"Locked/編集ロック" プロパティ

適用対象

BoundObjectFrame オブジェクト

OptionButton オブジェクト

CheckBox オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

ComboBox オブジェクト

SubForm オブジェクト

CustomControl オブジェクト

TextBox オブジェクト

ListBox オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

"Locked/編集ロック" プロパティでは、フォーム ビューでコントロールのデータを編集できるかどうかを指定します。読み取り/書き込み可能なブール値です。



expression.Locked

expression 必須。[適用対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

"Locked/編集ロック" プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

Visual Basic

説明

はい

True

コントロールは通常どおりに動作しますが、データの編集、追加、または削除はできません (非連結オブジェクト フレームの既定値)。

No/いいえ

False

コントロールは通常どおりに動作し、データの編集、追加、および削除ができます (非連結オブジェクト フレーム以外のすべてのコントロールの既定値)。

これらのプロパティを設定するには、フォームのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用します。

フィールドを値の取得のみ可能に設定してデータを保護するには、"Locked/編集ロック" プロパティを使用します。たとえば、コントロールを表示専用にしたり、特定の条件が満たされるまでコントロールを編集できないようにしたりすることができます。

使用例

次の使用例では、カレント レコードに表示される社員の役職に応じて、コマンド ボタンの "Enabled/使用可能" プロパティと、コントロールの "Enabled/使用可能" プロパティおよび "Locked/編集ロック" プロパティを設定します。マネージャーである社員の場合には、[給与明細] ボタンが使用可能になり、[個人情報] コントロールのロックが解除され、編集できます。

Sub Form_Current()
If Me!EmployeeType = "Manager" Then
Me!SalaryDetails.Enabled = True
Me!PersonalInfo.Enabled = True
Me!PersonalInfo.Locked = False
Else
Me!SalaryDetails.Enabled = False
Me!PersonalInfo.Enabled = False
Me!PersonalInfo.Locked = True
End If
End Sub
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×