"FileDialog/ファイル ダイアログ" プロパティ

適用対象

Application オブジェクト

ファイル ダイアログ ボックスの単一インスタンスを表す FileDialog オブジェクトを返します。

expression.FileDialog(dialogType)

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

dialogType    必須の MsoFileDialogType。ファイル ダイアログ ボックスの種類です。

MsoFileDialogType には、次の MsoFileDialogType 定数のいずれかを指定できます。

msoFileDialogFilePicker

msoFileDialogFolderPicker

msoFileDialogOpen Microsoft Access ではサポートされていません。

msoFileDialogSaveAs Microsoft Access ではサポートされていません。

解説

msoFileDialogOpen 定数と msoFileDialogSaveAs 定数は Microsoft Office Access 2007 でサポートされていません。

この例では、FileDialog オブジェクトを使用して、ユーザーが 1 つ以上のファイルを選択できるダイアログ ボックスを表示する方法を示します。選択されたファイルは FileList というリストボックスに追加されます。

Private Sub cmdFileDialog_Click()
' Requires reference to Microsoft Office 11.0 Object Library.
Dim fDialog As Office.FileDialog
Dim varFile As Variant
' Clear listbox contents.
Me.FileList.RowSource = ""
' Set up the File Dialog.
Set fDialog = Application.FileDialog(msoFileDialogFilePicker)
With fDialog
' Allow user to make multiple selections in dialog box
.AllowMultiSelect = True
' Set the title of the dialog box.
.Title = "Please select one or more files"
' Clear out the current filters, and add our own.
.Filters.Clear
.Filters.Add "Access Databases", "*.ACCDB"
.Filters.Add "Access Projects", "*.ADP"
.Filters.Add "All Files", "*.*"
' Show the dialog box. If the .Show method returns True, the
' user picked at least one file. If the .Show method returns
' False, the user clicked Cancel.
If .Show = True Then
'Loop through each file selected and add it to our list box.
For Each varFile In .SelectedItems
Me.FileList.AddItem varFile
Next
Else
MsgBox "You clicked Cancel in the file dialog box."
End If
End With
End Sub
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×