[Office のオプション]-[全般] タブ

Office 365 サブスクリプション, Office 2019, Office 2016, Office 2013, Office 2010

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Windows でOfficeアプリケーションを操作するための一般的なオプションを表示するには、[ファイル]、[オプション]、[全般] の順にクリックします。

このタブのオプションは、使用しているOfficeプログラムとバージョンによって少し異なります。

ユーザー インターフェイスのオプション

複数のディスプレイを使用する場合:一般的には、最適な外観になるように最適化するように設定しておく必要がありますが、マルチモニターセットアップでの表示動作が半端でない場合は、互換性を最適化して、問題が解決されるかどうかを確認できます。詳細については、「高精細表示の Office サポート」を参照してください。

[選択時にミニ ツール バーを表示する]    このオプションをオンにすると、テキストを選んだときにミニ ツール バーが表示されます。 ミニ ツール バーを使用すると、書式設定ツールに簡単にアクセスできます。

(Excel のみ) 選択時にクイック分析オプションを表示する セルまたはセルのグループを選択すると、データに関する簡単な洞察を得るためのツールが表示されます。詳細については、「データをすぐに分析する」を参照してください。

ライブプレビューを有効にする    このオプションを選択すると、文書内の書式設定の変更が実際に適用される前に、その効果がプレビューされます。これにより、リボンの書式設定オプションの上にマウスポインターを置くと、変更を適用するためにクリックする必要がなく、変更がどのように表示されるかを確認できます。

ヒントのスタイル    スタイルを選択して、ボタン名を使って、プログラムにヒントと機能の説明を表示するかどうかを制御します。

(Excel のみ)新しいブックを作成する場合

このグループの最初の2つの設定によって、新しいブックを作成するときに使用される既定のフォントとフォントサイズが制御されます。このグループの3番目の設定では、通常よりも優先される場合に、既定のビューを指定できます。4番目の設定は、もう少し詳しく説明します。

この多くのシートを含める:既定では、Excel の新しいブックは1枚のシートで始まります。ブックをより多くのシートで開始することがわかっている場合は、この設定を調整します。

Office のユーザー設定

ユーザー名    表示されているユーザー名を変更するには、[ユーザー名] ボックスに名前を入力します。

[頭文字]    ユーザー名と関連付けられる頭文字を変更するには、[頭文字] ボックスに頭文字を入力します。

Office へのサインインに関係なく、常にこれらの値を使用する    別の情報を表示するアカウントでOfficeにサインインした場合でも、このユーザー名とこれらのイニシャルをプログラムで表示する場合は、このオプションを選択します。これは、複数のユーザーがいる共有コンピューターの場合は便利ですが、ユーザー名と頭文字のプロパティを常に同じにする必要がある場合に役立ちます。

Office の背景    組み込みの背景パターンのリストから選択します。詳細については、「Office の背景を追加する」を参照してください。

Office テーマ    office の配色パターンを変更するには、組み込みの office テーマのリストから選択します。詳細については、「Office テーマを変更する」を参照してください。

office インテリジェントサービス(office 365 サブスクライバーのみ)

このセクションには1つのオプションがあり、Office インテリジェントサービスを有効または無効にすることができます。インテリジェントサービスは、 PowerPoint Designer翻訳ツールのようなものです。

一連の office インテリジェントサービスの詳細については、「 office をよりインテリジェントに作業できるようにする」を参照してください。

LinkedIn の機能(Office 365 サブスクライバーのみ)

このセクションには1つのオプションがあります。これによって、Outlook やその他の類似した機能の画像の上にマウスポインターを置くと、linkedin の接続に関する情報が表示されるなど、linkedin の機能を有効または無効にすることができます。詳細については、「 Microsoft apps とサービスの LinkedIn の情報と機能について」を参照してください。

起動時の設定

[アプリケーション] を既定で開く拡張機能を選択します。たとえば、excel で CSV ファイルなどを開くための既定のプログラムにする場合は、[既定のプログラム...] ボタンをクリックし、手順に従って excel を既定のプログラムとして設定します。これは、office ファイルが何らかの理由で期待している office プログラム以外のプログラムで開かれている場合にも適したツールです。

ドキュメントを表示および編集するための既定のプログラムではない場合は、[プログラム] を教えてください    このオプションを選択すると、 Officeプログラムを既定のアプリケーションとして設定するかどうかを確認するメッセージが表示されます。これは、既定ではないことをプログラムが検出したときに、ドキュメントを表示および編集するためのものです

[この [プログラム] の起動時にスタート画面を表示する]    プログラムを開くときにスタート画面を表示したくない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

ユーザー インターフェイスのオプション

[選択時にミニ ツール バーを表示する]    このオプションをオンにすると、テキストを選んだときにミニ ツール バーが表示されます。 ミニ ツール バーを使用すると、書式設定ツールに簡単にアクセスできます。

[リアルタイムのプレビュー表示機能を有効にする]    このオプションをオンにすると、文書の書式の変更の効果をプレビューできます。

[ポップ ヒントのスタイル]    スタイルを選んで、ボタン名と一緒にヒントと機能の説明を表示するかどうかを制御します。

Office のユーザー設定

[ユーザー名]    ユーザー名を変更するには、[ユーザー名] ボックスに名前を入力します。

[頭文字]    ユーザー名と関連付けられる頭文字を変更するには、[頭文字] ボックスに頭文字を入力します。

[Office     へのサインイン状態にかかわらず、常にこれらの設定を使用する] 別の情報が表示されるアカウントを使って Office にサインインしても、このユーザー名と頭文字を表示したい場合は、このオプションをオンにします。

[Office の背景]    組み込みの背景パターンのリストから選びます。

[Office テーマ]    組み込みの Office テーマのリストから選びます。

起動時の設定

[[プログラム] がプレゼンテーションを表示、編集するための既定のプログラムでない場合に通知する]    Office プログラムをドキュメントの表示および編集用の既定のアプリケーションとして設定するように指示する通知を表示したい場合は、このオプションをオンにします

[この [プログラム] の起動時にスタート画面を表示する]    プログラムを開くときにスタート画面を表示したくない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

関連項目

Word のオプション (基本設定)

Outlook のオプション (全般)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×