"IsVisible/表示" プロパティ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

適用対象

BoundObjectFrame オブジェクト

Image オブジェクト

OptionButton オブジェクト

SubForm オブジェクト

CheckBox オブジェクト

Label オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

TabControl コレクション

ComboBox オブジェクト

Line オブジェクト

Page オブジェクト

TextBox オブジェクト

CommandButton オブジェクト

ListBox オブジェクト

PageBreak オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

CustomControl オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

Rectangle オブジェクト

Visual Basic for Applications (VBA) コードで "IsVisible/表示" プロパティを使用して、レポートのコントロールを表示するかどうかを指定できます。ブール型の値の読み取り/書き込みが可能です。

expression.IsVisible

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

IsVisible プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

説明

True

(既定) コントロールは表示されます。

False

コントロールは表示されません。

注: "IsVisible/表示" プロパティは、コントロールを含むレポート セクションの Print イベントにのみ設定できます。

"IsVisible/表示" プロパティを "HideDuplicates/重複データ非表示" プロパティを併用すると、レポートのコントロールが表示されるときに、その結果として他のコントロールを表示するか非表示にするかを決定できます。たとえば、重複する値が含まれるため テキスト ボックス コントロールが非表示のときに、ライン コントロールを非表示にすることができます。

次の例では、テキスト ボックスの "IsVisible/表示" プロパティを使用して、レポートのライン コントロールの表示を制御します。このレポートは Products テーブルに基づいており、次のプロパティが指定された 3 つのコントロールを使用しています。

プロパティ

ライン コントロール

テキスト ボックス #1

テキスト ボックス #2

Name/名前

Line0

CategoryID

ProductName

ControlSource/コントロール ソース

CategoryID

ProductName

HideDuplicates/重複データ非表示

はい

いいえ

Left/左

0

0

2.0

Top/上

0

.1

.1

Width/幅

4.0

1.0

1.0


レポート モジュールの Declarations セクションに次のコードを貼り付け、"IsVisible/表示" プロパティで制御されたラインの書式が表示されることをレポートで確認します。

Private Sub Detail_Print(Cancel As Integer, _
PrintCount As Integer)
If Me!CategoryID.IsVisible Then
Me!Line0.Visible = True
Else
Me!Line0.Visible = False
End If
End Sub
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×