"DataEntry/データ入力用" プロパティ

適用対象

Form オブジェクト

DataEntry プロパティを使用すると、データ入力のみを許可してバインドされているフォームを開くかどうかを指定できます。Data Entry プロパティは、レコードを追加できるかどうかは決定しません。既存のレコードを表示するかどうかのみを決定します。ブール型の値の取得および設定が可能です。

expression.DataEntry

expression は必須です。[対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

DataEntry プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

Visual Basic

説明

はい

True

フォームは空のレコードのみを表示して開きます。

No

False

(既定値) フォームは既存のレコードを表示して開きます。


注: DataEntry プロパティは、フォームのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) のコードを使用して設定できます。

このプロパティは、任意のビューで設定できます。

DataEntry プロパティは、AllowAdditions プロパティが Yes に設定された場合のみ有効です。

注: OpenForm アクションの Data Mode 引数が設定されている場合、Microsoft Office Access 2007 は多数のフォーム プロパティ設定をオーバーライドします。OpenForm アクションの Data Mode 引数が Edit に設定されている場合、Access は次のプロパティ設定を使用してフォームを開きます。

  • AllowEdits: Yes

  • "AllowDeletions/削除の許可" — [Yes/はい]

  • "AllowAdditions/追加の許可" — [Yes/はい]

  • "DataEntry/データ入力" — [No/いいえ]

OpenForm アクションによってこれらの既存のプロパティ設定が上書きされないようにするには、Data Mode 引数の設定を省略して、Access がフォームによって定義されたプロパティ設定を使用するようにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×