組み込みの検索によって返されます。

または、チーム チャンネル (チャネル メッセージとも呼ばれます) の一部の会話は、チームに関連付けられているメールボックスに格納されます。Microsoft チームに関連付けられているすべてのメールボックスを検索するためにも、次の種類の会話に参加して、データの件名が組み込みの検索によって返されます。さらに、データの件名をチーム チャンネルで共有がタイルは、チームのSharePointサイトに保存されます。ファイルを作成または uploadedby データ件名によって返される場合は DSR 組み込みの検索 Microsoft チームに関連付けられているサイトが検索に含まれているためです。

同様に、メールボックスと、 Office 365グループに対応するSharePointサイトは、組み込みの検索に含まれるもします。つまり、データの件名によって送信または受信する電子メール メッセージを作成またはデータ件名によってアップロードされたファイルが返されます。

詳細については、 Microsoft チームおよびOffice 365グループ内のアイテムを検索するまたは、メンバーの一覧を取得する方法については、コンテンツの検索を使用して、「Office 365 でのコンテンツの検索」を検索する Microsoft チームと Office 365 のグループセクションを参照してください。

先頭に戻る

Exchange パブリック フォルダーを検索します。

DSR 場合は、組み込みの検索データ件名が、メールが有効なパブリック フォルダーやパブリック フォルダーに送信された他のユーザーとも、データの件名をコピーするメッセージに送信されることのみに返信電子メール メッセージは表示されます。パブリック フォルダーに投稿が、データの件名メッセージを返しますしていません。データ件名がパブリック フォルダーに投稿されたアイテムを検索するには、個別を作成することができますデータ件名でパブリック フォルダーに投稿されたすべてのアイテムを検索する別のコンテンツ検索を作成します。

データの件名がパブリック フォルダーに投稿されたことがありますがアイテムを検索する高度なプロセスをご紹介します。

  1. DSR 大文字と小文字を開き、[検索] ページで、新しい検索を作成します。

  2. 検索する検索クエリとコンテンツの場所を構成するのには次の条件を使用します。

    • [キーワード] ボックスには、次の検索クエリを使用します。

      itemclass:ipm.post AND "<email address of the data subject>"
    • すべてのExchangeパブリック フォルダーを検索します。

    • 検索を実行すると、完了、エクスポートし、(手順 4に記載されている) のように、検索結果をダウンロードできます。部分的にインデックスが設定されたアイテムをエクスポートするには、次の設定を使います。

先頭に戻る

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×